爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

「内田樹の研究室」より、”役に立つ学問”

内田樹さんの「研究室」というブログの記事を読みながら、興味深いものを紹介していますが、最近のものから段々と遡っていますので、徐々に古くなっていきます。

今回の記事は昨年3月の「役に立つ学問」というものです。

役に立つ学問 (内田樹の研究室)

 

内田さんは哲学がご専門ですので、文句なしに「役に立つ学問」とは正反対であろうと思います。

そのためもあるのか、他人から「あなたのやっている学問は役に立つのか」と問われるのが大嫌いのようです。

 

しかし、そもそも「学問が役に立つのかどうか」ということから考え直していくと、それは一般に考えられているように社会に広く同意されるような基準があるわけではないということがわかります。

内田さんが挙げておられるように、軍事技術は役に立つのか、原発技術は役に立つのかという例を考えてみればすぐにわかります。

役に立つと思う人には役に立つのですが、それが世界を大きく崩してしまうことにもなりかねず、それを役に立つとは思わない人も多いことでしょう。

 

また、「英語教育」というものについても論じています。

今の日本では英語というものは文句なしに「役に立つ」と考えられています。

しかし、それが「役に立つ」のはあくまでも英米が連続して世界の覇者となったために他ならず、その覇権もいつまで続くかも分かりません。

さらに、「役に立つ」にしても全ての日本人がベラベラと英語が喋れるようになる必要は全く無く、それが必要な人間の割合も言われているほどには高くないはずです。

 

文科省が発表した、英語教育の達成目標は、

高校卒業時点での達成として「幅広い話題について抽象的な内容を理解できる、英語話者とある程度流暢にやりとりができる能力を養う

 とあるそうです。

まさにお笑いで、次に内田さんが書かれている文章の方が納得できます。

そもそも日本語によってでさえ「幅広い話題について抽象的な内容を理解できる」高校生がどれだけいるのか。2016年の調査によれば、10代の新聞閲読率(閲読とは「一日15分以上、チラシや電子版を含めて新聞を読むことをいう)は4%である。わずか4%である。マスメディアに対する不信感が募っている時代にあって、この数字はこの先さらに減少することはあっても、V字回復するとは思われない。

たしかに高校生たちは終日スマホに見入っているが、それは別に電子版のニュースで国際情勢や国会審議を注視しているわけではないし、ツイッターやラインで政治的意見を交換したり、日本経済のゆくえについての懸念を語り合っているわけでもない。日本語でさえ「幅広い話題について抽象的な内容を理解」することに困難を覚えている人たちが外国語でそれができるはずがない。そんなことは誰でもわかる。ではなぜ、日本語での読解能力・対話能力の低下が深刻な問題となっている状況下で、英語で「幅広い話題について抽象的な内容を理解」するというような目標を掲げることに優先性があり、かつその目標が達成可能だと信じられるのか。そういう計画を立てることのできる人々の頭の中身が私にはどうしても理解できない。

 

最後に、かつての「役に立つ学問」であったものの現在の惨状も記されています。

内田さんより少し上の世代では「冶金学」(確かに現在では”まともに読める人も少ない”でしょう)が人気でした。

製鉄などが国を引っ張る産業であった時代のことです。

今ではITがその座に着いているようですが、あと10年も経てばどうなるか分かりません。

少し前には、薬学がブームとなり特に女性の進学が増えました。これもあっという間に薬剤師の過剰供給となりました。

 

内田さんの提起されているこの問題は非常に大きなものと思います。

ノーベル賞受賞に関しても言われることがありますが(それもちょっとどうかと思いますが)現在「役に立つ」と思われる学問だけでは発展性がありません。

かと言って、どの学問が将来役に立つかということは予測不能です。

(そもそもそんな予測ができるわけもありません)

しかし、政府や財界などの要求のままに資金供給に大差をつけるような現状というものが百害あって一利なしというのは間違いないでしょう。

もともと欧米と比べても低い研究教育に対する支出が、さらに一方的な「役に立つ」判定で限られた分野だけに集中させてしまっていては、将来は暗いものでしかありません。

 

 

とんでもない方向に向かっている相撲問題

横綱日馬富士の暴力事件に始まった大相撲をめぐる騒動は、もはや日馬富士事件などはまったく離れてしまいました。

 

昨日のテレビ番組を見ていて驚いたのですが、日馬富士貴乃花もまったく話題に上らず、言われているのは「白鵬の品格」ばかりです。

張り手やカチアゲが横綱としてふさわしくないとか、そういった話が続いています。

 

先日もブログで書いたように、もしも相撲もスポーツであろうとするならば、ルールとして統一しなければならないでしょうが、「興行」で良いのなら勝手にすればと言うだけの話です。

 

それが、テレビ番組では単に「昔から好きで相撲を見ています」というだけの芸人が何の資格があってかはわかりませんが、エラそうに「相撲はこうあるべき」「横綱はこうでなければ」といった自論を広げていました。

それによれば「張り手で相手を威嚇しなければ勝てない横綱なら引退しろ」だとか。

 

もうそんな議論には付き合いきれない思いがしてきたのですが、先程のニュースによれば、白鵬は今日から休場とか。

白鵬自身もそのような状況に嫌気が指してしまったのではないでしょうか。

 

もう一人の横綱稀勢の里も負けが続き先が不安なようです。

また、鶴竜も相変わらず頼りない雰囲気を漂わせています。

このまま行けば、横綱消滅という状況もありえないことではなくなってきました。

相撲界自らの責任も非常に大きいのですが、それ以上にマスコミや周囲の無責任な発言が相撲自体を追い詰めているようです。

 

「なくなりそうな世界のことば」吉岡乾著 イラスト西淑

世界には7000の言語があるそうです。

その中で多くの人が母語としている「大きな言葉」には中国語普通話(9億人)、英語3億7000万人、日本語も世界9位で1億2800万人といった言葉がありますが、一方「小さな言葉」はごく少数の人が話すだけで、それもどんどんと消えつつあります。

 

この本はそのような「小さな言葉」について、それぞれの専門研究者にその言語の中の一つの言葉を選んでもらい、それに西さんが味のあるイラストを付けて紹介するというものです。

それほど多くのことを紹介できるわけではありませんので、一言語あたり見開き2ページ、左のページに一つの言葉とそれを表すイラスト、右のページで言語と話す民族を紹介といったものです。

なお、右ページの欄外に数字が書いてあるのが何かと思えば、現在の話者の数でした。

最初の方はそれでも数十万だったのですが、最後の方に行くとどんどんと少なくなってきて、カムチャツカに住むイテリメン人のイテリメン語は10人、アイヌ語は5人、そして一番最後に載せられているインドのアンダマン諸島に住む人々の話す大アンダマン混成語は最後の話者が2010年に亡くなったので、「0人」でした。

 

最初に紹介された言語の分布地図がありますが、多いのはパキスタン奥地、ネパールから中国奥地、太平洋諸島、そして東シベリアからサハリン、カムチャツカといったところのようです。

言語が独自の発展を遂げるためには周囲から独立した文化が維持されることが必要でしょうから、あまり大平原に大帝国といったところには残りにくいのでしょうか。

 

それにしても、一つ一つの言葉に味のあること。

そして、それにふさわしいイラストがまた楽しめます。

 

モンゴル語族に含まれる、ブリヤート人の話すブリヤート語はそれでもまだ30万人程度の人が話すそうです。

やはり遊牧の伝統がありますので、その言葉も「セルゲ」意味は「馬つなぎの杭」だそうです。

 

パキスタンアフガニスタンに住むワヒー人の話すワヒー語は、イラン語のパミール語派に属するそうですが、やはり牧畜を主とする民族のために、それに関する言葉が充実しているそうです。

「プルデュユーヴン」という言葉は「家畜に乳を出す気にさせる」という動詞だそうです。

 

カムチャツカ半島北部に住むコリャーク人の話すコリャーク語は2000人ほどしか話者がいません。

ここで選ばれた言葉は「ウィヌクジュガージュトゥグル」で、意味は「7月末から8月初めに種牡トナカイが角を磨くときの暑さ」だそうです。

真冬には氷点下60℃にもなるという地方でも真夏にはひどく暑くなることがあるそうです。そのときのために一つの言葉をあてています。

 

紹介された50の言葉のうち、ただひとつ知っていたことが「イヨマンテ

アイヌ語で「熊祭」とか「熊送り儀礼」といった意味の言葉です。

アイヌ民族は今でも10万人ほど居るのですが、アイヌ語を流暢に話せる人はもう5人以下だそうです。

元々は北海道を中心に本州東北部、サハリン、千島列島にも広がっていたのですが、周辺部は早くに消滅しました。

アイヌ語の系統は不明、4人称と呼ばれる特殊な人称概念を持つそうです。

 

日本語という大言語ですら、英語に飲み込まれる危険性が言われる時代ですので、各地の少数民族の言葉が消滅するのは仕方のないことかもしれませんが、一つ一つの言葉の味わいというものも永久に失われてしまうのかと思うと何かやりきれない思いもします。

 

なくなりそうな世界のことば

なくなりそうな世界のことば

 

 

「ほんとうの”食の安全”を考える ゼロリスクという幻想」畝山智香子著

国立医薬品食品衛生研究所の室長をしておられる、畝山智香子さんはネット上で「食品安全衛生ブログ」という活動もされており、大変参考にさせていただいています。

以前に近著の「健康食品のことがよくわかる本」という本を読みその書評は書いています。

sohujojo.hatenablog.com

今回読んだ「ほんとうの食の安全を考える」という本は少し以前の出版ですが、食の安全という問題全般を扱ったものと言えます。

ただし、断り書きが書かれているように、食品の安全性では一番大きなリスクと言える「微生物による食中毒」は専門外ということでこの本では触れていません。

 

また上記の本でも感じたのですが、非常に正確な記述であるもののやや専門的過ぎて素人には少し読みづらいかもしれません。

 

本書内容は、

農薬や添加物の安全基準やその基準値の考え方について。

発がん物質のリスクをどう考えるか。

食品のリスク分析はどのように行われるか。

食品の有効性はどう評価されるか。

そして、終章に「健康的な食生活を送るために科学リテラシーを育む」とされています。

 

 食品添加物や農薬の食品への残留値を評価する安全基準に「一日許容摂取量」(ADI)というものがありますが、この数値の設定方法が詳細に説明されています。

マウスやラット、ウサギなどにその物質を与えて、体重の増加が抑制された最小量のうち、一番低い値をさらに安全係数100で割ったものをADIとするというものです。

つまり、ヒトが毎日その値の物質を一生摂取し続けても健康への悪影響が出ないと考えられる値ということです。

 

農薬などの食品残留の許容値はこのADIを基に設定されます。国民栄養調査の結果から、日本人が摂取する食物に含まれるその物質の量を算定し、それがADIの約80%以下に留まるようにするというものです。

 

したがって、こういった残留基準の値を超えたからと言ってそれを食べるとすぐに健康被害が出るとは考えられません。

このあたり、誤解している人も多いようで残留基準を何倍超えた食品が出回ったというとそれを食べるとすぐに被害が出るように言うこともあるようです。

 

なお、このような「残留基準値」が定められるのは、食品添加物や農薬と言った純物質のものであり、天然の食品には定められていません。

しかし、それは「天然食品は安全」ということを意味してはおらず、まったく逆です。

例えばタマネギには身体に影響を与える物質が入っていますので、それを大量に摂取すると健康被害が出ます。もしもタマネギが食品添加物だとしたら、とても認可されないレベルのものです。

ジャガイモに含まれるソラニンなどといったアルカロイド配糖体も同様です。

 

「発がん性」という言葉にはどうも人は異常に反応してしまうようで、発がん性物質であるというとほんの少しでも食品には入っていないことを求めるようです。

国際がん研究機関(IARC)が様々な物質の発がん性を評価した情報が出ると大騒ぎになります。

しかし、このような物質でも発がん性の強弱というものはあり、微量であれば影響の出ないものもあります。

臭素酸カリウムには発がん性があるのでパンに使わせないという要求もありますが、逆にそれを使わないためにパンがカビた場合のカビが作り出す「カビ毒」という発がん性物質ははるかに強力です。

カビ毒の危険性を無視して薬剤の毒性のみを問題視するのはやはり科学の誤用というものです。

 

2009年にイギリスの食品基準庁(FSA)が、「オーガニック食品」(いわゆる有機食品)の栄養価や健康への影響は通常食品と違いがないという報告を発表したのですが、それに対して有機農業推進団体が抗議をするといった騒動が起きました。

政府機関や研究者はそういった情報発信を他にもしているのですが、有機農業推進者たちはオーガニック産品が優れているとか農薬が危険といった宣伝をしています。

メディアにもそういった主張のほうがよく取り上げられます。

健康にとって重要なのはオーガニックかどうかより多様な野菜や果物などをバランスよく取ることであり、「オーガニックしか食べない」といった食生活はかえって有害であることがあります。

どのような情報が有益かということを判断する科学リテラシーを身につけることが重要ということです。

 

ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)

ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)

 

 

 

 

首相の海外訪問はICAN事務局長との面会から逃げた? 傑作な小物ぶり

昨年のノーベル平和賞を受賞した、核廃絶NGOICANのベアトリス・フィン事務局長が来日し、長崎広島訪問していますが、今日は東京で国会議員と会談するそうです。

しかし、首相と面会を申し入れたにも関わらず政府は「日程が合わない」との逃げ口上で断ったとか。

その首相は何をしているかと思えば不要不急のヨーロッパ訪問。まるで逃げ出したかのようです。

https://mainichi.jp/articles/20180116/ddm/041/010/139000c

 

まあ、首相としてはまったく評価できないことでは同様であった小泉純一郎の場合はこういったことは考えられないのですが、安倍なら十分にあり得ることと納得できます。

まったく「小物」としか言いようのないキャラクターです。

 

しかし、「嘆く」というよりは「苦笑せざるを得ない」というのは一国の総理としてはあまりにも「その点が嘆かわしい」

 

なおかつ、問題はそのような「小物総理」が一歩間違えば日本全体を破産させるような政策を堂々とやっているということです。

アメリカのバブル経済が破綻すれば世界各国も影響を受けますが、その影響がさらに激震となるような状態にしてまで、アベノミクス成功を装っているのが「小物総理」です。

そのような「小物総理」に壊されていくのが日本という国なんでしょう。

 

 

夢の話「宝くじが当たったので豪華旅行 ただし計画のみ」

もう既に年末ジャンボ宝くじの抽選も終わり、当然ながら外れてしまっていますが、なんとこの時期に「当たった夢」を見てしまいました。

よほど期待が高かったのかも。

 

ただし、10億円を手にしても実際に大名旅行に出る夢は見ることができないようです。そんなものは想像の範囲外ということでしょうか。あくまでも「計画をしているだけ」の夢という、貧乏症丸出しのような夢でした。

 

まず、話にだけは聞いている高級旅館、石川県は七尾の和倉温泉「加賀屋」に泊まろうと思い立ちます。

(もっと高級なところはあるのでしょうが、そういった所は想像もできません)

 

七尾までは飛行機も東京から能登空港まで飛ぶという方が早いのかもしれませんが、かつての金沢単身赴任時代によく利用した福岡小松便利用とします。

今は少し変わったようですが、かつては福岡小松便は朝と夕方しかなく、朝の便は福岡に宿泊しなければ乗れないような早朝でしたので、夕方の便にしました。

 

しかし、それでは小松到着後に七尾まで行くには大変なので、その日は小松空港すぐそば片山津温泉に宿泊です。とはいっても安い宿は想像できますが、高級旅館はどこがあるのか分かりません。

 

そんなわけで、「楽天トラベルで料金の高い方から調べ」るという、極めてリアリティーのある夢になります。

 

まず、家からは九州新幹線で博多まで。なんとグリーン車で。あるのは知っていますが近寄ったこともない車両です。

博多から福岡空港まではタクシーに乗っても対して変わらないので地下鉄。

飛行機はファーストクラスもありませんが、せめて前の席で。

小松空港のすぐそばのレンタカー屋で最高級の車をレンタル。(タクシーでずっと旅しても良いんですが、久しぶりに雪道ドライブをしてみたい)ただし、レンタカーで最高級の車って何があるのかも知りません。クラウンくらいか。

一泊は片山津。次の朝車でゆっくりと能登方面へ。

すぐに旅館では早すぎるので、輪島などを観光。

この辺で想像力が尽きてしまいました。

 

しかし、この程度の旅行では二人でも100万円もかかりません。10億を使うにはまだまだのようです。

新シリーズ「八代歴史散歩」無理やり開始 官軍墓地

私の住む熊本県八代市は県内では熊本市についで人口第2位の町です。

その歴史も古く、古墳も数々ありまた万葉集にも歌われた水島という地もあります。

戦国時代には人吉の相良氏、薩摩の島津氏が進出し激しく争われた地でもありました。

江戸時代には、長崎からの品物を中継する流通の基地として栄え、その当時から始まった妙見宮大祭は他の山鉾祭と同時に昨年ユネスコ無形文化遺産となりました。

さらに、明治初期の内乱の西南戦争時には熊本城攻撃で膠着した薩摩軍に対し、官軍は船で軍勢を上陸させその背後をついて戦局を有利に動かしたのですが、その上陸地点が八代でした。

その後、薩摩軍との戦闘に勝ち熊本城に攻め上がりました。

 

そういった、八代市内の歴史遺産を見て回り紹介してみようというものです。

まあ結構訪ね歩くのも大変ですので、頻繁には紹介はできないでしょうが、たまに更新ということにしておきます。

 

第1回は、市内塩屋町にある「官軍墓地」です。

西南戦争当時のものではありませんが、その後に官軍の戦没者の遺骨を集めて合祀したものです。

案内板にもあるように、田山花袋の父親もここで戦死したそうです。

f:id:sohujojo:20180115092005j:plain

載っているのは子供のおもちゃのようです。

f:id:sohujojo:20180115092013j:plain

上記の地図にあるように、官軍側は市街地に布陣、薩軍は山沿いに陣を置いたようです。

その間の球磨川河畔で戦闘が行われ、薩軍に味方していた宮崎八郎(宮崎滔天の兄)もここで戦死しました。