爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

「何もしなかった岸田内閣」のツケがこれから出て来るそうで。

「何もしないのに高支持率」の岸田内閣ですが、奇襲攻撃のような内閣改造を行い、これからの難局に当たるのでしょう。

news.yahoo.co.jp

清水克彦さんと言う方が現代ビジネスに書いていたものです。

 

色々とやろうとし過ぎて失敗した菅内閣に比べ、何もやらないのに支持率は高いという不思議な政権だということですが、さすがにそれも限界か。

コロナ禍、物価高、安全保障と三重苦にあたらなければならない状況です。

 

コロナ禍は重症化率が低いことを良いことにほとんど何もやらないに等しい。

物価高も「節電ポイント」などはあまりのショボさに皆呆れる。

米中の争いの激化になす術もない。

それに加えて安倍国葬統一教会などの問題も抱え込んでしまった。

 

これは政権にとっては相当厳しいことになりそうだということです。

 

まあ自業自得でしょう。