爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

社会問題

勝手な教育論

数日前に「研究職ママさん」の書いた記事に触発されて「学校教育と社会的活動能力の差」について書いてしまいました。 (研究職ママ様、何度も勝手に引用して申し訳ございませんが、話の導入部として非常に面白いので使わせていただきました。ご了承ください…

「仮定の問題」と政府公式発表

オリンピック開催をめぐる話ですが、「政府公式発表のあり方」の方向から考えてみます。 国民の大多数が今年夏のオリパラ開催には疑問を持っているにも関わらず、相変わらず政府や東京都、オリンピック組織委員会、IOCなどは開催以外の可能性はまったく考え…

「敗北を抱きしめて 下」ジョン・ダワー著

太平洋戦争での日本の敗戦から、占領時代に何が起きたのか、豊富な資料と洞察力で明らかにしたダワーさんの「敗北を抱きしめて」上巻に続いて下巻も読みました。 上巻では、敗戦当時の人々の心情や生活などをまとめていましたが、この下巻では占領軍と天皇が…

「内田樹の研究室」より「中国はこれからどうなるのか?」

内田樹さんの「研究室」では、月刊日本という雑誌?からの取材のインタビューで答えたものを掲載されていました。 何でも、本に収められたものは編集されたものだということで、自分で記録していたロングバージョンの方を披露するということです。 その内容…

学校教育で「できる子」と社会で活躍できる人との乖離。「研究職ママの子育ち日記」より

情報関係の研究職として働きながら小学生と保育園の2人のお子さんを育てているという、「研究職ママ」さんの「子育ち日記」というブログが非常に参考となるためによく拝見しています。 そこで触れられていた話題が興味深いものでした。 selfmanagementforkid…

やっぱりワクチン接種は大幅に遅れる?

日本で現在準備が進められているのはファイザー社製のワクチンのみですが、その契約が結ばれたものの以前の基本合意からはかなり遅れるようです。 www.bloomberg.co.jp基本合意では6000万人分を6月末までにということであったのが、本契約では7200万人分と数…

持続可能社会(定常社会)とはどのようなものか。

「持続可能」という言葉があちこちで語られるようになりました。 以前からこの問題には大きな関心を持っていましたので、多くの人々が興味を持つようになったということは嬉しい限りですが、その実態を見るとまったくの勘違いや方向違いばかりのようです。 …

「緊急事態なのにこんなに外出している奴らがいる」という報道は逆効果

いつも注目しているリスク学者の永井孝志さんですが、「緊急事態なのにこんなに外出している」という報道姿勢について論じています。 nagaitakashi.net ニュースを見ればそういった報道ばかりが目立ちます。 しかし、この陰には大多数が自粛しているという事…

「やっぱり、このゴミは収集できません」滝沢秀一著

著者の滝沢さんは漫才師として活動しているものの、結婚し子供もできたために定収がなければと考えてゴミ収集会社に就職したそうです。 ゴミを収集していると色々な社会の姿が見えてくるということで、その体験をツイッターで公表すると人気を集めました。 …

今度は「不織布マスク警察」まで現れたそうで、嫌な日本人の習性。

「マスク警察」とか「自粛警察」など、何とか警察というものがはびこるという嫌な風潮ですが、今度は「不織布マスク警察」まで登場してきたそうです。 news.livedoor.com 確かに不織布マスクの飛沫防止機能は優れており、布製マスクやウレタンマスクは見劣り…

東京都は大手企業にも時短営業協力金支給、しかし1店あたり6万円って。

これまでの時短営業協力金は中小企業だけに支給ということで、大手企業からはかなりの不満が表明されていました。 そこでというか、なんというか、大手にも支給するということを東京都が表明しました。 www.tokyo-np.co.jp しかし、中小と同様に「1店あたり1…

特措法、感染症法を変えて罰則強化というのは方向違い。

通常国会が開幕しますが、これまでの対応遅れを取り返そうとするのか、新型コロナウイルス特措法と感染症法を変えて罰則を強化しようとしています。 それについては、我が家の購読新聞、熊本日日新聞でもハンセン病と絡めて批判の社説が掲載されていました。…

医療崩壊は国民の行動が主因ではない。病院と病床を減らし続けたための当然の結果。

感染拡大にも関わらず街への人出が減らないと言った報道が続いており、あくまでも国民の行動にその原因があるかのような宣伝が蔓延しています。 確かに感染者数はどんどんと増えていますが、「医療崩壊」はそれだけが原因ではありません。 感染拡大の危険性…

漁業監視が衛星からできる?

ヤフーが運営する、海や漁業に関するニュースを流すサイトGyoppyで、衛星から漁船や漁の状態が監視できるという話題がありました。 gyoppy.yahoo.co.jp すでに航空機の状況をリアルタイムで捉えることは可能となっていますが、船でもそれが可能となっている…

大学入学共通テスト始まる。どう変わったのかよく分からない。

初めての「大学入学共通テスト」が始まりました。 見ている限りではこれまでの「センター試験」と何が違うのかよく分かりませんが、どういったものなのでしょう。 プレジデントオンラインで、経済学者の橘木俊詔さんの著書「大学はどこまで公平であるべきか…

日本での新型コロナウイルス感染者確認からちょうど1年だそうで。

昨年の1月15日に日本で最初の新型コロナウイルス感染者が確認され、それからちょうど1年経過と言うことでテレビでも報道されていました。 これまでの陽性者数の経緯なんていうグラフも出されていましたが、それで改めて思い出したのが、昨年4月くらいに最初…

新型コロナウイルス、「日本モデル」とは何だったのか、どうなったのか。

新型コロナウイルス感染の拡大が、日本では政府の無策にも関わらず遅かったのは「日本モデル」というものがあるからだという話が、昨年夏ごろには盛んに流されました。 あの前首相などもエラそうにそう言っていたこともあります。 しかし、感染第三波と言わ…

ガースー首相の何が問題なのか、東京新聞望月記者が語る

国民に語り掛けるどころか、記者会見すらまともにやろうとはしないガースーですが、その問題点について東京新聞の望月衣塑子記者に作田裕史さんと言う方がインタビューした記事が、AERAdotというサイトに掲載されていました。 dot.asahi.com ほとんどまとも…

PCR検査法に疑惑、賀茂川耕助さんのブログより。

賀茂川耕助さんのブログの最新記事に現在Covid-19(新型コロナウイルス)検査の標準法となっているPCR検査法についての疑惑が書かれていました。 kamogawakosuke.info 賀茂川さんのことですから事実関係に間違いはないと思いますので、すべての裏付けを取る…

電力供給逼迫、長崎県の石炭火力発電所で重油燃焼対応

強い寒波の影響で電力使用が急上昇、供給が逼迫し危険な状況となっています。 昨日は関西電力で99%まで行ったとか。 供給不足となると突然の停電が大規模に広がる危険性もあります。 そんな中、九州電力(九電ではなく電源開発でした、訂正します)の長崎…

「敗北を抱きしめて 上」ジョン・ダワー著

先日読んだ「新現代歴史学の名著」という本の中で紹介されていたものです。 それに惹かれていつもの市立図書館の蔵書を調べたらあったので、借りてみました。 著者のダワー氏は1938年生まれのアメリカの歴史学者で、終戦時にはまだ7歳、終戦後の日本と…

成人式中止でもやることは変わらなかったようで。

成人の日などに行われる予定だった成人式式典は多くの自治体で中止や延期となりました。 熊本県内はほとんどのところで中止、しかしほとんどの新成人はちゃんと晴着を着るという一番彼女たちにとって重要なところはしっかりと実施したようです。 www.nikkei.…

驚き、「力士5人感染、濃厚接触者含め65人休場」で大相撲開催するの。

10日から開催の大相撲に先立って力士や関係者など全員のPCR検査を実施したところ、力士5人の感染が判明、その濃厚接触者など力士65人、親方や関係者含め83人が休場、しかし本場所は開催するそうです。 www.sponichi.co.jp 驚いたのは「これでも開催強行する…

「発掘! 歴史に埋もれたテレビCM」高野光平著

民間テレビが放送を始めたのは1953年8月、テレビCMというものも始まりました。 しかし残された映像がほとんど無かったためにその初期の姿というものはほとんど知られていませんでした。 ところが、映像制作会社のTCJという会社が製作したフィルムが同社の倉…

医療崩壊が近づくと脅され続けているけど、なぜ?

新型コロナウイルス新規感染者が急激に増加し、さらに重症患者が急増ということで、医師会側からは「医療崩壊」の危険性が叫ばれ、それに押されるように「緊急事態宣言」ということになりました。 まあ、その対策として言われているのはあまりにも不十分にし…

アスベストが混入した珪藻土マットはどの程度危険なのか。

珪藻土マットというものが結構売れているようですが、その製品に発がん性のあるアスベストが混入されているものが発覚したということが話題になりました。 それについて、リスク学研究者の永井孝志さんが解説をしていました。 nagaitakashi.net まず、「基準…

「かけひきの科学」唐津一著

「かけひき」というとポーカーなどのゲームで様々な手を使って勝ちを収めるというイメージがありますが、実は国と国との外交、戦争、会社の間の競争などあらゆる交渉には付き物です。 それが分かっていない日本の国家外交は上手く行かないというのも明らかで…

緊急事態宣言、って言っても飲食店時短要請、テレワーク推進だけかい。

東京など1都3県に緊急事態宣言。 あまりにも遅すぎるという声が多数ですが、対策は限定的であり、「飲食店の時短営業要請」「テレワーク7割」など非常に限られたものしかありません。 mainichi.jp 経済の冷え込みの方がはるかに怖いという政権の思いは間違い…

「内田樹の研究室」より「『日本戦後史論』文庫版あとがき」

内田樹さんが白井聡さんと対談した内容を収録した本「日本戦後史論」の文庫版が出版されたそうですが、その「あとがき」を「研究室」に収録しました。 blog.tatsuru.com この本は5年前に出版されたのですが、5年経って文庫化されたにも関わらず、内容は現在…

アメリカ大統領選の最後に来てまだ混乱が続く。民主主義は(もしあるなら)危険な状態。

アメリカ大統領選挙の最後の形式的な確認に過ぎないはずの手続きに、トランプ支持派が抗議を続け国会に乱入というひどい事態になっているようです。 www.nikkei.com トランプが選挙の不正ということを言い続け、いまだに敗北を認めないということからその支…