爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

政治経済

首都直下地震や南海トラフ地震などの番組が放送されたが、一番やるべきことは何か。

NHKで集中して「首都直下地震」を題材とした番組や南海トラフ地震対策のものが放送されました。 www.nhk.or.jp まあほぼ内容も想像できるのでほどんと番組を見ることもありませんでしたが、やはり多くの人が衝撃を受けたことでしょう。 最悪の場合何万人…

「複合不況」宮崎義一著

1980年代のバブル、そしてバブル崩壊という事態は日本にとって未経験のことであり、その後も長くその影響が続いてしまいました。 バブル自体の評価というものもその時には定まっていなかったのでしょうが、その崩壊ということも経済の専門家の間でもよく…

COP25思考停止報道相次ぐ、一番やるべきことは自動車の削減。

COP25が続き、ほとんど意味のない議論が続いています。 お決まりの、「このまま温暖化が続けば」で計算だけの予測を流すだけの意味のない報道も相次いでいます。 その一方で、「具体的な行動」を求める声は大きいのですが、何が具体的行動なのやら。 ど…

銀行口座維持に手数料?銀行の現状はどうなのか。

(以下に銀行について書きますが、私は銀行業界の内情どころか制度上のこともほとんど知らず、あくまでも報道されたニュース等だけでじーっと考えて書いていますので、明らかな間違いや誤解もあるかと思います。あまりにもひどいと言うところがありましたら…

「国会に改竄文書を出す」ということがどれほど大罪か。外国の例。

国民の代表が集まる国会に、「改竄」した文書を出すと言った官僚の暴挙が止まりません。 それでも、政権の意に沿ったものかもしれませんが、諸外国ではどのようなことになるのか、ツイッターで「不惑中間管理職は女難の日々」と名乗る方が調べた結果を掲載し…

「アベノミクス効果」などすでに何もない。政府は経済対策として巨額の国費投入。

五輪後の景気対策とか、国土強靭化とか、何のかのと口実をつけて巨額の国費投入を決めました。 www.nikkei.com事業規模26兆円とか。 大きなところは国土強靭化とか災害復興とか銘打っているものの、これまでどおりの建設土木の公共事業への投入です。 アベ…

トランプ大統領は米軍駐留経費負担増を日本にも要求

トランプ大統領が、米軍駐留経費を各国に求めている問題で、直接発言しています。 www.yomiuri.co.jp「友人の安倍首相に助けを求めた」と言っているとか。 名古屋の小学生の金要求イジメと同じように見えます。 「仲間から外されたくなかったら金もってこい…

「科学者が消える ノーベル賞が取れなくなる日本」岩本宣明著

この数年、毎年のように日本人のノーベル賞受賞者が出ており、だんだんとそれが当然のように感じられるほどになってきました。 韓国や中国ではなかなか受賞者が現れないということで、そちらでは焦りを感じていると言った報道も、(日本メディアが優越感を感…

相変わらずの論点ずらしで逃げ切り図る。「アベ、お前がジャパンライフ会長と個人的関係があるかどうかなんて聞いてないよ」

「桜を見る会」に”反社会勢力”と見なされるジャパンライフの会長が、「アベ枠」で招待されていた件について、国会で首相が釈明したんですけどね。 mainichi.jp「ジャパンライフの元会長と個人的な関係はない」と言うばかり。 そんなことは聞いてないよ。 と…

COP25が開幕、日本の石炭火力発電が非難を浴びるか

COP25、国連気候変動枠組み条約第25回締結国会議が、スペインで開幕しました。 産経の報道が独自なので引用しておきます。 www.sankei.com「原発の再稼働が安倍政権の急務」とまで言い切るこの潔さというか、なんというか。 それはともかく、世界的に気…

安倍首相、石炭火力発電推進を理由に国連演説を断られる。頑張れアベ

その施策から行動まで、ほとんどすべてを否定すべき安倍首相ですが、「石炭火力発電推進を理由に国連演説を断られた」というニュースでは、アベを応援し国連を批判すべきでしょう。 jp.reuters.com9月に国連で開かれた「気候行動サミット」では日本政府は安…

熊本地震最大の被災地、益城町の区画整理事業

ローカルニュースではしばしば取り上げられているのですが、なかなか全国には伝わっていない話でしょうから、少し取り上げてみます。 熊本県益城町は、熊本市の南東部に接する町ですが、なんといっても熊本地震で震度7が2回起きたという、これまで知られて…

「花見の会」報道で面白い現象

内閣主催の「花見の会」の不正については、野党側の攻勢も強いのですが、それについての報道がメディア各社によって大きく差があることが分かってきました。 TBSはかなりの時間をかけて報道しているものの、その他のテレビ各社はほとんど扱っていないようで…

「本多勝一の日本論 ロシア、アメリカとの関係を問う」本多勝一著

本多勝一さんはかつて朝日新聞社記者として世界各地の取材をもとに、「戦場の村」や「南京事件」といった本を出版し、問題を提起し続けていました。 その後「週刊金曜日」という雑誌を出版し、その編集委員は今でも続けているようです。 しかし、その本多さ…

IMF専務理事が日本の消費税率のさらなるアップを主張

IMF(国際通貨基金)のゲオルギエバ専務理事が日本の消費税率のさらなる引き上げを求めたそうです。 www.nikkei.comそれでいて、日本政府の経済対策は支持するという、支離滅裂の内容と言えるでしょう。 日本のどこに金があって、経済を回すにはどこに金を残…

これだけ不潔・傲慢を極めた政権でも支持率が中々落ちない理由  経済は本当にうまく行っているのか。

ツイッターなどを見ていると、連日のように花見の会をめぐって首相や閣僚などがウソを付き放題、実際に法律違反をしていることが大いに疑われるにも関わらず、幕引きを図る連中などの批判もされています。 しかし、内閣支持率は少しは下がったとは言え、いま…

GSOMIA失効は回避したけど、早くも双方の言い分が支離滅裂

GSOMIA失効は一応回避されていますが、その過程での交渉について双方の言い分は食い違い、互いに嘘つき呼ばわりで本当に大丈夫かと心配してしまいます。 this.kiji.is韓国国内でもGSOMIAが何かということも分からぬままに日本に対抗することだけを求めていた…

韓国がGSOMIAの失効を一応回避

韓国が失効までのタイムリミットが迫る中、寸前で一応回避をしました。 headlines.yahoo.co.jpとはいえ、貿易ルールをめぐる協議を再開するという取り決めだけで、今後どうなるかは不透明です。 おそらく、アメリカが執拗に脅迫し認めさせたのでしょう。 こ…

「田中宇さんの国際ニュース解説」で連続して地球温暖化問題を取り上げた

田中宇さんの「国際ニュース解説」、だいたい国際政治ネタがほとんどで、しかも独自の視点から解析されているため、非常に面白いものの、ホントかいなと感じさせるものも多く、眉にツバをつけながら楽しませていただいています。 しかし、最近の2題は地球温…

安倍首相在任通算が最長に

安倍首相の通算在任期間が、これまでの最長であった桂太郎に並んだそうです。 www.nikkei.comその割に見るべき業績が何もなく、佐藤栄作の沖縄返還、吉田茂の平和条約締結などと比べることもできないという論調も。 スキャンダルだけは次々と襲いかかり、と…

「桜を見る会」まだまだ追求を続けるのは「低俗?」

総理大臣主催の「桜を見る会」に総理自らの後援会から多数の会員を招き、他にも閣僚や自民党議員が関係者を招いた件では、来年の開催中止、その後の招待客選定方法の変更を発表したことで、もう幕引きということにしたい連中が多いようです。 www.j-cast.com…

”賀茂川耕助のブログ”を読んで、No.1270高度経済成長時代の日本

賀茂川さんのブログ、「高度経済成長時代の日本」を論じています。 kamogawakosuke.info最初は「ワシントン・コンセンサス」、つまりアメリカ政府とIMF、世界銀行がアメリカの戦略の一環として行っている途上国融資と新自由主義との関係について書いています…

「桜を見る会」は自民党議員後援会を接待する会だった

大きな問題となっています。 今までも胡散臭さの付きまとっていた「桜を見る会」ですが、表に出ている看板の「功労者など」はごく一部で、特に自民党の中心議員の後援会会員などが圧倒的多数であることが明らかになりました。 headlines.yahoo.co.jpここまで…

安倍首相が国会で下劣なヤジ、いつまでこのような人間をトップにしておくのか。

安倍首相が8日の国会予算委員会で、質問にたった「立憲民主党」の杉尾参議院議員に対し、「共産党」とヤジを飛ばしていたそうです。 以下のテレビ番組でも話題になっていました。 hochi.news 安倍首相が国会で低劣なヤジを連発していることについては、数々…

韓国の徴用工問題解決の策

韓国との間の徴用工問題は何とか対話の細い糸はつながっているものの、ほとんど有効な策は出てこないようです。 先日、内田樹さんの文章に触発されて一文を書きましたが、ほとんどどなたからも反響もないので(まあ当たり前か)再度強調しておきたいと思いま…

ソフトバンクに続いて楽天も巨額赤字

ソフトバンクが買収先のアメリカ企業の巨大赤字で大幅な赤字転落という報道がありましたが、続くように楽天もやはり買収企業の赤字で本体も赤字となったという報道です。 www.sankei.comこれが「本当に失敗」ならば大きな問題です。 かつてのバブル期にも日…

英語民間試験導入、疑惑の本体はやはり下村元文相、ただし「ためにする議論」ってどういう意味。

大学入試英語への民間試験導入が延期されましたが、その導入自体に疑惑が持たれています。 その疑惑の本体は、やはり安倍首相の側近中の側近、下村元文部大臣であることが示唆されています。 www.nikkan-gendai.com民間試験導入などと言っても、当然ながらそ…

トランプの押し売りで買わされたはずのトウモロコシ、買い手企業は現れず。

日米貿易交渉でついでに押し売りされたトウモロコシですが、まったく買い手が現れないということです。 mainichi.jp 中国向けの輸出が止まり、アメリカの農家の不満が高まったためか、貿易交渉のついでに売りつけられた米国産トウモロコシを、「アベが全部買…

「任命責任は私にある」と最近よく聞くと思ったら。

大臣が辞めるという事例が頻発していますが、そのたび毎に首相が「任命責任は私にある」と言うのを聞いています。 ツイッターで「きゃろる」さんという方がこういう指摘をされていました。 実に、49回も「任命責任」と言った事があったとか。 その元ネタのDr…

英語民間試験導入について、非公開の有識者会議で度々問題点指摘。それにしても「非公開」「議事録なし」って何のつもり。

実施延期となった大学入試への英語民間試験導入ですが、昨年から文科省が「非公開」の有識者会議を開催し、その中では「地域格差」や「受験料が高すぎる」といった問題点が繰り返し指摘されていたことを、出席者のメモからNHKが明らかにしました。 www3.nhk.…