爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

「仮定の問題」と政府公式発表

オリンピック開催をめぐる話ですが、「政府公式発表のあり方」の方向から考えてみます。

 

国民の大多数が今年夏のオリパラ開催には疑問を持っているにも関わらず、相変わらず政府や東京都、オリンピック組織委員会IOCなどは開催以外の可能性はまったく考えておらず、開催準備に邁進しているという公式発表を繰り返しています。

mainichi.jp

この時期になって、そんなはずもないことは誰にでも想像できます。

 

というより、「色々な可能性についての対応策はすべて考えておく」のが責任ある立場の者の最低限の義務であると言えるでしょう。

 

それにも関わらず、公式発表としては「開催以外考えていない」としか言わないのはなぜか。

 

おそらく、開催責任のあるものが「中止の場合も考えている」と発表するということは、多くの人々に動揺を与えるからという危惧を持っているからでしょう。

 

しかし、これは国民には冷静な判断能力が欠けていると言わんばかりの態度であり、国民をはなはだしくバカにした見方と言わざるを得ません。

 

正直に「いろいろな可能性をすべて考慮し、どうなってもしっかりと対処できるように検討を続けている」と言うのに対し、

「開催以外は考えていない」と言いながらその場になって「やむを得ず中止します」と一言で済ませるのと、どちらが公正で理知的な態度と言えるでしょうか。

それは明らかでしょう。

 

オリンピック開催問題だけでなく、最近の政府発表はすべてこのような意識が見え隠れしています。

前のアベ政権は国民を見下し、その判断力はほとんど無いと見なしているかのような対応を続けていました。

それである程度の成功を収めたことを見習ってガースー政権も同じ態度を取っているのでしょうか。

 

(というのは、私の「公式発表」です。それがある程度上手く行っているのはその程度の国民だからというのが「内緒の話」です。)

 

「敗北を抱きしめて 下」ジョン・ダワー著

太平洋戦争での日本の敗戦から、占領時代に何が起きたのか、豊富な資料と洞察力で明らかにしたダワーさんの「敗北を抱きしめて」上巻に続いて下巻も読みました。

 

上巻では、敗戦当時の人々の心情や生活などをまとめていましたが、この下巻では占領軍と天皇が何をしたのか、ペテンだらけの東京裁判、そして占領政策が大転換してそれが現在まで影響を及ぼしているといった点について書かれています。

sohujojo.hatenablog.com

第4部は「さまざまな民主主義」と題されていますが、章ごとの副題を見れば言いたいことは明らかです。

天皇制民主主義、憲法的民主主義、検閲民主主義。

占領軍の占領政策の都合で天皇の戦争責任は免責と決められ、それに沿ってすべての政策を調整していったのが明確につづられていきます。

また日本国憲法GHQの一部の人々によってわずかな期間で作られた過程。

それはその担当者たちの理想を形にしたものでした。

しかし、占領政策共産主義の圧力によって完全に形を変えた時にはその憲法が邪魔になりました。

吉田茂朝鮮戦争に日本人を30万人従軍させるように強要された時にその憲法を十分に使ってアメリカを翻弄しました。

また、検閲のひどかったことは戦争中の日本政府以上だったかもしれません。

最初は封建的な記述やかつての愛国主義などが対象だったのですが、これも逆コースとなるにしたがって左翼的な記述なども含めて広範囲に検閲の網を張るようになります。

 

第5部では戦争犯罪法廷、いわゆる東京裁判について記述されています。

BC級裁判はこれまでも裁かれていた一般的な戦争犯罪、捕虜虐待や民間人虐殺といったものを対象とし、東南アジアなどの現地で開かれましたが、多くの日本人が死刑となったもののまともな記録が残っていない場合が多く、実態が不明確な場合もあります。

それに比べ、A級戦犯と呼ばれた人びとを裁く東京裁判は、これまでの戦争犯罪法廷とはかなり異なるものでした。

一歩先に行われたドイツにおける同様の法廷、ニュルンベルク裁判ではナチスがいかに「平和に対する罪」を組織的に犯していたかを立証し、裁きました。

しかし、日本ではそのような「平和に対する罪」を誰が犯していたのか、非常に分かりにくかったのです。

そもそも逮捕され起訴されたのは戦争中の政府や軍部の指導者ですが、彼らが組織的に平和な外国に侵略していったのかどうか立証は困難です。

 政府の統率力などほとんど無かったのは明らかですが、大統領の権限が非常に強いアメリカ人には政府が機能しないということなど信じられなかったのでしょうか。

 

実際にA級戦犯として誰を起訴するかということも、占領軍の政治的恣意が働いたということは明らかです。

ジョセフ・キーナン首席検察官自身が冒頭陳述で「被告たちはある意味で一つの階級あるいは集団の代表であり、個人に対しての興味はない」と明言していました。

誰かの戦争犯罪を裁くということではなく、日本の政府、軍部としての集団を裁くということであったのでしょう。

 

東京裁判の判事にはアジア人からも三人加えられました。

もともと判事は9人でその中には連合国の一員としての中国人1人を含むはずでしたが、植民地の事情が左右してインド人とフィリピン人が一人ずつ加わりました。

その時点ではどちらもまだ独立を果たしておらず、非独立国を代表する形になりました。

そして朝鮮人東京裁判にはまったく関与することはできませんでした。

そのことが、この裁判が勝者の裁きであり大きな変則性を持つことを示していました。

この戦争はアジアの独立した自由国家の間で戦われたわけではなく、植民地主義を掲げる大国の間で戦われたということです。

インド人のパル判事はその矛盾について告発しました。

彼の意見はようやく占領終了後になって発表されましたが、パルは日本の行為を許したわけではありませんが、戦争は日本の特殊な侵略性向にあるのではないということは主張していました。

 

最後の第6部には日本の再建というものが占領政策からどう影響されたかについて書かれています。

驚異の復興を遂げたと言われる戦後日本ですが、そこにも占領政策が大きく影響していました。

さらに、朝鮮戦争が特需をもたらし復興の引き金となったのも事実です。

しかし、その歪みというものも十分に受け継いだままのものであったようです。

 

非常に深い洞察で書かれた日本戦後史でした。

 

敗北を抱きしめて〈下〉― 第二次大戦後の日本人
 

 

 

八代市内で新たにくまモン5体発見。

ちょっと用事があって八代市役所に行ったついでに、八代城址周辺を歩いたところ、くまモンを5体(人?匹?)発見しました。

市内には全部で54体設置してあるということですが、あとはどこに居るんでしょうか。

 

f:id:sohujojo:20210125090240j:plain

今日見つけた中ではこれが一番大きいもの。

 

f:id:sohujojo:20210125090552j:plain

お城周辺にはこういった小さいものがいくつか。

 

中国からのクルーズ船観光客のために作られたようなものですが、昨年初めからまったく来訪はなくなりました。

いつになったらあの状況が戻るのでしょうか。

 

 

「内田樹の研究室」より「中国はこれからどうなるのか?」

内田樹さんの「研究室」では、月刊日本という雑誌?からの取材のインタビューで答えたものを掲載されていました。

何でも、本に収められたものは編集されたものだということで、自分で記録していたロングバージョンの方を披露するということです。

 

その内容は「中国はこれからどうなるのか?」

 

blog.tatsuru.com

まず述べられているのは、現在の習近平体制が思ったほど盤石ではないということです。

 

中国古代からの伝統的な政治姿勢で、「王道」と「覇道」というものがあり、まあ言ってみれば力で押さえつける覇道に対して徳治を重んじる王道というところですが、内田さんも覇道路線丸出しだったアメリカに取って代わるには中国は王道を歩むべきと思っていたのが、香港や新疆ウイグルで力で押さえつける態度を取っていることを注目しています。

そして、これは習近平体制が安定とは程遠いからではないかという分析をしています。

 

次いで、中国の今後の課題です。

 

中国の一番の弱点が人口動態です。

一人っ子政策」はかつての中国の弱体な基盤を何とか立て直すために絶対に必要なものだったのですが、ここに来てその負の影響が噴出することになりました。

これから急激に高齢化が進み、生産年齢は減っていきます。

しかも、一人っ子政策実施中には女児を堕胎し男児だけを産んだという現象が起きたために、圧倒的に男子人口が多い、ということは結婚もできない男性が非常に多いということです。

そのため、少子化現象は人口動態以上に激しく起きるということです。

中国は年金制度などはほとんど機能しておらず、これまでは家族での扶助のみだったのですが、頼るべき家族も居ない独身高齢者がどんどんと増加するということです。

 

さらに中国の国際戦略についても話が進んでいます。

中国では伝統的に「西」重視、「東」は無視または軽視という態度を取ってきました。

それは現在でも同様で、中央アジアに関心が向き、東の海側はそれほど気にしていないとか。

尖閣諸島をめぐって強硬姿勢を取っているように見えますが、それは日本に合わせているだけでそれほど重要視していないということです。

なお、日本がアメリカとの同盟重視で中国への姿勢を決めているのは、危険なことだということです。

韓国、台湾、香港、そしてASEAN諸国との連携を深めて対中国の連携を取っていくことが必要だとしています。

 

最後に内田さんは「漢字文化圏の再構築が東アジアに平和と安定をもたらすと思っているがなかなか共感してくれる人がいない」と書いていますが、私は共感します。

学校教育で「できる子」と社会で活躍できる人との乖離。「研究職ママの子育ち日記」より

情報関係の研究職として働きながら小学生と保育園の2人のお子さんを育てているという、「研究職ママ」さんの「子育ち日記」というブログが非常に参考となるためによく拝見しています。

 

そこで触れられていた話題が興味深いものでした。

selfmanagementforkids.hatenablog.com

さすがに理系研究者とあって、その分析も合理的なものです。

それによれば、「勉強ができる」と「社会で活躍できる」にはギャップがあり、両方ともできる人、両方ともできない人というのは分かり易いのですが、それ以外にどちらか一方ができても反対ができない人がかなり居るようだということです。

そして、その分かれ道は高校までの教育(大学教養課程を含む)であり、大学で研究室に入ってから愕然とするとか。

 

 その理由についても分析してあり、「答えのある問題のみを扱う」のが学校教育でそうではないのが社会での問題解決だということです。

この二つには対応能力にかなり差があるようで、それが「学校ではできる子が社会では使い物にならない」ことが頻発する(その逆も同様)理由なのでしょう。

 

そして社会で役立つ能力としても研究職ママさんは提示しており、それは「試行錯誤能力」と「社会性」だということです。

その先は連載で次回に掲載されるということですが、それを待たずに自分の考えだけを表してみます。

研究職ママさんの今後の展開があればまた触れてみますが、以下は自論の披露となります。

 

 

 

こういったことはよく言われることですがそれではどうすればよいかということはそれほどはっきりとしたことではありません。

学校でも社会活動に役立つような教育をすればよいのか?

普通に考えればこの方向での教育改革が必要ということでしょう。

 

そう言えば現在では悪評しか残っていないような「ゆとり教育」も方向性としてはそれを目指していたと考えられます。

方法として妥当だったかどうかは疑問ですが。

ごく一部の大学などで「即戦力教育」と称して行われているようなものを初等教育から取り入れるのか。

これは、アメリカで行われている大学教育ともつながるものがあるのでしょう。

これらが本当に社会の実践に役に立つものかどうかも不明ですが、方法も含めかなりの検証が必要でしょう。

 

なお、考えてみればかつては商業学校や工業学校で職業教育が行われていました。

これこそまさに「社会に出てからためになる」教育だったのでしょう。

しかし現代の多くの職業に適したものとは言えません。

それではそういった職種に合う内容にした職業教育なら役立つのか。

これもちょっと成り立ちそうもありません。

より高度な経営、企画開発、研究などの内容を目指すとしてもそれに必要な要素が何なのか、本当に解析されているとも思えません。

 

もう一つ、学校教育の主となっている知識教育がその先の社会での活動に必要な教育の基礎となっているという考え方もあるわけで、これが現在の教育の基礎的な考え方かもしれません。

つまり、高校(および大学教養)まではそれから先の社会でも活躍できるような基礎知識を身につけるためのものであり、それを効果的に取得したものがその次の段階に有利に進めるということです。

これも一理あるものですが、ただし現在の日本の教育システムではこれの程度を偏差値として数値化しそれが本人の能力のすべてであるかのように用いています。

その先の能力取得が本当の価値であるのに、その前段階だけを判定している。

そこには大きな誤解があるということでしょう。

 

全然まとまっていませんが、研究職ママさんのブログも続きそうですので、それを見てからまたこちらも続けたいと思います。

 

「シルクロードをつなぐ昔話 中国のグリム童話」百田弥栄子著

ドイツのグリム兄弟が古代ゲルマンの民話や伝説をもとに童話集を刊行してから約200年経つそうです。

しかし、その中の有名な話とそっくりのものが中国各地の民話として残っているということはあまり知られていないようです。

 

本書著者の百田さんは長年にわたって中国各地で民話の収集を続けてこられていますが、その中にはグリム童話と同じパターンのものが多く含まれていました。

その中から、グリム童話の中の「長靴をはいた猫」「シンデレラ」「白雪姫」「狼と七匹の子ヤギ」「サルとカニ」に類似した民話をまとめてみたものです。

 

なお、百田さんの民話の収集範囲は中国全土に及んでいますが、本書で取り上げられたものはやはり辺地の少数民族のものが多くなっています。

しかし、いくつかは中央部の漢民族のものも含まれていました。

 

グリム童話の「長靴をはいた猫」という話は、粉屋の息子が猫の活躍のおかげで王女様の婿になるというものです。

中国各地の民話でもこのパターンのものが見られますが、その動物としては狐(モンゴル族ウイグル族)と兎(チベット族、チャン族その他)が活躍します。

この動物の相違は各民族の居住環境の中で特に賢いと見られる動物が選ばれているようです。

いたずらをしたその動物を殺そうとすると、「助けてくれれば王女様の婿にしてやる」と言って助けられ、思いもよらない活躍をするというあらすじはほぼ共通しているようです。

 

シンデレラはまさに「灰かぶり」という意味であり、そう呼ばれるべきなのですが、日本ではシンデレラと言う言葉の方が通用しているため、そのまま使っています。

その話の骨格は次のようなものです。

1,シンデレラの生母が亡くなり継母が迎えられて義妹が産まれる。(または連れ子)

2,シンデレラは継母にこき使われるが牛の援助を受ける。

3,シンデレラは継母の課す難題を果たして祭(婚礼、芝居など)に行く。

4,そこで王子(貴族、長者の息子など)に見初められる。

5,靴などの物に合致することで婚約する。

6,シンデレラは王子と結婚し、義母義妹は罰せられる。

 

これが「シンデレラ第1型」です。

これには中国の東北部から西南部までの広い範囲に11の民族の民話が残っているそうです。

 

ところが、中国にはこの第1型とは異なり、「めでたしめでたし」では終わらない「第2型」の方が多数残っていました。

こちらは、王子と結婚したシンデレラを義妹が訪ねて来るのですが、そこでシンデレラをうらやんだ義妹によってシンデレラは殺され義妹がそれになりすますということになります。

しかし、やはりシンデレラは蘇り義妹は罰せられるということになります。

こういった第2型のものが20民族に残っていたそうです。

 

このようにグリム童話とほとんど類似した民話が中国各地にも残っているのですが、どちらかがどちらかに伝わったのでしょうか。

中国の民話ははっきりとした成立年代は不明ですが、かなり古いもののようです。

グリム童話は200年前に書かれましたがその基になる話はそれより古いものでしょう。

何らかの関係はあるのかもしれませんが、明らかではないようです。

 

 

やっぱりワクチン接種は大幅に遅れる?

日本で現在準備が進められているのはファイザー社製のワクチンのみですが、その契約が結ばれたものの以前の基本合意からはかなり遅れるようです。

www.bloomberg.co.jp基本合意では6000万人分を6月末までにということであったのが、本契約では7200万人分と数は増えたもののその期間は「年内」ということです。

半年は先送りされたということでしょうか。

 

他の会社、アストラゼネカやモデルナも一応契約はあるものの、まだ日本での臨床試験も始まっていません。

当面はファイザーのみなのでしょうが、実際に接種が広く行われるのは相当先と言うことでしょう。

 

また、接種したからと言って効果が表れるかどうかも不確定です。

副作用情報は出るものの効果がどうかということは分かりません。

一応、できるようになればすぐにでも接種し、関西地方の孫に会いに行きたいと思っていますがどうなりますやら。