読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

夢の話「再び独身寮に入る 後半は支離滅裂で選挙で大勝過半数目前」

いつも同じ、今朝方見た夢の話ですが、最近はちょっと公開するのがはばかられる内容ばかりだったので間隔が空いてしまっていました。ようやくちょっと不思議な夢を見てしまいました。

 

夢というのも同じ日に色々な内容のものを続けざまに見るもののようで、今朝も何のつながりもないものが連続しています。

 

始めの部分は「独身寮に入る」というものです。

これまで、寮生活というのは40年近く前に会社に入ってすぐに独身寮に入り、結婚して出るまでの5年ほど入っていたのと、それから20年近く経ってから単身赴任をすることとなり、単身者寮に入ったという、2回の経験です。

 

どちらも気楽といえば気楽、しかし生活の質というものはかなり低いものと言えるでしょう。

今日の夢もその部分に関わるものです。

 

独身寮と言っても設備などは様々でしょうが、私の入っていた寮は会社が貧乏でケチなのがモロに出て、洗濯機などは数が少なく、洗濯したい時は順番の取り合いでした。

夢でもその待っている様子が出てきており、洗濯物を抱えて洗い場に行っても数台の洗濯機は稼働中、止まっているものも中に洗濯物が入っているという状況で、待たざるを得ないというものです。

 

なお、この「洗濯が終わっていても片付けない奴が居る」というのはいつでも一緒の状況で、特にズボラな奴らが多い場合は頻発します。非常にイライラさせられるものでした。

 

仕方ないので洗濯物をその場に置いて食事を先に済ませようと食堂に向かうという他愛のない夢でした。

 

後半部分は「選挙で大勝」というものです。

食堂に向かってテーブルに座ったところに、ホワイトボードにバラの花がたくさん付けられており、誰かが「もう過半数だ」と言っているところです。

どうやら、私が率いる政党が選挙で大勝という状況のようです。

おかしいな、そんなはずは無いなという正常な判断力が少し戻ってきてどこか変なところはないかと点検しなおすところで目が覚めました。

 

何しろ、私の目指す方向は「脱エネルギー社会」というものであり、”絶対に広く支持をされるはずはない”ということが明白なものです。

sohujojo.hatenablog.comこんなことをいくら言っても誰も聞いてはくれないよねといつも思っているんですが、いつまでもその通りでしょうか。

 

これまでずっと続いていた猛暑の中、熱帯夜が数十日というひどい状況だったのですが、今朝は少し涼しくなってきました。見る夢もそれに影響されたのかもしれません。