爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

社会問題

「復興〈災害〉 阪神・淡路大震災と東日本大震災」塩崎賢明著

著者の塩崎さんは、神戸大学名誉教授で都市計画などが専門。 阪神淡路大震災からの復興にも関わった方です。 その復興も完全には終わっていなかった間にさらに大きな震災が東北を襲いました。 著者が「復興災害」という言葉を最初に使ったそうです。 「災害…

オリンピックマラソン代表決定、?

マラソンのオリンピック代表選手を1回で決めてしまうという話だった?MSG(マラソングランドチャンピオンシップ)が行われ、男女2名ずつの選手が内定、もうひとりは今後の3大会の成績で決定ということです。 mainichi.jp えっ、一回で全部決めちゃうんじゃな…

「ナゴヤ全書」中日新聞社「この国のみそ」取材班編著

2006年に中日新聞の年間企画として社会面で連載された「この国のみそ」をまとめて一冊の本としたものです。 その当時(今でもあまり変わっていないかも)は「ナゴヤは活気がある」と言われていました。 それがなぜなのか、そこを取材してみようというの…

中国産の梅を国産と偽装、そのあおりで太宰府の人気商品「梅の実ひじき」が製造休止

太宰府のお土産としても人気のあった「梅の実ひじき」という製品の原料として使われていた梅が、国内産と表示されていたのにほとんどが中国産ということが、内部告発で判明したということです。 headlines.yahoo.co.jpどうやら、西日本新聞の内部告発サイト…

「資本主義って悪者なの?」ジャン・ジグレール著

著者のジグレール博士はスイスの社会学者で貧困と社会構造について研究をしてきました。 2000年には国連の「食糧に対する権利」の特別報告者も務めています。 世界各国に広がる貧困や格差は、資本主義というもの自体が引き起こしていると主張しています…

台風被害で千葉県内ではまだ停電が続く

台風15号の被害で、特に千葉県内では送電線鉄塔だけでなく多くの電柱が倒れるという被害が続出し、3日以上が経過してもまだ40万軒以上が停電しているようです。 www.yomiuri.co.jp停電すると大きな影響が出るのはもちろんで、熱中症で死亡者も出ていま…

「事典にない大阪弁 絶滅危惧種の大阪ことば」四代目旭堂南陵著

講談師の旭堂南陵さんは、1949年大阪府堺市の生まれ。 船場から嫁いだ母上の言葉はおっとりとして上品なものだったそうです。 堺市でも生まれ育った辺りはやはりおっとりとした語り口だったそうですが、高校生になり周囲に泉州地区や河内地区から来た生…

熊本市中心部の新商業施設「サクラマチクマモト」開業間近

熊本城からも近い熊本市の中心部に、新たに「サクラマチクマモト」という商業施設が建設されていましたが、今週末に開業するそうです。 熊本市までは1時間以上かかるわが町でも新聞に大きなチラシが入っていました。 www.kyusanko.co.jp ここは元々は「熊本…

首都圏の方々は台風などの災害というものへの怖れが足りないのでは。

ほぼ予想通り、強力な勢力を維持したまま台風15号は東京湾から千葉を抜け、暴風の被害を各地に残していきました。 通過した時間は、9日の未明ですが、千葉市では午前4時半に最大瞬間風速57mという暴風を記録しています。 九州では台風はしょっちゅう…

「豚コレラ流行が止まらない」松永和紀さんの記事より

WEDGE ismediaに松永和紀さんが書いているものです。 wedge.ismedia.jp 中部地方を中心に豚コレラが流行していますが、その最初の発生からすでに1年が経過していますが下火にもなっていません。 すでに農場など39箇所で発生が確認され、豚13万頭が殺処…

「心の貌 昭和事件史発掘」柳田邦男編

NHK記者を経てノンフィクション作家となった柳田さんが、昭和といってもほぼ終戦時から20年ほどの間に起きた事件について、「事件の真相を解明することを狙いとしたのではなく、関係する人々がどのようにかかわりどのような心の動きをしたかを検証する」と…

「内田樹の研究室」より「道徳について」

週刊ポストにはもう書かないとおっしゃったそうで、それが色々と言われている内田さんですが、それには一切触れずに「研究室」に文章を発表されました。 「道徳について」ということで、先ごろある出版社から依頼して書いた文章で、中高の図書館にはあるかも…

アマゾンの熱帯雨林で火災、大気中酸素濃度へ影響は出るのか。

アマゾン川流域の熱帯雨林で火災が頻発。 なかなか消火もできないので先進諸国が資金を出しても消火活動をさせようとしたらブラジル大統領が拒絶したという話も伝わっています。 どうやら、森林を燃やして耕地化を進めたいというのがブラジル政府の目論見の…

国民年金で生活はできない?

我が家の購読新聞、熊本日日新聞に、国民年金で暮らしているお年寄りが生活が苦しいという記事が載っていました。 月65000円の年金から介護保険料が取られ、それでは食費も出ない。 (元の記事を引用したくても、なかなかローカル新聞の記事はネットに…

「ガラパゴスでいいじゃない」岡康道、小田嶋隆著

ガラパゴス化現象といえば、日本の特殊事情でグローバル化とは逆行する形に商品などが進化してしまい、世界に売れないという困った?事態のことですが、この本ではそれを正面から扱うわけではありません。 コラムニストとして有名な小田嶋さんが、CMプランナ…

日本テレビ系「所さんの目がてん」で砂防学の危機について放送

日本テレビ系の日曜朝の番組「所さんの目がてん」は、社会の色々な事柄を科学的に解明ということで長く続いているのですが、今回は「砂防学」ということが取り上げられていました。 所さんの目がテン!|日本テレビ (ただし、この公式サイトにはまだ今回の…

「NATROMのブログ」より、「HPVワクチンをめぐる『ファクトロンダリング』」

ニセ医学情報と闘う内科医「NATROM」さんのブログより、HPVワクチンをめぐる問題についての指摘です。 natrom.hatenablog.comHPVワクチンとは、ヒトパピローマウイルスに対するワクチンで、これに感染した場合は子宮頸がんにかかることが多いというこ…

佐賀の水害で重油の流出の影響が大きい

佐賀県を襲った豪雨で、大町町の鉄工所から重油が流出し、周囲に大きな被害が出ているようです。 有明海に油流出か、対策急ぐ TBS NEWS 海にまで流出したかと言われましたが、実際は病院を含む一角だけにほとんどが留まっていて外部への流出はごくわずかだっ…

「乗ってはいけない航空会社」杉江弘著

著者の杉江さんは、日航で長年機長として乗務し、その後は航空事故の検証や運行安全の提言などの活動をしています。 エアラインのランキングと称する情報がネット上などあちこちに溢れているようですが、機内食やスタッフの接客態度などは参考になるでしょう…

健康食品に医薬品成分が含まれているとして

「ダブルリンク」という健康食品に医薬品成分の「アミノタダラフィル」と「クロロプレタダラフィル」が含まれていたとして、回収指示が出されました。 www.excite.co.jp この「ダブルリンク」というのは免疫力復活などと称して売られていたようですが、錠剤…

給食に「秋吉台高原牛」のコロッケが出るという事自体、おかしいでしょう

山口県の給食でほぼ全域の小中学校に出されていた「秋吉台高原牛」を使ったと称するコロッケに実際は他の国産牛が使われていたことが発覚し、県学校給食会はその業者との契約を解除することになりました。 news.tv-asahi.co.jpテレビニュースからの引用なの…

「日本問答」田中優子、松岡正剛著

日本近代史の研究者で現在は法政大学総長の田中優子さんと、編集工学というものを提唱している著述家、編集者の松岡正剛さんが、日本について多くの側面から語り合ったという、大変な内容のものです。 そこでは、日本の歴史、文化、言葉、社会、宗教、そして…

LINEに突然ヤマト運輸から通知が、詐欺と思うのが普通でしょう

昨夜、私の家内のLINEに突然ヤマト運輸からと称して通知が入りました。 これは、普通は詐欺メールだと思いますよね。 家内もあまり操作に慣れていないもので、間違って触ったと大慌て。色々と調べたりしました。 「LINE ヤマト運輸 詐欺」で検索すると、結構…

「こうして店は潰れた 地域土着スーパー『やまと』の教訓」小林久著

「やまと」は山梨県韮崎市で大正元年に創業した鮮魚店「小林商店」から食品スーパーとして発展しました。 著者の小林さんは、創業者の孫で2代目社長の叔父の経営失敗で傾きかけたスーパーの3代目社長となり、色々な再建策を実施して一時は盛り返すのですが…

「タピオカドリンクは高カロリー」だけではないその欠点

タピオカブームというのが都会では大変なことになっているようです。 熊本の田舎ではほとんど見かけませんが。 栄養疫学の児林聡美さんの情報です。 hers-ms.com タピオカを甘いミルクティーに入れたものが特に流行っているそうですが、タピオカ自体がキャッ…

「レシピ公開『伊右衛門』と絶対秘密『コカ・コーラ』、どっちが賢い?特許・知財の最新常識」新井信昭著

知財、すなわち知的財産というものが大事だということは誰でも理解できるでしょう。 しかし、それが「特許を取る」ということだと考えている人が企業の中にも多いのが日本です。 著者は弁理士として特許事務所も開いていますが、そこに特許出願の手助けを依…

「朽ちるインフラ 忍び寄るもうひとつの危機」根本祐二著

著者の根本さんは東洋大学教授で公民連携が専門ということですが、老朽化するインフラの更新についても多くの主張をしているということです。 これまでの公共投資による建造物やインフラ建設といったものは、その恒久的な維持管理による使用継続などはほとん…

本日見かけた交通違反「自転車に日傘をさしての片手運転は止めてくれ」

いつもの市立図書館に出かけることとなり、こちらは朝から晴天の猛暑ぶり返しで、とても歩いていく気にはなれなかったので、自転車に乗って行きました。 徒歩でいくとほとんど他の自転車の通行などは気になりませんが、自分が自転車で走っているとどうしても…

「あおり運転」が大問題、でも自分は絶対にしないと言える?

この前の常磐道での事件の加害者はちょっと特別かもしれませんが、他にも数々の事例が頻発する「あおり運転」です。 大きな社会問題となっており、テレビの無責任情報番組でも多くの時間を割いて取り上げられており、これまた無責任コメンテータが「重罪を」…

あおり運転、暴力行為の容疑者逮捕、たしかに異常なほどの行為だがこれほど騒ぐ必要あるの?

各地であおり運転を繰り返し、茨城の高速上で車を止めて殴りかかるというとんでもない行動をしていた容疑者が逮捕されました。 news.nifty.com しかし、テレビなどでは繰り返して被害者のドラレコの撮影画像が流され、逃走状況も頻繁に報道されていますが、…