爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

食品問題

「ダイエット効果のあるゼリー」所持で逮捕。しかし個人輸入は野放しで健康被害続出。

「ダイエット効果のあるゼリー」を販売目的で所持していたとして、ベトナム人が逮捕されたというニュースです。 news.yahoo.co.jp これに含まれていた成分はシブトラミンというもので、アメリカでは医薬品として承認されましたが、日本では未承認のままです…

「ハーブの歴史」ゲイリー・アレン著

ハーブといえばハーブティーや料理に加えて香りを楽しむものといったイメージですが、その定義というものは意外に明確では無いようです。 人によってその言葉の使い方が異なるのですが、本書ではそれらを紹介したあとに著者のまとめてして次のように述べられ…

「餅やみかんのカビは体にわるい?」松永和紀さんの記事より。

「おいしい健康」というサイト内で「読む、えいよう」というコーナーがあり、科学ジャーナリストの松永和紀さんが時々記事を書いています。 今回は、この時期によく見られる、餅やミカンのカビについて。 カビの生えた餅やミカンは食べても大丈夫かどうかと…

ゲノム編集トマトが機能性表示食品として登録。

小島正美さんのFOOD NEWS ONLINEですが、しばらく更新が無かったので体調を悪くしたのかと思っていましたが、お忙しかったということです。 久々の更新で取り上げられたのが「ゲノム編集トマト」でした。 foodnews.online ゲノム編集とは、これまでの遺伝子…

鉄・亜鉛も摂りすぎはよくないようで。食事摂取基準より。

FOOCOM.NETで児林聡美さんが食事摂取基準の改訂について連載していますが、今回は鉄と亜鉛について。 foocom.net これまでも多量ミネラルなどについての記事が掲載されていましたが、鉄・亜鉛といった微量ミネラルも興味深いものです。 鉄は特に女性で不足し…

「国産小麦」が抱える問題。松永和紀さんの記事より

パンなどの売り文句に「国産小麦使用」と、何かそれが安心をくれるものかのように言われることが多いのですが、それが違うという松永さんの指摘です。 news.yahoo.co.jp 高級ベーカリーなど特に「国産小麦、有機栽培、天然酵母」をうたって差別化を図るよう…

「知っておいしい チーズ事典」本間るみ子監修

私は結構チーズが好きで、昔から香りの強いナチュラルチーズでも食べていましたが、それでもどのようなチーズがありどういった特徴を持っているかという知識はあまりないままだったようです。 この本は世界のチーズをタイプ別に紹介したものですが、それでも…

麦みそに「味噌と名乗るな」問題決着、県の指導とは。

愛媛県宇和島市の麦みそメーカーに、愛媛県が「大豆を使っていなければ味噌と名乗るな」という指導をしたという騒動があったそうです。 mainichi.jp 麦みそとは九州などで広く作られているもので、麦麹に大豆を加えて味噌とするものですが、愛媛県宇和島地方…

「和食ことわざ事典」永山久夫著

2013年に「和食 日本人の伝統的な食文化」が世界の無形文化遺産としてユネスコに登録されました。 本書著者の永山さんは長年日本の食文化史を研究し、みずから「長寿食研究所」というものを設立し活動しています。 これまでも食にまつわることわざなどを蒐集…

「世界の発酵食をフィールドワークする」横山智編著

発酵食品といえば日本が非常に盛んだというイメージがあるかもしれませんが、実際には世界の各地で作られ食べられています。 しかしその研究はさほど行われはおらず、あまり知られていないものも多いようです。 特にこういった発酵食品については現地でどの…

「料理の科学 加工・加熱・調味・保存のメカニズム」齋藤勝裕著

料理とは食材に変化を加えているのですが、その変化とは化学的・物理的なものであるということは、なかなか実感できないものかもしれません。 しかし、見る人が見ればそういった実態が分かるということで、有機化学などが専門の大学教授、齋藤さんが色々な調…

レッドミートは食べない方が良い?栄養学者村上健太郎さんのブログより。

レッドミートとは牛・豚・ヒツジなどの肉のことを指します。 日本語で適当な用語がないため、カタカナで示すということです。 レッドミートを食べることが健康に対してどう影響するか。 それを関係論文を見回してまとめたものです。 kmnutri.com レッドミー…

「和食とうま味のミステリー」北本勝ひこ著

和食では「うま味」というものが非常に重要です。 どこの料理でもうま味は必ずあるはずなのですが、それが和食の場合は基本的に肉を食べないということがあったためか、うま味を上手に取り入れることで味に深みを増すことになりました。 そのような「うま味…

「粋を食す 江戸の蕎麦文化」花房孝典著

食べ物で江戸(東京)の名物とされてきたものには鮨、天婦羅、うなぎ蒲焼、そして蕎麦が挙げられます。 しかし先の3つはどれも江戸湾で上がった魚などが食材となっており、だからこそ「江戸前」と言われていました。 それに対し蕎麦は江戸時代であっても江戸…

まだまだお元気で活躍、フードファディズム紹介者の高橋久仁子群大名誉教授の講演

日本へのフードファディズム紹介の先駆者、高橋久仁子群馬大学名誉教授が講演をされたそうです。 www.jc-press.com フードファディズムとは、まだそれほど知名度が高くはない言葉かもしれませんが、「食品の有効性・有害性を過度に強調すること」を言います…

アニサキス症が増加しているとか。

魚介類に寄生していて生きたまま食べると胃壁を食い荒らして激痛が走るというアニサキス症が増加しているそうです。 これについて東洋経済オンラインが杉山広さんという専門家の話を聞いてまとめたものが掲載されていました。 toyokeizai.net 魚に寄生してい…

フッ素加工のフライパンは大丈夫なのか。松永和紀さんの記事より。

「おいしい、健康」サイトの中の「読む、えいよう」で毎月1回科学ジャーナリストの松永和紀さんが分かりやすい解説を書いています。 今回は「フッ素加工のフライパンの安全性」について。 oishi-kenko.com 「フッ素は危険」といった情報が飛び交っているため…

「食文化の中の日本と朝鮮」鄭大聲著

古代から現代まで日本列島と朝鮮半島とは頻繁な行き来で多くの人々が交流し、様々な事物がやってきました。 それが言葉の中にも残っており、現在の術語に朝鮮半島の言葉の痕跡が見られることも多いようです。 著者の鄭大聲さんは韓国料理研究家として知られ…

「店で提供されているから安全」は大間違い。松永和紀さんが肉の生食・加熱不足の食中毒について解説。

相変わらず肉の生食などによる、主にカンピロバクターの食中毒が多数発生していますが、それについて科学ジャーナリストの松永和紀さんがPresient Onlineで解説記事を書いていました。 その題が「店で提供されているから安全だろうは大間違い」 まさにその通…

代替肉は動物肉を食べるよりは良いのかもしれないが、問題は大きい

「代替肉は要らない、藻を畜産飼料に」などという変なニュースがあったので、批判的に紹介しましたが、とはいえ「代替肉」というものもやはりかなり問題のあるものです。 代替肉として研究が進められ開発されているものは、多くは大豆や小麦のタンパクを加工…

またもバカな番組「ジビエ肉の刺身」に批判。松永和紀さんが解説。

数日前のテレビ番組で「ジビエ肉の刺身」が放映されたということで、SNSなどで批判が殺到しています。 それについて、松永和紀さんが解説した記事が掲載されていました。 news.yahoo.co.jp まったく見たことも無い番組ですが、TBS系のものだったようです。 …

小島正美さんの「Food News Online」より「週刊誌はいつから消費者の味方をやめたのか」

小島正美さんの「Food News Online」は少し更新が滞っていたようですが、また復活しました。 その中で扱われていたのが、消費者庁が公開した「食品添加物の不使用表示のガイドライン」に対して、週刊誌などが的外れな批判をしていることについてです。 foodn…

リステリア菌食中毒が怖いからチーズは食べない?それももったいない話。

毎月一回掲載される、「おいしい、健康」サイトの中の「読む、えいよう」の松永和紀さんの記事ですが、今回は「妊娠中チーズは食べて良い?リステリア菌食中毒を防ぐ正しい食べ方」と題したものです。 oishi-kenko.com 以前からヨーロッパなどではリステリア…

白米は食べるのが良いのか食べない方が良いのか、栄養疫学者村上健太郎さんのブログより。

白米を食べると糖尿病になるとか、いろいろな話が出ています。 この件について栄養疫学の研究者村上健太郎さんがブログで書いています。 kmnutri.com なお、このレビューは様々な研究者の研究成果の論文を集めて検討したもので、系統的レビューと言います。 …

「発酵文化人類学」小倉ヒラク著

発酵文化人類学とは著者の造語ですが、人間の生活には発酵というものが深く関わっており、民族によりそして地域により様々な形で発酵というものを利用しているのですから、文化人類学的に発酵を考えていくというのも面白いアプローチかもしれません。 著者の…

加工肉は食べない方が良いのか。栄養疫学の論文から村上健太郎さんが解説。

ハムやソーセージなどの加工肉と呼ばれるものを食べると発がん確率が上がるという報告もあり、避けている人も居るようですが、それはどの程度のものか、栄養学者の村上健太郎さんが多くの論文の結果を整理していました。 kmnutri.com ハムやベーコン、ソーセ…

高校の寮食堂でウェルシュ菌食中毒

群馬県の前橋育英高校の学生寮食堂で「ウェルシュ菌」の食中毒が発生したそうです。 www.sankei.com 原因食は特定されていないようですが、4月の25から27日の間に出された八宝菜やチキンソテーなどの食事を食べた234人中43人が発症したということです。 ウェ…

輸入レモンは危ない?はいつの話。松永和紀さんの解説より。

「おいしい健康」サイトの松永和紀さんの解説記事から。 「輸入レモンは危なくない。古い情報に惑わされないで」というものです。 いまだに「輸入レモンには防カビ剤が付着している」と思っている人が多いようですが、それははるか昔の情報だということです…

台湾で日本産イチゴが残留農薬基準越えが多発という問題。松永和紀さんの紹介記事より。

松永和紀さんがWegdeで紹介していた事例です。 日本産のイチゴを輸入した台湾で、残留農薬の基準値越えが多発したということです。 wedge.ismedia.jp こういった事例が出ると「日本の農薬規制は世界一甘い」などといったコメントをする人が続出しますが、実…

グロリオサという植物を食べて食中毒の男性死亡

宮崎で食中毒の男性が死亡したというニュースです。 news.yahoo.co.jp 原因はグロリオサという植物の根で、一見したところ山芋のように見えるために誤食することがあるとか。 ja.wikipedia.org イヌサフラン科の植物で、花の観賞用として栽培されることもあ…