読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

「安心?!食べ物情報」にアメリカのメキシコ料理チェーン”チポトレ”信用失墜という記事

食品問題

何度か引用している渡辺宏さんの「安心?!食べ物情報」の今週の記事に、アメリカのメキシコ料理チェーンで非常に伸びていた「チポトレ(Chipotle Mexican Grill)」という店で食中毒事件が相次いでいるということが載っています。

http://food.kenji.ne.jp/review/review841.html

チポトレは日本にはまだ出店していないようですが、アメリカではかなりの人気があったようです。「安心?!食べ物情報」やその元ネタの畝山さんの記事によると、

2015-12-15 - 食品安全情報blog

チポトレは「抗生物質フリー」や「ホルモンフリー」、オーガニックの地元食材使用といった宣伝で伸びてきたということで、そのようなイメージアップ戦略の下で肝心の衛生管理がなっていなかったということのようです。

抗生物質使用禁止や、遺伝子組み換え食品不使用といった行為は派手に行っていましたが、サルモネラ、病原性大腸菌ノロウイルスの食中毒事件を続々と起こしてしまい、

集団訴訟も起こされたとか。

 

こういった宣伝過剰の企業は日本にも良く見かけられるようです。そのようなイメージ作りを信じて踊らされる消費者も多いのでしょう。

しかし、食品の危険性で最も大きいものは言うまでもなく病原菌による汚染であることは間違いありません。

その基本は事業者側が常に意識する必要がありますが、消費者側も留意しておきたいことです。