爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

熊本地震で不通が続いていた豊肥本線がようやく開通。

4年前の熊本地震で大規模な崩落が起き、ずっと不通であった豊肥本線がようやく開通しました。 阿蘇大橋が崩落した付近で、鉄道線路も流出しさらに上部の崖も崩落の危険性が高かったために非常に長い復旧工事期間となりました。 this.kiji.isこちらから阿蘇方…

”賀茂川耕助のブログ”より、No.1295プラスチックごみ

賀茂川耕助さんはブログで、先月有料化が施行されたレジ袋など、プラスチックごみについて取り上げています。 kamogawakosuke.info賀茂川さんの主題は、温暖化ではなくごみ問題の方にウェイトを置いたようです。 これまでゴミとしてではなくリサイクル用とし…

自治体では緊急事態宣言や休業要請、政府はそれほどではないと弁明。どちらが正しいのか。

全国的に感染者拡大が激化しており、政府が何も対策を打ち出さないため都道府県知事などが相次いで緊急事態宣言や休業要請、移動自粛などを表明しています。 news.yahoo.co.jp 盆帰省の時期寸前となり、それに対しての態度も注目された首相は、一律規制はで…

JL123という航空機がFLIGHTRADER24上に出現

FLIGHTRADER24というのは、現時点での航空機の位置を表示するというもので、面白いので私も時々見ています。 www.flightradar24.com ところが、8月6日にその中に”JL123”というコードの航空機が出現しました。 JL123といえば、日本航空123便、あの1985年の事…

「科学的とはどういうことか」板倉聖宣著

板倉さんは主に理科の教育ということに力を入れて活動した方ですが、2018年に亡くなられています。 本書の中にも触れられていますが、「仮説」ということを子供にも教え込むという、「仮説実験授業」ということも提唱してきました。 本書は朝日新聞社発行の…

これだけ感染が急拡大しても、「重症化しにくい」日本人という神話は続くのか。

コロナウイルス感染(もう”新型”を付けるのもどうかと)がこのところ急拡大していますが、その割に重症化患者数は少なく死亡者もあまり出ていないと言われています。 以前から言われていたことですが、日本人など東アジアの人々は感染しても重症化しにくいの…

こんな時だからこそ、「エネルギー依存半減社会の実現」に向かうことができるのでは。

「学校休校にせざるを得ないこんな時期だからこそ、学校9月入学制へ移行する千載一遇の好機では」などと言い出して、大顰蹙をかった人たちが居ましたが、そういえば私が前から主張している「エネルギー依存半減社会」の実現、そして「エネルギー依存返上社会…

臨時国会開催拒否は憲法違反の可能性もあり、そこまでやりたくないのはなぜか。

新型コロナウイルス感染拡大が急激となり、さらに各地での水害被害も大きかったことから野党は臨時国会開催を求めていますが、与党は拒絶しています。 しかし、憲法に基づく臨時国会開催を拒否することは大きな問題ですが、そこまでして開きたくないのはなぜ…

「議院内閣制 変貌する英国モデル」高安健将著

議院が支持する者を内閣とする議院内閣制は、イギリスでは長い歴史の中で形作られてきました。 イギリスは「議院内閣制」であるという前に、「議会主権の国」であるという必要がああります。 日本では憲法上、主権者はあくまでも国民であり、国民によって選…

お盆の帰省は今年は無理か

お盆の帰省をめぐっては、政府内でもバラバラな意見が飛び交い、もう末期的症状(とずっと言ってますが)のようです。 www.yomiuri.co.jp しかし、政府が何と言おうがもはや当人たちは態度を決めていることでしょう。 例年ならばこの時期の飛行機や列車のチ…

「電車線路と安全のはなし」鈴木安男、猿谷應司、大塚節二著

電車の走る線路というものは、鉄道の安全に深く関わっており、そこから起因する事故も数多いものです。 著者のお三方は、現在は技術士などとして鉄道の安全について活動をされていますが、かつては鉄道会社で技術の最前線で活躍されていた方々です。 事故の…

八代のソウルフード

「ソウルフード」とはもともとはアメリカ南部の黒人料理をさす言葉だったようですが、今では各地の郷土料理などに用法を広げたようです。 私の住む八代市にもタウン情報誌があり、「やつしろぷれす」というのですが、毎月一回配られてきます。 その先月号で…

「うつも肥満も腸内細菌に訊け!」小澤祥司著

いささか品の無い書名ではありますが、端的に内容を示しています。 腸内細菌という、動物の大腸などに住み着いている細菌群が、実はその動物と共生と言っても良いほどの関係なのではないかと言うことは、最近世界中で研究が進められているようです。 私もこ…

江川紹子さんが東京五輪来年開催について書いています

ジャーナリストの江川紹子さんが、熊本日日新聞に月一回「視界良好」と題したエッセイを書かれています。 どうやら他の新聞には転載されることもなく、またどうも熊日のネットサイトにはアップされる様子もないので、もったいないので内容を紹介しておきます…

「古墳のはじまりを考える」金関恕、森岡秀人、森下章司、山尾幸久、吉井秀夫著

この本は2003年に大阪府文化財センターが開催した「古墳のはじまりを考える」という市民向けの講座の内容をもとに作られました。 本書著者として挙げられている5人の方々が一回ごとに講師を務めるという形で開かれました。 講座開催時には活字化を考えていな…

「NATROMのブログ」より、「新薬に対する熱狂の弊害」

現職内科医のNATROMさんのブログ、大変参考になるのですが、さすがに忙しいのか久しぶりの記事投稿となりました。 natrom.hatenablog.com新型コロナウイルス感染症に対する治療薬の評価についてです。 トランプ大統領が入れ込んだクロロキンですが、どうやら…

田中宇さんの「国際ニュース解説」より「暴動が米国を自滅させる」

アメリカの人種差別問題を原因とした(ように見える)デモと暴動について、最近ではあまり報道もされていませんが、依然として起きているようです。 それについて、田中宇さんの「国際ニュース解説」ではまた一風変わった解説がされています。 tanakanews.co…

やっぱり出ているコロナ感染者への誹謗中傷

全国的な感染者拡大が続いていますが、熊本県でも大きなクラスター発生、さらに各地に次々と感染者が確認されています。 それがどこなのか、あまりはっきりと発表されていなかったのも、関係機関が「感染者への中傷が危惧されるため」だったそうで、すでにそ…

「声優 声の職人」森川智之著

声優と言えば昔ならラジオドラマ、そして洋画の吹き替えでしたが、今ではアニメの大人気とともに声優にも人気が集まってくるようになりました。 そんな声優について、トム・クルーズの吹き替えをずっと担当し、さらにアニメやゲームキャラクターの声も数多く…

コロナウイルス感染者全国で増加。

少し前までは東京だけで感染者が出ているように見え「東京問題」とまで言われていたのが、今では全国各地で大幅に感染者が増加するという事態になっています。 よほど前回の休業要請の結果に懲りたのか、政府は前のような対策は採らないとしています。 www.n…

「撮ってはいけない」飯野たから著、紺野礼央監修

誰もが持っているスマホ(私はガラケーですが)で、少し前までは一流のカメラでなければ撮影できないような写真や動画が撮れるようになり、さらにそれをワンタッチでSNSなどに投稿(ということは広く公開)できるようになりました。 これは、少し間違えば著…

いよいよ足元に火がついてきた。八代市でコロナ感染者発生。

これまで熊本県でのコロナウイルス感染者発生は熊本市や県北がほとんどだったので、少し現実感がなかったのですが、ようやく八代市でも感染者が発生しました。 this.kiji.is小学校の教諭とその母親ということで、その学校は休校、教職員と担当の児童はPCR検…

コロナ対策の拙劣さで政権批判をする人が多いが、ではどうすれば良いのか。

PCR検査を増やすと言いながらさっぱり増えないとか、第二波に入っているのは間違いないのに経済収縮を怖れて何も言えないとか、さらに振り返ればアベノマスクの醜態や給付金をめぐるドタバタ、事務費用のお友達への注入など、政権の対策がめちゃくちゃなこと…

夢の話「焼酎製造工場を建設」

このところ、かつての仕事の夢を一つずつ見てきたような思いがしますが、今回はその集大成ともいえるような壮大な夢を見てしまいました。 とはいえ、それは昔担当した仕事そのものの夢ではなく、あり得ないような大きなものです。 私はどうやら会社の社長の…

「『天使』と『悪魔』がよくわかる本」吉永進一監修、造事務所編著

多くの宗教では、神は絶対者であるか多神教であるかにかかわらず、「天使」という存在があります。 また、神に対抗する悪の存在も既定されており、それらを「悪魔」として描いています。 そういった天使と悪魔、一つずつ(一人ずつ?)取り上げてざっと説明…

FOOCOM.NET専門家コラムより、「食中毒事件と新型コロナの影響」

FOOCOM.NETに長年保健所で食品衛生監視員として勤めてこられた小暮実さんという方が書いています。 www.foocom.net昭和56年以降の食中毒発生状況がまとめられていますが、発生のピークは平成10年、その時に多かった原因はサルモネラと腸炎ビブリオでした。 …

「白村江 古代東アジア大戦の謎」遠山美都男著

「白村江」、昔の歴史授業では「はくすきのえ」と読みましたが、今は読み方が不明とあって「はくそんこう」と読んでいるそうです。 中大兄皇子が皇位に就く頃、朝鮮半島では長く続いていた並立体制が崩れ、百済が滅亡に瀕していました。 一旦は敗れて王や王…

オリンピック開催まであと1年?

2020東京オリンピックが開催されるはずだった日が過ぎ、一応の予定までちょうど1年ということで、あれこれと報道されていますが、さすがに開催可能性については高いとは見られていないようです。 news.yahoo.co.jp 世界的にも来年のオリンピック開催などは話…

「耳コピ力 アップ術」永野光浩著

(本書題名は 耳コピ 力(りょく)アップ術」です。「ミミコピカ」ではありません) 「耳コピ」といっても知らない人には何のことか分からないでしょう。 レコードなどで聞いた音楽を楽譜に書き取ることを言います。 人気バンドの演奏などを自分でもやってみ…

私の読書の思い出

読書術と言う本を読んだので、自分自身の読書に関する思い出を書いてみましょう。 読書と言うのではないのですが、文字と言うものを読み始めたのは3歳くらいの頃からだそうです。 産まれた浦和から父の転勤で名古屋へ。 住んだ家の隣の10歳ほど年長のお姉さ…