爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

気ままなエッセイ

八代市内で新たにくまモン5体発見。

ちょっと用事があって八代市役所に行ったついでに、八代城址周辺を歩いたところ、くまモンを5体(人?匹?)発見しました。 市内には全部で54体設置してあるということですが、あとはどこに居るんでしょうか。 今日見つけた中ではこれが一番大きいもの。 …

夢の話「自転車で坂道の多い町を走り回る」

本題に入る前に、このブログを始めた2012年当時のものを少し読み返してみたのですが、最初の頃はほとんどが「読書記録」、ところがその頃からすでにぽつぽつと 「夢の話」を書いているんですね。 最近では社会に対する怒りのブログという性格が強くなってい…

またも食当たり、ただし今回はちょっとこれまでとは違った。

年に数回程度ですが激しい下痢となる食当たりを経験します。 これまでも何回かそれについて書いていますが、昨日の事例はそれとはまた少し違ったものとなりました。 sohujojo.hatenablog.com これまでは夕食に酒を飲みながら食べた場合がほとんどだったので…

初詣決行

「密を避ける」なんて言って、初詣も行きづらい風潮ですが、やはりやらないと済まないということで、近所の神社に参ってきました。 密を避けるどころか人ひとりも無く、寂しいものです。 まあ宮司が居るわけでもなく、こういう時だけ町内会で管理するような…

初夢の話「起業して会社を立ち上げる」

何日に見るのが初夢かという説はいくつかあるようですが、年明けで初めて夢を見たので初夢ということにしておきます。 なんと、年寄りには不似合いな「起業する夢」を見てしまいました。 ただし、どんな仕事をするのかということはまったく意識にありません…

2021年年頭に当たり、「今年の予言」第2部 国際、スポーツ芸能、その他

今年の予言の続きです。 我慢してお付き合いください。 ④世界の動き アメリカ大統領に就任するバイデンが何をするのか。 トランプがかき回してきたことをかなり修正するのは確かでしょうが、都合の良い部分はそのまま継続ということになるでしょう。 とりあ…

2021年年頭に当たり「今年の予言」第1部 コロナ禍、自然災害、政治経済

あけましておめでとうございます。 この数年、正月には娘の一家が帰省して孫の相手でクタクタになっていたのですが、今回はそれも無い静かな正月となりました。 昨年の予言大外れにもめげず?、一応今年も挑戦してみます。 例年なら一日で終わらせるのですが…

今年最後の夢の話「御茶ノ水駅周辺を歩き回る」

初夢は見るかどうかも分かりませんが、今年最後の夢がまた不思議なものだったので書き残しておきます。 夢の中で、御茶ノ水駅に降り立ちます。 そこから歩いて知人の家に向かうのですが、どうも実際の御茶ノ水とはまったく違う場所で、夢の中では「ここは茅…

2020年年頭の「今年の予言」の総括

今年はこれはやりたくないな。 完全に大外れでしたが、こんなウイルス感染の流行なんて予測できた人は誰もいないでしょう。 それでもまあ、形だけは総括をやってみますか。 sohujojo.hatenablog.com 最初は「気象災害について」 台風はやはりいくつも日本列…

雪国の思い出

ここ数年は暖冬傾向であまり大雪もなかったようですが、今年は久しぶりに早期から大雪の被害が出ています。 私も10年前に3年間だけですが、石川県に住み慣れない雪に苦労させられました。 雪国に暮らしている方から見れば、「甘い」と言われそうですが、…

日本語の変化は何を反映しどこに向かうのか

いつも参考にさせて頂いている、よんばばさんのブログで言葉の変化についての話題があり、それに触発されて日本語の変化ということについて考えてみます。 hikikomoriobaba.hatenadiary.com ただし、あくまでも言語学には素人ですので、素人の素朴な感想とい…

本日見かけた交通違反「交差点の信号待ちが嫌で脇道に入る車」

数日前に出かけた777段石段昇降の筋肉痛も癒え、快晴無風のぽかぽか陽気にも誘われて散歩に出かけましたが、一歩外に出れば何度も目にするのが交通違反行為です。 今回は、正確には「交通違反」ではなく「私有地不法侵入」ですが、不法行為であるばかりでな…

夢の話「対組サッカーの試合」

また半世紀も前のことを夢に見ました。 しかし、その細部まで新鮮なこと。 「対組サッカー」なんて言っても、まあぼんやりとイメージはできるかもしれませんが、その実態はわからないでしょう。 私の行っていた(半世紀前に)神奈川県の高校では、「対組」と…

777段の石段

八代市の市街地の東側、八代インターのすぐそばに東片公園というところがあり、山の中腹まで777段の石段が設けられ登ることができます。 以前は時々行っていたのですが、ここ4-5年は御無沙汰でした。 昨日、久しぶりに登ってきました。 (撮影した写真を掲…

「帳面消し」は熊本方言かと驚く熊本人に驚く

今日の熊本日日新聞に面白い記事が載っていました。 「帳面消し」という言葉があるそうですが、それは「熊本方言」だと指摘されたことに対して、熊日新聞社の人が驚いたということです。 熊本ではよく使われるそうで、前の塩谷県知事が公的な場で使ったり、…

「マスク美人」が非常に多いように感じます。

まあ、こんなことは書かない方が良いのかもしれないけど、気が付いちゃったので黙っていられない。 このところ、テレビで流される街頭風景や通行人のインタビューなどで出てくる人の大部分はマスクをしています。 その中で、女性を見ていると多くの人が美人…

夢の話「収入が無くなったので総菜屋を始める」

縁起でもない夢ですが。 現在は年金のみで暮らしていますが、夢の中ではどうやらその収入が無くなってしまったようです。 (ハイパーインフレ?その理由は出てきませんでした) なんとか金を稼がないといけないということで、なんと食べ物屋をやることにしま…

今日は本来ならユネスコ無形文化遺産登録の八代妙見祭神幸行列の日でした

11月23日は例年であれば八代の妙見祭という、ユネスコ無形文化遺産登録の祭で、神幸行列が行われるはずの日でした。 しかし、他の諸行事と同様、今年は神幸行列は中止となり、異例の淋しい状況になりました。 myouken.com旧市街西端の塩屋八幡宮から朝出…

鉄道模型の話

この世界の大変な時にどうでもいい呑気な話ですが。 子供の頃から鉄道大好き少年、今でいう「鉄ちゃん」であったということは何回か書いたと思いますが、鉄道模型に熱心であった時期もありました。 小学校6年の時に父がようやく転勤族から卒業し、湘南地方の…

八代市に「くまモンポート」開設、ようやくオープン

八代市の八代港にかねてから建設していた「くまモンポート」、クルーズ船受け入れ施設がようやく開業ということになりました。 this.kiji.isこれまでは八代港にクルーズ船が入港する場合も岸壁に横付けするだけで、何もないまま観光バスに乗り込むだけだった…

本日見かけた変な車のナンバープレート

自動車のナンバープレートには希望ナンバーを取ることができる制度があり、縁起の良いナンバーや語呂合わせ、自分の誕生日をナンバーにしてパスワードの候補を見せ廻っている車とかいろいろあるようです。 以前も、団地の周辺道路に常時違法駐車している車に…

今日は亡父の誕生日

本日、10月17日は亡父の誕生日です。 1915年、大正4年のこの日に長野県南部で生まれました。 生きていれば105歳、ちょっと無理か。 普段はそれほど思い出さないんですが、さすがにこの日は印象深いものです。 子供の頃にはこの日には母は必ず栗…

八代市立博物館に行ってきました「知られざる肥後の絵師」

八代市立博物館「未来の森ミュージアム」に散歩をかねていってきました。 10月13日より新たな展示として「知られざる肥後の絵師」と題し、博物館のコレクションの中から江戸時代から明治にかけての主に肥後藩の御用絵師であった人々の作品を展示されてい…

夢の話「大相撲、正代関になった夢」

今日の夢は何と、大相撲の新大関、熊本の希望の星の正代関になっちゃいました。 最初はこれまでのイメージ通り、ネガティブな性格という評判通りの自信なさそうな相撲ぶりです。 しかし、徐々に立ち合いからの勢いが付き、相手力士が吹っ飛ぶようになってし…

夢の話「リアル脱出ゲーム、古いデパート、大学教授の従兄」

今日の夢のお題は、何か三題噺のようですが、夢がだんだんと移行しながら続いていき、それでいて最初のも印象が強くて覚えていたということです。 「脱出ゲーム」とは、ネットゲームでよくありますが、部屋の中などに閉じ込められていてあちこちにあるヒント…

夢の話「不条理夢:鉄道駅の乗り換え不便なところを回る旅」

私の見る夢の大半は、これまでの仕事や学校でミスをしたり対人関係でつまづいたりといった悔いの残ることをなぞるようなものなのですが、時折「何が何だかさっぱりわからない不条理」の夢を見ることがあります。 今回もそういうものでした。 鉄道の路線が交…

田舎ドライバーの特性?危険運転数々。

現住の熊本県南田舎町で、時々散歩で町中を歩きますが、しょっちゅう周囲の車のとんでもない走り方で命の危険にさらされています。 いささか腹に据えかねることもありましたので、この辺で「田舎ドライバーの特性」というものをまとめておきます。 なお、こ…

「北斗の水くみ」とは何だろう

昼前のテレビをぼんやりと見ていたら、九州地方のみの放送で「北斗の水くみ」ということをやっていました。 これは、星の北斗七星が、ちょうど海面まで下がってきてまるで北斗の柄杓で海水を汲んでいるように見えるということでした。 それが見えるのは世界…

夢の話「バイオリアクタープラントを立ち上げる」

またもかつてやっていた仕事の夢。 よほど完成できなかった無念の思いが強いのでしょうか。 昔居た工場のようですが、今は無残に廃墟と化しています。 そこに「バイオリアクター」のプラントを建てるように指示されます。 細かいことは全く決まっていないの…

脱力感と再起

これまでほとんど支持率もなかった菅に急激に支持が集まっているというニュースを見て、その裏にある民衆心理を考え、そのような人間が多数を占める日本という国に対しての脱力感を感じ、これまでも何回かあったようなうつ状態に陥りかけました。 思い出す限…