爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

「海を渡ったスキヤキ」グレン・サリバン著

著者のサリバンさんはハワイ出身ですが、日本にも滞在経験があるというアジア文学研究者です。

子どものころに母上と訪れた日系人の経営する食堂での、いなりずしや照り焼きビーフの思い出は懐かしいもののようです。

 

最近では寿司ブームがアメリカ中を席巻しているということは有名でしょうが、アメリカと日本の和食との関係は幕末に始まり、その中には苦く厳しいものもありました。

その概要を、様々なエピソードを交え詳細に語っています。

 

アメリカ人が和食と最初に遭遇したのは、黒船のペリーの訪問でした。

ペリーが武力をちらつかせて日米和親条約を結んだ際に、一行を迎えて宴席に出したのが幕府が贅を尽くしたと思った会席料理でした。

しかし、この料理はペリー一行にはまったく口に合わず、物足りなかったもののようです。

その後、ヨーロッパも巻き込んでの「ジャポニズム」ブームとなり、料理も紹介されるのですが、エキゾチックな雰囲気で行き届いたサービスで出されることは称賛されたものの、その味についてはほとんど理解できないものでした。

 

その後、「中国人排斥法」によって中国人労働者が減り人手不足となったために日本人が労働者としてアメリカに渡ります。

彼らは食生活もままならぬ劣悪な環境の中で、何とかやりくりして食べ物を作っていきましたが、そこで生まれた料理が「だんご汁」でした。

そして、鉄道建設などの現場から都会にも広がっていった日本人たちは、日本人町を形成し食堂も開くようになります。

その顧客は大半は日本人でしたが、白人も徐々にその味に慣れていくようになります。

しかし、今度は日本人労働者が目障りになり、日本人排斥の動きが強まります。

 

その動きが最も強まったころに日米開戦となったために、日系人は国籍のいかんに関わらずすべてを奪われ収容所に入れられます。

そこも食生活は最悪だったのですが、徐々に色々と工夫して様々な料理を作り出しています。

「ウィーニー・ロイヤル」と「スパムむすび」はその収容所の中で生まれたものでした。

収容所から解放された時はこんな食べ物はもう二度と食べたくないと思ったのですが、それでもその後時が経つともう一度食べてみたいと思う人も出たようです。

今でも「アメリカ流和食」のメニューとして食べる人も多いようです。

 

しかし戦争も終わり、徐々に日本人への敵愾心も弱まってくるとまた日本の料理への興味も上がってきます。

戦前に日本を訪れた人々、そして戦後に駐留軍として来日した人々などを魅了したのは、「SUKIYAKI」でした。

固い牛肉をほとんど何の味付けも無く食べるだけのアメリカの食事と違い、柔らかい牛肉に砂糖と醤油で味付けしたスキヤキは彼らの心に残り、アメリカでもそれを食べたいという思いを募らせました。

まだ「日本食レストラン」というものを開くほど社会情勢が良くなっていなかったため、個人の邸宅などでスキヤキパーティーを開くという形で復活していきました。

 

さらに日本での鉄板焼きを取り入れた「ヒバーチ・ブーム」も起きます。

全米にチェーン店を広げたロッキー青木の「紅花」も人気となりました。

そして、日本食ブームが爆発的に広がったのは「寿司バー」でした。

ここにはようやくアメリカ人も気づいた「健康ブーム」も関係してきます。

今は中国人などが開く和食店もあちこちにできるほどの和食ブームとなっています。

 

しかし、その過去には厳しい状況で苦しみながら食べ物を作り出していった日系人の苦労があったことは覚えておきたいものです。

 

 

 

こんな奴が環境行政を引っ張っているとロクなことにはならない。

小泉環境相が脱炭素を推進するために「家庭への太陽光発電システム設置義務化をも」と発言したそうです。

www.jiji.comポーズだけを最重要視するという手法は父親譲りでしょうが、それよりさらに過激なものとなっています。

 

このブログで何度も強調していますが、太陽光発電はその装置製造に大量のエネルギーや資源を注ぎ込み、その回収すらおぼつかない程度の発電能力しかなく、結局はその装置の製造会社に金を廻すだけの存在でしかありません。

 

それを「環境第一」のような顔をしながら、強制力を持って推し進めるかのような発言。

これが一般大衆に受けるとでも思っているのでしょうか。

 

ポピュリストとしては中途半端な親父を乗り越え、真のポピュリストとしてやっていくつもりでしょうか。

 

「国境を越えて愛されたうた」竹村淳著

歌というものはその地で生まれたものだけでなく、よそで生まれたものが伝わっていくということもよくある光景です。

 

この本では、そういった、「国境を越えて」愛されていった歌の数々を紹介しています。

なお、著者の竹村さんは長く中南米の音楽を紹介し続けていますが、本書で取り上げている歌は必ずしもその地域だけのものではありません。(が、やはりそれが多いようです)

また、かなり詳細なトリビアも語られています。

どちらかと言えば、その方面に力が入れられているようにも感じます。

 

日本発で取り上げられているのは「上を向いて歩こう

これが「スキヤキ」という名でアメリカなど世界に広がっていったということは、誰しも聞いたことがあるかもしれません。

アメリカのビルボードのシングルチャートで、1963年6月15日付けでトップになりました。

永六輔、中村八大のコンビで作詞作曲され、坂本九が歌ったこの歌は、1961年に発売されレコードもそこそこ売れたのですが、アメリカでの大ヒットほどのものではなかったようです。

それは、この歌の造りが当時主流の演歌とはかなり異なっていたためです。

ところがそれが外国での流行につながりました。

アメリカでの発売には多くの偶然が重なったようです。

ケニー・ポール楽団がジャズとして演奏したもののほとんど売れなかったものが、たまたまワシントン州のラジオ局のDJ、リッチ・オズボーンがリスナーの高校生から送られた坂本九のレコードを番組でかけたところ、評判になりキャピトル・レコードからの発売が決まりました。

最初は坂本九に英語で歌わせようとしたけれど、オズボーン(日本駐留経験あり)が日本語のまま発売するよう主張したためそのままアメリカでも発売、大ヒットにつながりました。

英語以外の外国語の歌がビルボードトップになったのはイタリア語のボラーレ以来だったそうです。

 

エル・アレグリートという、スペインの作曲家セバスチャン・イラディエールの曲を聞いたら、誰もが「ビゼーカルメンのハバネラ」だと思うでしょう。

しかし、1840年にこの歌を発表したのはイラディエールでした。

イラディエールは「ラ・パロマ」の作曲もしていますが、スペイン生まれながら長くキューバにも滞在し、アバネーラ(キューバの首都ハバナ風の)という曲風にも馴染んでいました。

その後、スペインに帰国したイラディエールはエル・アレグリートを発表しそれが広まったのですが、それを聞いたのがスペインを訪れていたビゼーでした。

彼はそれをスペインの民謡と思い込み、自らのオペラにも使ってしまったようです。

 

「ランバーダ」という、セクシーなダンスと曲が大流行したのは1989年でした。

カオ―マという、フランスやセネガル、ブラジル出身者のグループが演奏したのですが、この曲の旋律は実はボリビアのグループ「ロス・カルカス」が歌った、「泣きながら」(Llorand se fue)そのものでした。

しかしランバーダの作曲者には「泣きながら」の作者のエルモーサ兄弟の名前はまったく入っておらず、完全な盗作だったようです。

その後、裁判となりロス・カルカスは著作権料を受け取ることができたのですが、世界中にランバーダの名前で広まってしまいました。

 

この本を書くにあたり、実際に聞いて貰おうと「おすすめCD」も挙げておこうと思って竹村さんが調べたら、もうほとんどCDは売っていなかったようです。

ネットで探すことになるのでしょうが、かえって面倒なことになっています。

 

国境を越えて愛されたうた

国境を越えて愛されたうた

  • 作者:竹村 淳
  • 発売日: 2014/11/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

注意喚起:「宅配便が未着」という詐欺が来てしまいました。ご注意を。

話には聞いていましたが、SMSで「不在のため宅配便を持ち帰りました」という連絡が入りました。

 

ドコモのページにもこの注意喚起が掲載されています。

app.dcm-gate.com実際、これとほぼ同じ内容のものでした。

 

まあ知識として知っていたので、「ああこれか」といった印象ですが、最近はけっこうネット通販で買うこともあるので、そのタイミングが合えば引っかかる危険性もあるかもしれません。

 

しかし、よく見てみれば業者名も無く、そもそも「こちらの名前」も書いていないということで、変なのは明らかなのですが。

 

これは携帯電話の番号にランダムに掛けてくるという手口で、こちらからの返信があればそれを利用して詐欺サイトに誘導するというものだそうです。

 

詐欺の手口は広がるばかり、驚くようなこともあります。

ご注意ください。

五輪幕引きシナリオの開始か、自民党二階幹事長の発言。

ついこの間まで「オリンピック中止など考えられない」と言っていたはずの自民党二階幹事長がオリンピック中止も考慮するという趣旨の発言をしました。

www.jiji.com

国民の多くがその開催に疑問視、つい先日はアメリカ、イギリスのメディアも中止しないという日本政府やIOCの姿勢を批判するなど、もうほとんど開催の可能性は無いと考えられるのですが、いつ誰がそれを言い出すのかだけが問題となっていたようです。

 

まだ政府関係者や東京都、JOCなどが口に出すわけには行かないでしょうから、自民党側の重鎮で、日ごろから放言癖のあることで有名な二階に言わせたのでしょうか。

 

オリンピック開催の機運を盛り上げるはずの聖火リレーが、もはや「もうだめだ」という雰囲気を撒き散らすだけのようになっています。

 

緊急事態宣言を解除し、「まん延防止措置」などと名前だけ変えてみたものの、それも乱発せざるを得なくなったのには、ウイルス変異株の極めて速い広がりも影響したのでしょう。

 

もうほとんどオリンピック開催の可能性は無くなったのでしょう。

飲食店だけの時短営業などという中途半端なことはもう止めて、大幅な外出禁止措置を取りながらできるだけ早くワクチン接種を進めていくしかないのでしょう。

 

「英国ロックダウン100日日記」入江敦彦著

イギリスは2020年3月23日より新型コロナウイルス感染流行に対する方策として、ロックダウンを開始しました。

ロンドン在住のエッセイスト、入江敦彦さんがそのロックダウン下の生活の様子を毎日綴った日記です。

 

入江さんは京都出身ですが、現在はパートナーの方とロンドンに住んでいます。

日記では毎日の出来事の他に作って食べた食事やデザートなどの内容も書かれていますが、和食や中華を中心になかなかの腕前のようで、しかも食材の調達にもあまり不安はなかったようで、食生活の問題は無かったものと拝察しました。

 

ロックダウン中でも食材の調達のための外出は一日一回は許されていたそうで、大型スーパーには行かなかったものの近所の小売店で買い物をできたようです。

そういう所の方が面白い食材も揃っているということもありました。

 

しかし、その期間の間にパートナー(男性です)の方の母上が亡くなるという事態にもなったのですが、認知症で施設入所のまま会うこともできずに亡くなり、火葬されてしまうということで、厳しい状況であったことが分かります。

 

イギリスはヨーロッパの中でもマスク着用率が飛びぬけて低いようで、数々の場面で入江さんはかなり頭に来る場面もあったようです。

ただし、ご本人も出かける際に忘れることもあり、たまたまその時に訪れた食材店でマスク非着用者の入店が断られるということもありました。

 

ロックダウン中には仕事のできない労働者に対して収入の80%を保障するという政策が取られたそうです。

しかし、それは雇用者から仮払いされて政府がその後雇用者に補填するという制度にされたため、おそらくかなり支給されない人も出るのではと危惧していました。

その後、どうなったのでしょうか。

なお、この政策は「人々が困るから」やるのではなく、「暴動が怖いから」やったに違いないというのが入江さんの読みです。

 

100日間の中で、入江さんご本人も体調不良で発熱するということもありました。

これはコロナに罹ったかと観念して様子を見たようですが、その際も病院に駆け込むということも無く、対処マニュアルのようなものがありじっと家で経過を見ています。

結局はコロナウイルスではなく別の原因だったようです。

 

100日でかなり感染が収まったとしてロックダウンは解除されるのですが、その時のバカ騒ぎは激しいものだったようです。

マスクもせずにはしゃぎまわる若者たちを苦々しく見ています。

 

ロックダウンからおよそ100日経って、徐々に緩和策が取られつつあった7月4日までで日記は終わっています。

 

その後、やはり感染は再発しさらに2回ロックダウンされたようです。

入江さんも無事に暮らしているのでしょうか。

 

英国ロックダウン100日日記

英国ロックダウン100日日記

  • 作者:入江敦彦
  • 発売日: 2020/09/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

道路沿いの花がきれいに咲いています。

朝はまだかなり冷えますが、昼になると暖かくなります。

道路沿いのツツジなどの花が満開できれいなので写真を撮ってきました。

f:id:sohujojo:20210415095310j:plain

通称「臨港線」という道路の歩道に植えられたツツジです。

白からピンク、さまざまな色で咲いています。

 

f:id:sohujojo:20210415094740j:plain

 

これも同じ道沿いの別の場所に咲いている花ですが、名前は分かりません。

 

f:id:sohujojo:20210415093536j:plain

こちらは別のところで、遊歩道に並んで植えられている木に咲いた花です。

小さくて可憐な花が咲いています。

 

花盛りの季節となりました。

九州ではこういった良い季節はわずかで、あっという間に蒸し暑い夏になっていきます。