爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

「メイド・イン・ジャパンの食文化史」畑中三応子著

このところ、日本食(和食)を礼賛する風潮になっています。

和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたということもそれを強めているようです。

しかし、実際の日本の食というものはその「和食の特徴」とはまったく逆とも言える状況です。

「多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重」「栄養バランスに優れた健康的な食生活」「自然の美しさや季節の移ろいの表現」「年中行事との密接なかかわり」などと言われても、それらを捨て去って世界中の美味しそうな食べ物を貪欲に取り入れていくのが日本の食のように見えます。

 

著者の畑中さんは、近現代の日本の食を情報誌などの編集者として調べていき、その後食文化研究家となったということで、このような「和食」とは相容れないかのような日本の食文化というものについては、よく知っているがために疑問も持っているようです。

 

日本の食というものについて、明治の頃からの様々な歴史を振り返り、「メイドインジャパン」の食を探っていきます。

 

 

いつの間にか、「国産」というのが最高のブランドのように扱われています。

定食屋などでも「当店のご飯はすべて国産米を使っています」と宣伝されています。

実は、自給率がもっとも高いはずのコメでもかなりの量の輸入米が流通しており、特にコストを絞る飲食店ではかなり使われているようです。

そんな中で、輸入米に不安を覚える消費者の心を見透かして「国産米」アピールがされています。

 

かつては、工業製品で「メイドインジャパン」が質が良くて壊れずしかも安いというブランド力を発揮した時代がありました。

しかし、製造業の凋落は激しく今では韓国産や中国・台湾産のものが多く流通するようになりました。

ところが、食材だけはいまだに「メイドインジャパン」が安全マークであるかのように受け入れられています。

これには食糧自給率が極めて低くなったことも関わります。

多くの食材は輸入であることが普通となってしまいましたが、いまだにその品質に対する不安感は根強いようです。

 

太平洋戦争敗戦のあと、農業生産は壊滅的に打撃を受け、それまで大量に移入していた旧植民地などからの食料輸入も途絶え、さらに海外から多数の軍人や引揚者が帰国したことで、食糧事情は極めて悪化しました。

1946年の都市部住民の摂取カロリーは実際には1200キロカロリー程度であったようです。

GHQに食糧輸入を申請したのが1945年10月だったのですが、その時には拒絶されました。

世界的にも食糧は不足していたためです。

しかし、翌年になると各地で食糧を求めるデモが相次ぎ、社会不安が起きました。

そのため、GHQも危機感を持ちようやく食糧供給の援助を開始しました。

ところが、その後アメリカ国内の穀物生産が回復していくとその消費先として日本が使われることになります。

それは、小麦を中心としてアメリカ産の農産物を大量に輸入させることでアメリカ農業の繁栄を図るものでした。

その結果、日本人の食の洋風化というものが加速されることになります。

 

もちろん、朝鮮戦争特需からの経済復興で日本人の消費力が回復してきたことも大きく、肉や酪農製品などを購入することも多くなったことも食の洋風化の大きな要因となります。

さらに、こういった食でタンパクや脂肪の摂取量が増えることはかつての栄養改善にもつながるとされました。

 

その後も続く日本の食生活の関する歴史の数々がいろいろと解説されていきますが、詳述はこの辺にしておきます。

項目だけあげておきますが「牛肉の市場開放」「粗食ブーム」「食中毒史」「狂牛病パニック」「食糧自給率」といったものです。

 

日本の食文化というものが、非常に多くの出来事から成り立っているということが分かりますが、あまりにも多すぎて本1冊では足りなくなるようです。

そのためか、ちょっとあちこちに話が飛び分かりづらくなってしまったかもしれません。

本3冊分くらいに別けても十分に書くことはあったようです。

 

〈メイド・イン・ジャパン〉の食文化史

〈メイド・イン・ジャパン〉の食文化史

 

 

熊本市慈恵病院理事長蓮田太二氏亡くなる

慈恵病院といっても知らない人が多いでしょうが、「赤ちゃんポスト」とか「こうのとりのゆりかご」というと聞いた覚えがあるのではないでしょうか。

2006年にこれを作った蓮田さんが亡くなりました。

 

this.kiji.is創設当時は批判も激しく、時の安倍首相からも非難されたのですが、蓮田さんは「母子の命を守る」ということを貫き、作り上げました。

最近では、「匿名出産」ということもやろうとされていました。

厳しい状況で出産に向かわなければならない人たちを何とか無事に産ませたいという一念だったのでしょう。

立派な一生であったと頭が下がります。

「ことばの地理学」大西拓一郎著

著者の大西さんは方言学を専門とする研究者で、とくに実際の方言が使われている現場を調査するフィールドワークを長くやってきたということです。

現役の方言研究者の中では方言分布図をもっとも数多く書いたうちだと豪語していますので、かなりの研究成果をお持ちのことでしょう。

 

それらの中から、特徴的なものをいくつか取り上げています。

 

「言わない」を「言わん」というように、動詞の否定形を「ナイ」とするのは東日本、「ン」は「ヘン」と言うのは西日本であるといわれています。

方言は京都と中心として同心円状に広がってきたという、方言周圏論という考え方を、柳田国男は「蝸牛考」という著書の中で提唱し、方言学の中では一定の支持を受けています。

しかし、「東西対決」というのはそのような方言周圏論とは両立しないもののようです。

 

さらに、否定形の分布図を詳細に見ていくと、山梨県で西日本タイプの「ン」形が分布していることが分かります。

静岡西部や長野南西部にも分布しているものの、山梨と直接隣接する静岡県東部や長野県中部は東日本型の「ナイ」です。

これが出来上がった要因には、富士川を通って甲斐の国に塩などの生活必需品を運んだ舟運の影響があったのではないかと言うのが著者の見立てです。

 

ただし、同じように海運が通じていた日本海側では、西日本側の言葉がそのまま広まっていったようではないと見られます。

これは日本海側を北上した北前船と、富士川などの舟運とは性格が異なるためではないかと言うことです。

 

最初に言及された柳田国男の蝸牛考については、最終章でも詳しく考証されています。

ここで、柳田はカタツムリの方言が九州と東北で似ているということから、方言周圏論を打ち出すのですが、本書著者の大西さんは、これまで方言研究を重ねてきたが「そのような同心円など見たことがない」と言います。

柳田は蝸牛考のなかで「細長い列島の両端にナメクジ、その内側にツブリ、その内側にカタツムリ、その内側にマイマイ、そして中心にデデムシがある」とのべ、同心円状に広がったとしています。

しかし、大西さんが詳細に作った全国のカタツムリ方言分布図では、たしかにナメクジが列島の両端に見られるものの、他についてはバラバラという印象です。

これを「同心円状に広がる」とはとても言えないということです。

そもそも、「同心円状に広がる」ためには、中心部すなわち京都のみで言葉の変化が起こり、それが徐々に外側に広がっていくということを示しているのでしょうが、実際には言葉の変化は全国各地でどんどんと起きてそれが隣り合った地域に広がったり、広がらなかったりといった動きをしています。

やはり周圏論というものは実際にはあまりにも単純化しすぎたものであるようです。

 

著者のもっとも業績を重ねてきた地域が長野県であるということで、父母の出身地がそこである私には懐かしい内容も含まれていました。

東西の言葉の境界に位置し、興味深い地域であるようです。

 

ことばの地理学: 方言はなぜそこにあるのか

ことばの地理学: 方言はなぜそこにあるのか

 

 

本日見かけた変な車のナンバープレート

自動車のナンバープレートには希望ナンバーを取ることができる制度があり、縁起の良いナンバーや語呂合わせ、自分の誕生日をナンバーにしてパスワードの候補を見せ廻っている車とかいろいろあるようです。

 

以前も、団地の周辺道路に常時違法駐車している車に「4188」(良いパパ?あるいは良い母)なんていうナンバーを付けている車があり、憤ったものですが、今日見かけたのは別の意味で不思議なナンバーでした。

 

希望ナンバーを取るといっても、つけられるのは大きな数字の4ケタのものだけで、一番上の車種を表す数字「3」とか「5」で始まる数字は付与されるもので、しかも希望ナンバーの場合はちょっと飛んだ数字になるので分かります。

 

その車のナンバーは「9090」

希望ナンバーであることは分かるのですが、何の語呂合わせ??

 

もしかして「くれくれ」つまり「ちょうだい、ちょうだい」って言うことなのか?

 

それだったらあまりにも下品なような気もしますが。

 

まあ実際にそういった生き方をしている人と言うのも聞いたことがありますが。

本当にそうなんだろうか。

ちょっと悩むナンバーでした。

 

近藤邦明さんの「環境問題を考える」で、温暖化の虚像批判。

いつも参考にさせて頂いている近藤邦明さんの「環境問題を考える」で、近藤さんが発表された「温暖化の虚像」という冊子の紹介がされています。

PDF版はネットでのダウンロードは自由ということです。

https://www.env01.net/fromadmin/contents/2020/2020_05.html#n1327

PDF版のアドレスは以下のものです。

https://www.env01.net/ondanka.pdf

 

スガ政権は二酸化炭素の実質的排出0を2050年までに実施すると表明しましたが、それに対する批判もされています。

 

近藤さんの主張と私の考えとは一部違うところもありますが、十分に参考になるものです。

特に、いわゆる「再生エネルギー」は全然再生していないといった話などはここから着想の元を頂きました。

二酸化炭素による温暖化防止」だけが真実と思い込み間違った方向に進むとかえって大幅に道を誤ることになります。

化石燃料からの脱却」ということは進めるべきなのですが、その先が問題です。

「ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌」神山典士著

全聾の作曲家として大いに持ち上げられていた佐村河内守が、実はそのすべての作曲をゴーストライター新垣隆に書かせていたというスキャンダルが世を騒がせたのは2014年のことでした。

その発端となった週刊文春の記事を書いた本人である、神山さんがその事件の全貌を描いたという本です。

 

神山さんがそれに関わるようになったのは、腕に障害がありながらバイオリンを演奏するという少女「みっくん」を取材するようになってからでした。

「みっくん」は佐村河内が弟子と称し、その曲を演奏することであちこちでコンサートを開いたりしていたのですが、佐村河内の指示がかなり横暴になったために、その両親(大久保家)も困惑していたということでした。

そして、色々な曲折はあったものの大久保家と共に新垣氏に会い、彼が18年間にわたって佐村河内の曲と言われているものをすべて作曲してきたという事実を知ることになりました。

新垣も佐村河内の活動がさらに社会的に大きくなっていくことで、世間を騙しているという自責の念が強くなり、作曲を断ろうとしていたものの佐村河内に強く頼まれて断り切れず、何とか解消したいという思いが強まっていたこととちょうどタイミングが合ったようです。

 

その後、神山さんは佐村河内や新垣の生まれ育ちから取材し、このような事件を起こすことになった経緯も含めてこの本を完成させました。

 

佐村河内守は広島の出身、その後「全聾」と称しますが、実際は若干聞こえが悪いといった程度で身体障碍者とも言えない程度のものだったようです。

何とか人の注目を浴びたいという欲が強く、高校卒業後は俳優になりたくて上京、しかしほとんど仕事もありませんでした。

さらに、バンドを作って音楽活動。

歌はそこそこうまかったものの音楽的な素養はほとんど無かったために大したことにはなりませんでした。

しかし、ちょうどコンピュータゲームがブームとなり、そこでゲーム音楽を作るという仕事に入り込み成功していったようです。

 

そこには新垣隆との出会いということもありました。

新垣は子供の頃から天才的な音楽の才能があると言われていました。

特に作曲では小学生の時からフルオーケストラの曲を書くことができるということで天才的なものだったようです。

高校から大学へとそのコースで注目はされていたのですが、ただしこのようなクラシックの作曲家と言うものがそれだけで稼げるような時代ではありませんでした。

新垣も収入もさることながら、演奏できる環境がほとんど無いことに焦っており、それをちらつかせる佐村河内に取り込まれてしまいました。

自分の名前が出なくても、その曲を大規模なオーケストラなどで演奏されるだけで満足するということになりました。

 

「みっくん」もそうですが、その他の障害のある子供などを使って、世間の同情を集めるように仕向けるという点でも佐村河内の嗅覚は優れたもので、そういった子供を探し旨い話をちらつかせ、売れる手段として使っていくというペテン師の才能は優れたものでした。

しかし、手なづけたつもりの子供が反抗したりするとひどく怒り出し凶暴な手段で対抗するといったことがあり、大久保家も佐村河内から離れることになり、そこからすべてがバレていくことになります。

 

ただし、本の中でも繰り返し触れられていますが、佐村河内のペテン師的な行動が発端ではありますが、それを取り上げもてはやしたテレビ局などの行動もこの事件を作り上げていった大きな要素です。

彼らが「佐村河内に騙された」と言い訳することはできません。

そこまで含めた「事件の全貌」ということなのでしょう。

 

 

オリンピックチケット払い戻し可能に

世界の人々のほとんど、日本人でも半分以上は実施に疑問を持っているだろう来年のオリンピックですが、会場はすべて今年の予定通りに使用可能となったということで、チケットはそのまま使うことができるとしてきました。

しかし、さすがに1年後では予定も違ってくるだろうということで、限定的ながら払い戻しに応じるということです。

東京オリンピック観戦チケット11月から払い戻しへ | オリンピック・パラリンピック | NHKニュース

 

ただし、どうも内容を見てみると、オリンピックについては11月10日ごろから20日間、パラリンピックチケットは12月にやはり20日間の間だけ払い戻し手続きを行うということで、極めて限定的であるようです。

 

これはどうかな。

ますます購入者の不安感を掻き立てることになりそうです。

相当数が払い戻しに殺到する予感がします。