爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

豪雨あれこれ

熊本県南はようやく小康状態となり、今は晴れ間も出て暑くなっています。

しかし、梅雨前線は南下しているため、梅雨明けまでには少なくとも一回はまだ雨が降るのでしょう。

 

列島沿いに長く前線が伸びているため、あちこちで豪雨となり、岐阜県や長野県で大雨特別警報が出る事態となってしまいました。

数日前には長野の叔父からお見舞いの電話を貰いましたが、今度はこちらから電話しなければいけないかどうか、状況を見て考えなければ。

 

このような気象災害が出てくると必ず見られるのが「温暖化による気候変動のため」という言葉です。

そんなことを言わずとも、災害に備えると言えばよいのに、自説を述べなければ気が済まないのでしょう。

しかし、温暖化などはまったくなかった時代から、日本列島には各地で数えきれないほどの気象災害が発生していました。

こういったことは忘却の彼方に行ってしまったのでしょうか。

私の手元には当地の郷土史家、名和達夫さんという方がまとめた「八代地方の災害史年表」という小冊子があります。

昔の古文書や諸機関記録などをまとめた労作で、この地にどのような災害があったのか、分かる範囲で詳述されています。

その中で、昭和20年頃からの豪雨災害だけを拾っても数えきれないほどのものです。

昭和21年5月から6月、豪雨が県下を襲い熊本市世安橋流出、不知火町でがけ崩れ

昭和22年7月、球磨川大洪水で八代市遙拝堰損壊

昭和23年7月、豪雨で県下の水田3500haで田植不能

昭和24年8月、台風の豪雨で球磨盆地では400-600mm以上の降雨となり浸水

昭和28年6月、県下に豪雨、熊本市を中心に死者537名の大水害となる。(626水害)

 

等々、毎年のように豪雨で災害が起きています。終戦直後の何もない時、まさか温暖化が進んでいたとは言えないでしょう。

当時は堤防などの防災設備が整っていないとも言えるかもしれません。

しかし、現代では当時は建物もなかった川や海の直近にまで家などを建てるという危険状態になっており、それほど状況は違わないのかもしれません。

 

 

今回の熊本県南水害では、あまりにも水位上昇が速すぎたため、逃げることもできずに家に取り残される人が続出、またもヘリコプターの救助待ちという事態が頻発しました。

そうなるとまた「早目の避難」という声が高くなるのでしょうが、コロナ禍の中でなくても避難所の少なさは隠しようもありません。

それを思えばなかなか避難所に向かう決断ができない場合も多いのでは。

例えば、今回も八代市では市内全域の12万人あまりに「避難指示」を出しましたが、もちろんそれだけの人数を収容する避難所などあるはずもありません。

私の住む地域も人口は5000人以上だと思いますが、そこにある避難所の収容人数はせいぜい100人程度でしょうか。

そもそも避難所に入れるはずもないのに、それで実際に被災したら「避難所に行かなかったのが悪い」となるのでしょうか。

 

 

なお、当地の避難所の多くは「コミュニティーセンター」となっています。

数年前までは確かこれは「公民館」となっていました。

中身はまったく変わらないのに名前だけ変えたのですが、その欠点が今回明らかになりました。

テレビの端の方に情報提示ということで帯状に文字が流れるのですが、これまでなら「松高公民館」の5文字で済んでいたのが、「松高コミュニティーセンター」となって一つの画面に入りきれないほどになりました。

情報の伝達量を妨害するような事態です。

こんな、カッコばかりの名前にする必要がどこにあるのでしょう。

 

もう愚痴ばかりの「あれこれ」になってしまいました。

「江戸・明治 百姓たちの山争い裁判」渡辺尚志著

かつては農村の周辺の山と言うものは、非常に重要なものでした。

そこで取れる枯れ枝などは薪として燃料とし、下草は田畑にすき込んで肥料とし、間伐した木は炭に焼いて換金しと、農村の生活を支えるためには無くてはならないものでした。

研究によれば、田畑の農耕地の5倍から10倍の広さの山がなければ運営できなかったとも見られています。

しかし、たいていの農村は山を境界として隣の村と接していたため、その山のどこまでが村の権利が及ぶかということは常に紛争の種でした。

江戸時代より前の時代では、村が直接暴力に訴えて解決ということも多かったようですが、徐々に権威に訴えて決着をつけようということになります。

本書では、江戸時代を中心にして各地で起きた山争いの裁判の様子を当時の史料をもとに説き明かしています。

 

農村で生活していくには不可欠であった山野は、江戸時代には個人所有のものはあまりなく、多くは隣接した一つの村、または複数の村で共同所有し利用することが一般的でした。

これを入会地(いりあいち)と呼びます。

一つの村だけの入会を村中入会(むらじゅういりあい)、複数の村での入会を村々入会(むらむらいりあい)と言いました。

これらは共有財産の利用であったので、様々な規則が設けられました。

利用期間を区切ったり、草や木の採取に使える用具を指定したり、採取量を制限したりというものです。

そして、その規則に違反したものには厳しい罰則も決められていました。

重いものでは耳を削いで村を追放するという場合もありました。

 

複数の村の境界にある山の使用をめぐっては、双方の村での争いが起こりやすく、中世までは村の自力(暴力・武力)により解決をはかりました。

しかし、徐々に紛争解決の工夫が重ねられました。

湯起請(ゆぎしょう)と呼ばれる、双方の代表者が熱湯に手を入れ、火傷しなかった方が勝訴とか、鉄火起請(てっかきしょう)という焼けた鉄棒を握り火傷するかどうかで決めるという、今から見ると残酷な方法での解決も行われました。

このような農村と山との関係は、徐々に戦国大名が支配を伸ばすと領主に形式的に所有権を献上し守ってもらう「立山・立林」、そして江戸時代になると藩に同様に献上する「御林」という形態になります。

いずれも、所有権は武士に任せても利用権を農村が確保するということになります。

 

その後、江戸時代も初期を過ぎ幕府や藩の支配が安定してくると村同士の山争いも裁判に訴えて解決を図るようになります。

本書では、信濃の国松代の真田家の文書として残っている、山争いの裁判の記録と、出羽の国村山の百姓伊藤義左衛門が残した文書を基にした裁判の記録から、山争いの実態を描写しています。

裁判を開いた藩や幕府もあまり解決の意志が無かったのか、裁判は長期化し関係者の負担も非常に重いものとなり、代表となった名主も費用に困窮したという実態がつづられていますが、それでもこの裁判に敗けて山の使用権が無くなれば村の生活が成り立たなくなるということから、粘り強く当たっています。

そのため、勝訴した場合の担当者は神社に神として祀られることもありました。

それほど農村にとって周辺の山は重要だったのでしょう。

 

明治維新の後、明治政府は所有者のはっきりしない入会地などは政府が官有地としてしまうという政策を取ります。

これに対し、農村ではこれまで通り所有権はどうでも使用はできるだろうと楽観し、それに対しては反対はしなかったのですが、政府は官有地への立ち入りも禁止するということになりました。

それに対し農村の反発も強く裁判も起こされたのですが、民有地として認められた例は少なかったのでしょう。

徐々に山林の重要性も薄くなりましたが、その結果が今のような山林の荒廃につながったことになります。

 

なお、本書の主要な本題とは少し離れますが、当時の山林の状況について書かれているところは参考になります。

現在では多くの山は森林で覆われていますが、かつてはそうではありませんでした。

農村に近い山々は草の採取のために高木は伐採し低木や草地としていたそうです。

木の繁茂を防ぐための野焼きも広く行われていました。

草を常に取り去っていたために近畿では里に近い山ではほとんど木も草もなくなる禿山になるところが多くなりました。

明治になり野焼きの禁止、採草の禁止、植林といった事業が進められ、ようやく山林が戻ったというのが真相です。

 

現在では宮崎県の山間部にわずかにみられる「焼き畑農業」ですが、かつては広範囲に行われました。

焼き畑とされるのも村の共通利用地の入会地でした。

話し合いでどこを誰が焼き畑にするかを決めて実施していたようです。

焼き畑農業は原始的な形態だと考えられがちですが、実はそうではなく近代の秩序で行われるものでした。

実施するのも困窮した下層農民ではなく、余裕のある上層農民であったようです。

飛騨の国白川郷での焼き畑の推移をみると、初期は江戸時代前期の元禄期までですが、小規模で面積も少なかったようです。

それが徐々に規模を広げ全盛期は明治時代後期でした。

これは全国的に見られるものでした。

 

農村における周辺の山の利用というものは重要なものであったということが良く分る本でした。

 

江戸・明治 百姓たちの山争い裁判

江戸・明治 百姓たちの山争い裁判

 

 

”賀茂川耕助のブログ”より、No.1292インフラの老朽化

日本ではあまり大きくは報じられませんでしたが、5月にアメリカで老朽化したダムが2つ決壊したそうです。

賀茂川耕助のブログ」では日本に先んじてインフラ老朽化が進んでいるアメリカの状況と、日本の行く末について語っています。

kamogawakosuke.infoダムは1924年建設のものということで、すでに100年近く経過しているのですが、老朽化が進んだとして2018年には発電も停止されていたとか。

 

トランプ大統領はインフラ投資をすると公約していましたが、それもほとんど手を付けられることがなく、危険なインフラはそのまま放っておかれています。

 

アメリカでは大恐慌のあとの経済復興のためもあり、1920年代から1930年代にかけて多くのインフラが建設されました。

しかし、その後の必要な維持整備が行われず、多くが老朽化し危険な状態となっています。

 

日本ではそれよりは30年ほど遅れ、高度成長期以降に大規模なインフラ整備が行われましたが、きちんと整備が行われていないのはアメリカ同様です。

すでに事故も少しずつ起きていますが、これから続出することになるのでしょう。

 

「難解言葉にクイズで挑戦」青木雨彦編

クイズ形式で漢字や言葉の問題を出して、知識を身に着けさせるという本はいくらでも出ていますが、これはコラムニストで有名だった青木雨彦さんの編ということで、少し趣も違うものになっています。

 

なお、本書発売は1989年ですが、そのすぐ後の1991年に青木さんがご逝去されています。

 

とはいえ、やはり本の作りは気軽な読み物風、読者の興味がつなげるような身近な話題にからめて言葉の知識を伝えるというものです。

 

たとえば、職場で入ったばかりの新入社員が間違えそうな字はどれだ。

「名儀を変更する」「遺感の意をあらわす」「無暴な行為に走る」「それは本末転到だ」といった感じです。

(分かりますよね)

 

なお、30年前の話ですがいまだに同様の問題が起きているのが「混ぜ書き」です。

取り上げられている例が「そ上好調で豊漁を期待」という文章で、これではなんだか意味が分からないと批判されています。

これはもちろん「遡上」の意味で書かれているのですが、漢字の制限の問題で使っていないわけです。

(当時は常用漢字

さらに「三井物産の所長ら致される」という文も引用されています。

これは「拉致」の意味で使ったのでしょうが、「三井物産の所長ら」が「致される」(いたされる)とも読めるため、非常に分かりづらいものとなっています。

漢字制限があるのはある程度仕方のないことですが、それならば「別の言葉をつかえ」というのが本書の立場です。

これが当然の主張だと思いますが、それは30年経っても直っていません。

 

さすがに、当時の「新語」「流行語」「若者ことば」はすでに今では古臭いというものになってしまいました。

最先端の言葉として紹介されているのが次のものです。

「hanakoさん」「ソース顔」「ボディコン」「マスオさん現象」「ディンクス」「朝シャン族」「アブラギッシュ」

時代は移り変わるものです。

 

 

小池百合子都知事再選、ネットジャーナリズムと「普通の人々」の意識の差か。

東京都知事選で現職の小池百合子が再選、それも大差で対抗候補がすべて一本化しても届かないというものでした。

 

小池知事の問題点についてはネットでは多くの批判がなされていたために、この結果に対してもマイナス評価が多いようですが、その中で「普通の人々」の感覚について語っていたものがありました。

ノンフィクションライターという石戸諭さんという方の記事です。

president.jpいろいろな点をとらえて小池百合子を批判している人々が多数いますが、彼らはそれで小池に票を投じる「普通の人々」が見えていないということです。

 

これは、百田尚樹を批判することと同じようなもので、確かに批判すべきことは間違いなく存在するものの、「彼を支持する人々」も多数存在することが見えていないとしています。

 

ただし、この記事は百田現象、小池現象を分析してみせていますが、だからどうすれば良いのかということには触れていません。

 

このままで良いはずはないのですが、それでは何を見せられても深く考えずに居る「普通の人々」の目を覚まさせるように努力すべきなのか。

学歴詐称や政党渡り歩きといった「過去の問題」ではなく、現実の東京都政の欠点を指摘し続けるべきか。

おそらくそれをしても同様でしょうが。

まさに今起こり続けているスキャンダルをいくら指摘しても、自民党を支持し続ける投票行動をする人々が多数を占めるのと同じことでしょう。

「感染症と文明 共生への道」山本太郎著

今まさにウイルス感染症が世界を覆っているかのような時ですが、この本はそれを扱っているわけではありません。

出版は2011年、SARSまでは内容に含まれています。

著者の山本太郎さんは感染症学が専門のお医者さんですが、実際に感染症対策でアフリカなどにも出かけているという、理論ばかりではない方のようです。

 

人類の歴史では、ある限られた地域に新たな感染症が入り込むことにより多くの住民が死亡しその文明自体が崩壊してしまったということが何度も起きています。

1846年のフェロー諸島における麻疹の流行、1875年フィジー島でも麻疹の流行など、大きな悲劇が記録されていますが、古代から見ていけばさらに多くの例が見られます。

 

人類は約1万年前に農業を始めて定住し始めるまでは、狩猟採集生活をしあちこち移動して暮らしていました。

その当時はせいぜい数十人のグループで集まって生活しており、また一か所にとどまらずに獲物が居なくなれば次の場所に移動ということを繰り返していました。

そのような社会では、感染症というものがほとんど見られません。

わずかに、人畜共通感染症炭疽症とボツリヌス症の痕跡は見られますが、それ以外の感染症寄生虫病は無かったとみられます。

これは、ウイルスや細菌、寄生虫といった病原生物の生命サイクルを維持するためには人間の集団があまりにも小さすぎたためです。

当時の人々は、栄養は不十分であったかもしれず、また狩の際に負傷することもあったでしょうが、病気はあまりかからなかったと考えられます。

 

人類と感染症の関係において大きな転換点となったのは、農耕の開始、定住、野生動物の家畜化でした。

農耕を始め、家畜を飼い、そして一か所に定住することで人類は非常に急速に人口を増やしました。

農耕以前には全世界で100万人程度であったものが、あっという間に2ケタ上昇し紀元前500年には1億人に達しました。

 

このような環境で、新たな感染症がどんどんと出現してきます。

動物の家畜化により、動物のウイルスなどが人間に感染するようになりました。

天然痘はウシ、麻疹はイヌ、インフルエンザは水禽、百日咳はブタに起源があります。

さらに定住して一か所に多くの人々が住むようになったため、こういった病気が流行するということが起きるようになりました。

このような病原体にとっても新たな環境を与えられて多様化が進み進化したと言えます。

 

メソポタミア文明黄河文明インダス文明それぞれにその地域特有の感染症が流行していますが、それで根絶やしになるわけではなく、やはり人間の方でも耐性が強いものが出現し生き残っていきます。

さらに文明相互の交流が始まると、「疾病交換」という感染症流行が起きますが、これもそのうちに免疫が獲得されなんとか続いていきます。

ただし、こういった文明の周辺の未開地の人々は、文明人の侵略を受けると軍事的にも攻撃されるとともに、侵略者たちからの感染症に罹患し、それが原因で滅亡するということが多かったようです。

その大規模なものが、アメリカ大陸へのヨーロッパ人の侵攻時にも起きました。

 

しかし、近代になってからのヨーロッパからのアフリカ侵略の際には、人類がまったく知らなかった疾病との遭遇があちこちで起き、ヨーロッパ人の侵略者の多数の生命が奪われました。

ヨーロッパ各国は植民地は獲得したいものの、その先兵たちが次々と死亡していくことに苦慮し、ここに「帝国医療」「植民地医学」というものが発達します。

初期のノーベル医学賞の受賞者を見ると、この人々に数多くの賞が与えられていることが分かります。

1902年、マラリア原虫の生活環を発見したロナルド・ロス、1905年、ロベルト・コッホ結核の研究、1907年にはマラリア原虫発見のラヴラン、1927年のヤウレックはマラリア接種の治療効果等々です。

日本の野口英世の黄熱病研究もこの一環でした。

 

抗生物質の発見、そしてワクチンの開発によりこういった感染症は根絶できるかのように見られた時もありました。

しかし、相手もどんどんと進化していきます。

耐性菌、耐性ウイルスが出現しこういった薬も無効になっていきました。

さらにこれまでは人間が入らなかったようなところにまで入り込むようになることで、知られていなかった感染症が流行します。

 

一方で、大流行していた感染症がいつの間にか消えてしまったということも起きています。

16世紀までヨーロッパで流行した粟粒熱、1950年代まで東欧を中心に発生した新生児致死性肺炎、1950年代後半に東アフリカで流行したオニョンニョン熱など、その後患者が発生しないものもいくつもあります。

 

どうやら、こういった感染症は様々な病原体により発生しますが、その病原体も進化により変化を重ねているようなのです。

感染力が低くそのうちに消えてしまうというものもありますし、人間に適応して定期的に流行を繰り返すものもあります。

そして、人間に過剰に適応することにより病原体が消えてしまうということもあるようなのです。

どうやら、人間と病原体とが「共進化」しているようです。

病気を引き起こすことがなければ、いくら人体の中で増殖していても気になりません。

そういったところまで進化してしまえば、安定的に存在することができるようです。

 

今回のウイルスもどういう経過をたどるのでしょうか。

 

感染症と文明 共生への道 (岩波新書)

感染症と文明 共生への道 (岩波新書)

 

 

「内田樹の研究室」より「トランプとミリシア」

ミリシアすなわちアメリカの武装市民のことですね。

 

反人種差別のデモが暴動化することもあったため、トランプが州兵だけでなく連邦軍も動員して取り締まろうとしたものの、多くの人々から批判されて取り消したのですが、そのへんの事情について内田樹さんが解説しています。

blog.tatsuru.com

アメリカの陸軍は世界最強ですが、憲法上は常備軍は持てずに一定期間で解散しなければならないという話は前にも聞いたことがありました。

もちろん現状は完全に常備軍に変質しているのですが、憲法の理念は生き続けており、圧制をする政府に対して立ち上がる武装市民(ミリシア)がアメリカ陸軍であるという建前は変わっていないということでしょう。

 

そして、米軍人も自分たちが「武装市民」であり、「権力者の私兵」ではないという意識を持っているということです。

このために、トランプがあたかも自分の権力を守るために軍隊を使おうとしたことに対して、軍人などは強い抵抗感を持ったということなのでしょう。

 

ただし、これは何があろうと変わらない市民の銃所持とも関わります。

良いとばかりは言えないことでしょう。