爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

「『協力』の生命全史」二コラ・ライハニ著

人類という生物は「協力」をするものであり、その度合いは近い種である類人猿と比べてもはるかに多いものです。

それが他の種をはるかに超えた人類の繁栄につながったとも言えます。

ただし、他の生物種を見てみるとさらに協力するものも見られます。

そういった、生物における「協力」について、多くの生物とそして人類においての歴史など多方面からたどっていきます。

 

協力するもなにも、「自己」と「他者」とがどういう関わり合いをしているかということを見ていかなければ何も分からないということで、最初はその点から始まります。

単細胞生物の場合は自己も他者もありません。

皆同じ遺伝子のものがあるだけです。

しかし多細胞生物となり、さらに有性生殖が始まると遺伝子の構成にも無限の多様性ができ、自己と他者とは全く違うものという観念ができます。

ただし、その自己の中にも裏切者が存在し、また新たに現れるということで、ミトコンドリアの取り込みについてや、がん細胞の発生まで話が進みます。

 

人間にとって、「自己」のようでそうではないものが「家族」です。

家族の形というものも人間の「協力」というものの本質と深く関わっているようです。

子育てを共同で行うというのが人間の特異なところであり、類人猿でも母親だけが子育てを行う種が多いのに対して、父母だけでなく祖父母やその他の親族まで関わって子育てをすることが普通です。

それほどでなければできなかったのが、脳の発達が極端に多くなった人間の宿命なのかもしれません。

人間の女性が閉経をするというのも、孫の世話のためという仮説もあります。

 

ただし、社会的な協力というものはさまざまなジレンマを抱えているようで、社会的な集団によってその在り方もかなり違います。

人間は狩猟採取社会の頃にはかなり平等であり、協力をすることが正義であること、そして協力せずに独善に走る者を排除するような社会習慣が普通でした。

しかしその後わずかな時代に独裁者が圧倒的な権力を握る社会に移行します。

数の上では圧倒的な被支配者たちがなぜ反乱を起こさなかったのか、不思議なほどなのですが、それも人類の宿命的な性格のようです。

 

協力する生物というものを考えるうえで目を引くのが社会性が高いと言われる昆虫、アリやハチ、シロアリといったものですが、これらの昆虫のコロニーと言われるものはその全体が多細胞生物の体と同じような特徴を示します。

これはそれらの昆虫の生殖形態によるもので、生殖可能な個体は女王と幾分かのオスでありそれ以外は生殖不可能な娘ばかりです。

これは多細胞生物での生殖細胞とそれ以外の体細胞との関係に類似しておりだからこその社会性となっています。

 

社会に対する協力の形態として、慈善事業などの善行を行うというものがあります。

それをする人は名声を得られ社会的な評価が上がるはずなのですが、現代社会ではそれをあからさまに行うことに対しては逆の評価が下されることもあります。

オスカーワイルドが言った言葉で「世界で最も気持ちの良い感覚は、匿名でよいことをして誰かのそれを見つけてもらうことである」というのがあるそうです。

隠れて善行をしたいとはいっても、やはり誰にも知られないのではつまらない。

それが本心なのでしょう。

ただし、こういった意識というものもやはり人間に特有のものであり、ごく近い類縁種のチンパンジーであっても自分の評判を戦略的に管理するなどということは全くなく、他者の好意的な行動の裏にある動機を推測するということはありません。

これらの意識が高度に発達したのが人間心理なのでしょう。

 

「協力し合う」のが人間の特質なのでしょうが、どうやらそれがかなり衰退しているようにも見えます。

その未来は暗いのかも。

 

 

珍しく新聞で脱炭素化技術の批判、京都新聞が二酸化炭素地中貯留と水素を推進する法案を取り上げる。

新聞やテレビなどのメディアでは脱炭素化技術と言われるものを批判することがほとんど見られません。

中には相当胡散臭いものもあるのですが、なぜか口をつぐんでいるように見えます。

しかし、京都新聞では国会で法律制定に向かっている二酸化炭素地中貯留と水素化について批判されていました。

news.yahoo.co.jp二酸化炭素を地中に送り込むという地中貯留(CCS)を推進しようという法律が国会で審議され制定されようとしています。

しかし記事中にもあるようにこれはアメリカやカナダで20年以上も前から実証実験が繰り返されているものの、成功例の報告が全くないというものです。

あのIPCCですら、このCSSは「高コストで実現可能性も低い」と言っているそうですから、ほとんど見込みのない技術です。

そんなものを推進するというのは国の金を捨てるようなものです。

 

水素利用促進の法案も国会に出されているのですが、それについても京都新聞は批判を加えています。

高コストの水素と天然ガスなどの化石燃料の価格差を補助金で埋めるというものですが、これも現状の水素は化石燃料から作っていることが多いため、化石燃料よりコスト高になるのは当然なのにそれに補助金を出すというのは全く割の合わない話です。

 

何か脱炭素化に進んでいるというポーズだけ取りたいのでしょうが、こんな筋悪の方向に行ってはなりません。

 

「鬼平犯科帳(三)」池波正太郎著

鬼平犯科帳第三巻では、平蔵が火付け盗賊改め方を一時的に解任され休みが与えられたためにその機会に父の墓がある京都を訪れることとなります。

その先で平蔵に最大の危機が訪れ、あやうく命を落とす寸前まで行ってしまいます。

 

「麻布ねずみ坂」前作で登場した中村宗仙の物語です。大阪の闇の帝王の女と不倫となった宗仙はその代償として金を払いますが。

「盗法秘伝」京都旅行に向かう平蔵はその途中で老盗と出会い、非常に気に入られてその「秘伝」を伝授されることとなります。

「艶婦の毒」旅行に同行したのは木村忠吾ただ一人。忠吾は京都を満喫しようとしますが、そこで出会ったのが年増女、その女のとりこになってしまいます。

しかしその女お豊はなんと平蔵が二十数年前に入れあげたその人であり、しかも盗賊でした。

それを手繰り寄せて盗賊一味を一網打尽という、またも忠吾の女好きが手柄になります。

「兇剣」前作で捕らえた盗賊の兄弟が平蔵に復讐を企てます。奈良を訪問するために少人数で向かった平蔵一行に十数人の手練れの浪人たちが襲い掛かり、平蔵ももはやこれまでとあきらめかけたところに岸井左馬之助が間に合い、なんとか助かることができました。

「駿州・宇津谷峠」怪我も癒えた平蔵は江戸からの帰還命令を受け東海道を東へ向かいます。一人となった左馬之助は幼馴染と出会いますが、彼は盗人の一味となりしかも仲間内で殺し合いをしていました。

「むかしの男」ちょうど平蔵が留守であった時を狙うかのように妻久栄に「むかしの男」からの連絡が入ります。この近藤勘四郎と言う男は今は盗賊霧(なご)の七郎の一味となっており、七郎はその前に平蔵に捕らえられ処刑された小川や梅吉の実弟で平蔵への復讐をする目的でした。

久栄と幼女のお順を殺すつもりでしたが、久栄の機転と長谷川屋敷の門番鶴造の働き、そして留守居の佐嶋忠介たちにより無事救い出されます。

 

次から次と強敵が出てくるのはハラハラドキドキというものです。

 

 

ラファのパレスチナ人はエジプトに逃れるのか。

田中宇さんの「国際ニュース解説」ではガザ地区ラファに逃れている150万人のパレスチナ難民について書かれていました。

tanakanews.comガザ地区北部からエジプトに接するラファに逃れてきた人々は150万人ということですが、彼らはエジプトに逃れることはできません。

エジプトはその入国を断っています。

しかし最近エジプト国内に5万人程度の難民キャンプを作っているそうです。

そこにラファのパレスチナ人を迎えようというのですが、5万人では足りません。

しかし5万人がエジプトに入国した時にイスラエルがラファに総攻撃を加えるということです。

そうなれば、パレスチナ人のエジプト逃亡は止めようもなく、多くがエジプトに逃れることになるとか。

パレスチナ人の多くはハマス支持ですから、それがエジプト国内に多数入国すればハマスにつながる勢力がエジプト国内に力を持つようになるという読みです。

 

どうもそうなりそうな状況かもしれません。

しかしそこに至るまでに多くの人々が犠牲になりそうです。

「疫病と日本文学」日比嘉高編

新型コロナウイルス流行というものは、これまでも繰り返し起こっていた疫病流行を振り返らせるものでした。

それをこれまでの日本文学はどのように扱ってきたのか。

日比さんをはじめ文学者たちがそれぞれの専門の時代の文学に見ていきます。

 

現代小説にもパンデミック小説といわれるようなものがいくつもあります。

日比さんが冒頭に書いている「パンデミック小説のマッピング」というのは面白い分類でした。

挙げられているのは、小林エリカ「脱皮」、村上龍「ヒュウガ・ウイルス」、金原ひとみ「アンソーシャル・ディスタンス」、石原慎太郎「日本の突然の死」といったところから、志賀直哉「流行感冒」、菊池寛「マスク」まで含みますが、それをいかに「非現実指向であるか」、またいかに「シミュレータ指向であるか」という観点から二次元にマッピングしています。

非現実指向が一番高いのが小林エリカ、両方ともに全く低いのが志賀直哉菊池寛といったところです。

 

相模女子大学教授の高木信さんが書いている文学界の情勢では面白い指摘がありました。

文学研究者、思想研究者たちの新型コロナウイルス流行に関しての反応が非常に早いことが特徴的だということです。

これは、東日本大震災後の福島原発事故についての状況とは明らかに大差があります。

震災と原発事故ではあまりにも圧倒的な状況に皆失語症になってしまったかのようだということです。

それに対し、コロナウイルスでは人々の周囲にウイルスの影がびっしりと取り巻いているにも関わらず、その死者たちの姿は全く見えず(亡くなった方々も骨になるまで会えませんでした)、それが文学の働きを強めたのかもしれません。

 

平安時代にも繰り返し疫病流行が起きました。

それは身分の上下を問わず、最高位の貴族たちにも容赦なく襲い掛かりました。

清少納言枕草子には、「病は」という項目があるのですが、その中には「もののけ、胸、脚気」といった記述はあるものの「疱瘡、飲水病(糖尿病)」は全く触れられていません。

それらの病で清少納言の仕える中関白家の重要人物が亡くなり、結局はその家の没落につながったということがその記述に影響を与えたのではないかと推測しています。

 

現代歌壇でも短歌では多くの歌が疫病を扱っているようです。

しかし俳句ではそれがほとんど見られません。

やはり季節を扱う俳句では病気は詠みにくいか。

それでもいくつかはあるようで、

マスクせぬ春あけぼのの早出なる

咳すれば彼方此方の目をあつむ

といったものが見られたそうです。

 

 

確定申告の場で「ボイコット」などと言っても通りません。なぜ簡単にできる「自民党に投票しない」ができないのか。

時あたかも納税の確定申告ですが、その場になって「確定申告ボイコット」などと言う声が上がっています。

news.yahoo.co.jpもちろんそれはあのパー券裏金問題から始まり、その裏金収入は脱税ではないかという当然の事実に皆が気づいてきたことから来ています。

 

しかし、議員たちがそのような行動を取っていても、自分たちの選挙に何の不安もないからこそこういった事態になっているわけです。

もしも、少しでも汚い行為をすればすぐに選挙に落ちるような国であれば議員や候補者たちも絶対にそういったことはできません。

 

なぜそんなことができるのか、そしてやったことがばれても平気でいられるのか。

そういった厳しい批判をする人はごく一部であり、次の選挙での当選に何の不安も抱いていないのでしょう。

 

自らの納税申告で議員たちの脱税行為を引き合いに出してボイコットなどということは何の意味もありません。

次の選挙では絶対に自民党をつぶす、それは可能なことだししなければならないことでしょう。

 

半導体製造会社台湾TSMCの熊本工場開所式

世界的な半導体製造会社台湾のTSMCの熊本工場が完成し、開所式が行われました。

1兆円以上の投資額だそうですが、そのうち4000億以上は日本政府から出ています。

kumanichi.com

TSMCの日本第二工場も熊本県に進出予定とのことで土地の取得が進められるようです。

そちらでは日本政府からの支出がさらに多くなるようです。

 

経済効果が何十兆とも言われていますが、良いことばかりではありません。

周辺の交通渋滞は大変なことになっているということは熊本ローカルニュースでは繰り返し報じられています。

まあしかし、これは道路整備でなんとかなるでしょう。

ところがもっと不安なのが地下水です。

mainichi.jp熊本は豊富な地下水が得られるのですが、それでも大量に使用した場合の影響は不安があります。

今回の工場立地の菊陽町阿蘇からの地下水も含めて熊本市方面に流れていく水域に当たります。

ここで地下水が減少した場合は熊本市も含めて水量減少の不安があります。

現在の熊本市では上水道の100%を地下水に頼っており、もしも地下水減少ということになれば影響は大きいでしょう。

 

それを少しでも補おうということで、冬期も水田に水を貯めて地下への浸透を図るなどといった対策も始められています。

しかしそんなもので補える量なんでしょうか。

 

工場の排水の影響もあるようです。

排水処理まで工場が行わないのでしょうか。

まあそれほど排水が汚濁するような業種ではないと思いますが、それでも量が多すぎるのが不安でしょう。

 

どうも金に目がくらむと不安要素に目が向かないところが、特に政府や自治体には強くあるようです。

大丈夫なんでしょうか。