爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

政治経済

”賀茂川耕助のブログ”より、中国はロシア産エネルギーで大儲けしている。

「賀茂川耕助のブログ」に転載されている、Tyler Durdenという人の記事です。 kamogawakosuke.info 欧米日のメディアではロシアの窮状ばかりが報道され、プーチンはいつ失脚するかといった雰囲気ですが、実際はかなり違うと主張しています。 何より大きいの…

「腐臭の国」日本をその元凶と共に葬るためにしか見えない「国葬」

安倍国葬の当日となり、反対運動などで騒然としているところもあるようです。 まあ、九州の片田舎は何事もないかのような静けさですが。 熊本県内でも県庁をはじめ多くの市町村で半旗は掲揚するも、弔意の強制はなし。 ただし、一番長い物巻かれかと思ってい…

「幻想の『技術一流国』ニッポン」内橋克人著

経済学者の内橋克人さんは昨年お亡くなりになりましたが、多くの著書を発表してきました。 その最も活躍された時期に「ニッポンの技術力」の問題点を厳しく指摘したのがこの1982年に刊行された本です。 当時は数多くの貿易摩擦を引き起こした対米輸出も繊維…

もう怒った、杉山大志さんが東京都の太陽光発電義務化に反対の請願提出

これまでも何度も記事を取り上げた杉山大志さんが、あの東京都の太陽光発電装置設置義務化という暴挙に対して反対の請願を提出したそうです。 news.yahoo.co.jp あまりにもひどい政策で、まともに批判するのもバカらしいと思いあまり取り上げていませんでし…

国の為替取引介入なんて効果あるの。

日本とアメリカ他各国との金利差がさらに拡大したことを受け、円安が進んだため日本政府は為替取引に円買いドル売りの介入を行い、それを公表するという恥ずかしい行為に出ました。 www.fnn.jp 為替介入という言葉を頻繁に聞いていたのは空前の円高などと言…

ウクライナ東部諸州でロシア併合の住民投票か。

ウクライナ東部諸州ではウクライナ軍の反攻が激しさを増しロシアから奪還した地域もあるという報道がされています。 それに対し、ロシアは東部諸州でロシア併合を求めるという住民投票を実施すると報道され、日本メディアはロシアの批判を強めています。 www…

脱炭素化を無視し、さらにそれを利用して世界制覇を目論む中国を止められるのか。

杉山大志さんという方の記事を紹介しましたが、それによれば中国は石炭の大増産を計画、ということは石炭火力発電を増強するということでしょう。 さらに新規原発の建設を加速させるということです。 sohujojo.hatenablog.com これは欧米日が目指す(と言っ…

米共和党、中国のエネルギー政策、杉山大志さんの解説

キャノングローバル戦略研究所主幹の杉山大志さんが、夕刊フジに書いていた記事です。 news.yahoo.co.jp トランプ政権で国務長官を務め、トランプ再選となれば再び政権中枢に座るであろうポンペオの発言で、アメリカは「エネルギー・ドミナンス(優勢)」を…

「内田樹の研究室」より「国葬、旧統一教会」

少し前の記事になりますが、内田樹さんのブログ「研究室」で「国葬、旧統一教会」について某ネットメディアからのインタビューされた内容を書かれていました。 blog.tatsuru.com 安倍を強く支持していた連中にとって、彼が韓国系の統一教会と深く癒着してい…

投資投資と言うけれど。

いつも多くの話題提供をしてくれるNHK朝の番組ですが、今回はあのアメリカから流れてきて芸人として顔を売りその後は会社経営などに乗り出している人が投資について解説(というか投資への誘い込み)をしていました。 日本はまだまだ株式などへの投資比率が…

自衛隊は「イージスシステム搭載艦」の予算要求、これはとんでもないものだった。

自衛隊は「イージスシステム搭載艦」というものの予算要求を出しました。 これは従来の「イージス艦」というものとは異なるとんでもないものだという、軍事ジャーナリスト清谷信一さんと言う方の指摘です。 news.yahoo.co.jp このイージスシステム搭載艦とは…

原油高対策の緊急補助金、すでに多額の支出

原油価格が急落したというニュースも流れていますが、まだまだ根本的な原因がなくなったわけではなく基本的には上昇傾向は続くでしょう。 そんな中、政府が行っている原油高対策としての補助金支出が2兆円に達するも、まだ止めるわけにはいかないというニュ…

国葬問題について国会で閉会中審査、まあどうせ大したことにはならないはず。

安倍国葬に関して国会で閉会中審査が行われるとか。 しかしごくわずかな時間のみで、とても岸田が「丁寧な説明」をできるはずもなく、(まあ時間の問題ではなくそもそもその意識もないでしょうが)、野党の質問時間も1時間ということではほとんど成果も出せ…

「内田樹の研究室」より「安倍政治を総括する」

内田樹さんのブログ「研究室」に掲載されていたものですが、日刊ゲンダイへの記事だそうです。 blog.tatsuru.com 安倍政治の10年間で日本の国力は劇的に衰えた。 しかし、安倍の最大の負の遺産が、「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」 という…

ザポロジエ原発を攻撃しているのは誰なのか。

ウクライナのザポリージャ原発(ザポロジエ、どっちがどっちやら分かりません)に砲撃などが加えられ、原発に危機が迫るとしてIAEAが監視チームを派遣したということで、現在は何とか原発内に入っているようです。 この原発に対する攻撃がどちらのものか、ロ…

「模倣の罠 自由主義の没落」イワン・クラステフ、スティーヴン・ホームズ著

「模倣」とは何を示すのか。 それは1989年に冷戦が終了し、一見して欧米の自由主義と民主主義が世界を覆ったかのような時代となりましたが、その後の世界では旧共産圏などを中心にアメリカを「模倣」して自由民主主義を取り入れていくこととなりました。 し…

現在は「悪い物価上昇」なのか。

来月早々にも値上げ予定の物品が多数、主に食品関係が多いのですが、それらはその後もさらに値上げされる予測が出ているようです。 もはや日銀があのアベノミクス開始時に目標とした物価上昇2%を上回っているのですが、これは輸入品の上昇によるもので「悪…

アフリカ支援に4兆円、金持ちぶった大盤振る舞いがいつまで続けられるか。

日本が主導するアフリカ開発会議TICADで今後3年間で4兆円あまりを提供するという話です。 news.yahoo.co.jp これまでも多額の開発国支援金の支出を行なっていますが、相手側からほとんど感謝もされず、認識すら曖昧だということが言われていますが、まだ続け…

NPT核不拡散条約再検討会議決裂、しかしロシアへの一方的非難には違和感。

NPT核不拡散条約の再検討会議というものが開かれましたが、その最終文書がロシア一国の反対で決裂したということで、岸田首相はじめ世界各国がロシアを非難しています。 www.tokyo-np.co.jp 核兵器の使用すら匂わせたプーチンの発言には危機感を感じますが、…

「ミャンマー『民主化』を問い直す」山口健介著

ミャンマーでは選挙によって選ばれたアウンサンスーチー率いる国民民主連盟(NPD)政府が国軍によるクーデターで倒されました。 それに抗議する市民に対する弾圧も激しく多くの人々が亡くなったということです。 しかし、それでは軍部の政権を倒してNPDによ…

田中宇さんの「国際ニュース解説」より、ドイツの没落

欧米メディアの論調、そしてそれを丸呑みの日本の報道とはかなり違ったことを書いている田中宇さんの「国際ニュース解説」ですが、今回はドイツの没落について。 tanakanews.com ドイツ向けのロシア産天然ガス供給がストップといったニュースが流れますが、…

何でも国債、この国の破滅はもう間違いない

パンデミックによる経済停滞を脱却しなければという非常事態対応で巨額の国債発行を行ったためか、もう財政規律などと言う言葉は忘れ去られ何でも国債で賄えばよいと言わんばかりのことになっています。 今度は、「脱炭素化」に使おうということです。 diamo…

田中宇さんの「国際ニュース」より、原発を攻撃しているのは誰か。

ウクライナのザポロジエ原発に攻撃が加えられているのですが、それについての田中宇さんの「国際ニュース解説」の記事です。 tanakanews.com 現在この原発を占拠しているのはロシア軍ですが、ロシアの監視下で原発の運転は続けられています。 この原発にミサ…

「検証 安倍イズム」柿崎明二著

最近狙撃され絶命、それからも色々ととりあげられることの多い安倍さんです。 それまでの自民党の総理と違い確かに非常に意志のはっきりした政策を打ち出してきたように見えます。 そのような安倍政治について、共同通信の論説委員の著者が2015年、安倍政治…

日本経済新聞社説に「火力発電の脱炭素化の工程表を示せ」という意見

日本の経済界のオピニオンリーダーだと自分たちは思っているに違いない、日経新聞の社説に表記のような記事がありました。 www.nikkei.com おそらくここに書かれているような認識が経済界トップにも蔓延しているのでしょう。 まず「脱炭素化」は進めなければ…

トランプ人気はまだまだ続くのか、トランプ批判の共和党候補が敗れる

アメリカ共和党では反トランプ派も一定の勢力を保っていますが、中間選挙の候補者として反トランプを掲げていた候補がトランプ派に敗れたということです。 news.yahoo.co.jp このリズ・チェイニーと言う人はかつて副大統領を務めたディック・チェイニー氏の…

「知の最先端」大野和基インタビュー・編

著者の大野さんは医学や化学なども修めた一方でジャーナリストとしても活躍という方です。 その大野さんが「知の最先端」とも言うべき人達にインタビューしまとめた本です。 その7人は、シーナ・アイエンガー、フランシス・フクヤマ、ダロン・アセモグル、ク…

電力不足が表面化するとどうなるのか。

北日本で豪雨が続くために忘れかけてしまったような電力不足ですが、先日の全国的な猛暑の時には逼迫と言われていました。 そして本当の危機は真冬であるとも言われており、予断を許さない状況でしょう。 電力不足は日本ばかりではなく中国もかなりひどい状…

8月15日に思う

このところ8月15日になると一応戦争というものに対する意識などについて書いていますので今年もやってみましょう。 8月15日を何と呼ぶか。 実はこの日に連合国側に敗戦を伝えたとか、降伏文書に調印したということはなく、あくまでも国民向けに天皇の玉音放…

現在の世界的なインフレは各国の国債大放出のせいか。野口悠紀雄さんの解説より。

経済学者野口悠紀雄さんは多くの記事を書いていますが、これはどうもと思わせるものもあるものの、さすがと感じさせるものが多いようです。 今回ダイアモンドオンラインに書かれていたのが、世界的なインフレはMMT理論の破綻だというものです。 diamond.jp M…