爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

「内田樹の研究室」より、「内閣についての、韓国紙からのインタビュー」

内田樹さんのブログ「内田樹の研究室」の最新記事は、「内閣についての、韓国紙からのインタビュー」と題されたものです。

 

内田さんは最近も韓国で相次いで著書を出版しているためか、日本の国情について韓国メディアからコメントを求められることが多いようです。

 

今回、韓国のTBSという放送局のキム記者から尋ねられた問は「内閣改造、とくに小泉進次郎環境相入閣について」というものでした。

 

このところの日本メディアの関心事は韓国の新法相のスキャンダルばかりのようですが、それよりは建設的な姿勢のようです。

 

blog.tatsuru.com

内閣改造自体については、相変わらずの「滞貨一掃内閣」、留任がほとんどなく大部分が新人というひどいものでした。

内田さんは、これも「入閣希望組」からの「忠誠心の査定」による選抜であることを党内に示すことが目的と看破しています。

 

次は小泉進次郎に関してです。

韓国のキム記者は非常に的確に次の質問をしています。

次期首相に適した人物としては小泉進次郎が挙げられています。なぜ小泉さんが人気があると思いますか? 私はまだ彼の能力が発揮された分野がないと思います。

私もそう思います。

 

これに対して、内田さんの回答は、

かたくなに自説を曲げないとか、人の話の腰を折るとか、異論を完膚なきまでに論破する・・・とかいうことを決してしないタイプの政治家です。こういう「場の親密性を優先し、もめごとを嫌い、誰の意見に対してもにこやかに応接する」というのは、実は日本の古い村落共同体における大人のふるまいに通じています。

と、意外なものでした。

 

父親の政治姿勢と似たような雰囲気を感じたものですから、そういったタイプであるという先入観を持っていましたが、かなり違うようです。

「その場調整型」の政治家なのでしょうか。

 

しかし、福島原発に関して、小泉進次郎脱原発を示唆したということです。

これも、内田さんは内閣に入っている限りは質問されると「顔を暗くして”難しい問題です”と答えるだけだろう」と予測しています。

おそらくそうでしょう。

 

最後に、安倍内閣執念の「改憲」についても聞いていますが、さすがに内田さんは簡単には答えられないので著書を読んでくれと突き放しています。

しかし、一応その後にまとめの文章を追加しています。

韓国人から見ると、改憲というのは対米自立のように見え、言われているような対米従属の姿勢を強める政権とは矛盾しているように感じられるのでしょう。

 

しかし、改憲といってもその実態は対米自立とは正反対、単に自衛隊アメリカの自由に使えるようにするためだけのものですので、まったく矛盾はしていません。

 

まあ、安倍政権の性質をはっきりと示した内閣改造だったということでしょう。

それをなぜか喜んで支持率を上げている国民が居ます。

 

消費税増税前の駆け込み需要があまり無い?

消費税の増税まであとわずかとなりましたが、いつもの「駆け込み需要」がこれまでほど見られないようです。

gendai.ismedia.jp

テレビのニュースでもやっていましたが、その要因としては、

1.8%から10%と2%増なので、それほど今買ってもお得感がない。

2.限定的とは言え食料品の据え置き軽減税率制度があるので、焦りがでない。

3.キャッシュレス化の還元ポイントがあるので、かえって10月に入ってから買った方が得な場合がある。

 

が挙げられるようです。

この中で大きいのは3のキャッシュレス還元でしょう。

そして、これが今回の消費税増税が全くのマヤカシにしかならない理由でもあります。

 

軽減税率対応のレジ導入が遅れているという話もありますが、それ以上に中小小売店ではキャッシュレス対応の装置の導入が頭が痛いところでしょう。

 

上記の番組でも、現在の◯◯ペイという名の連中の競争についても触れていました。

今回の消費税増税で消費の冷え込みを防ぐためと称して行われるこの「ペイ」間の競争がこの現象をよく示しています。

 

結局は、消費税増税という大きな動きを利用して、キャッシュレス化を一気に進め、政権に強く食い込んでいる「ペイ」たちに金が回るようにしたいというだけなんでしょう。

 

その陰で、おそらく不正行為や犯罪行為の横行が激しくなるでしょう。

紙幣の偽物を作るのは非常に難しいのですが、デジタル犯罪など簡単な連中が国内外にはいくらでも出てくるでしょう。

さらに劣化した社会が見られそうです。

 

「復興〈災害〉 阪神・淡路大震災と東日本大震災」塩崎賢明著

著者の塩崎さんは、神戸大学名誉教授で都市計画などが専門。

阪神淡路大震災からの復興にも関わった方です。

その復興も完全には終わっていなかった間にさらに大きな震災が東北を襲いました。

 

著者が「復興災害」という言葉を最初に使ったそうです。

「災害復興」ではありません。

「復興」自体が正しい目標に向かって住民たちの事情や要望に沿って進められているとは到底言えないような状況で、阪神淡路大震災から10年が経っても多くの被災者たちが仮設住宅孤独死をするということが頻発していることをそう表しました。

 

東日本大震災は復興に大規模な国家予算が投入され、政権担当者も復興が第一と口では言っていますが、実情はとてもそのような状況ではないことを示しています。

 

復興というものが、かえって被災者たちに悲劇をもたらす。

まさに「復興災害」としか言えないような事態が繰り返されています。

 

6434人の犠牲者を出した、阪神淡路大震災からこの本執筆の時点で20年が過ぎました。

この震災からの復興は、「創造的復興」というスローガンを立てて実施されました。

しかし、実際の復興事業はその看板のもとに「開発的復興」として実施されました。

全部で823の事業が行われましたが、その中には住宅土地統計調査、住宅需要実態調査といった、通常時にも行われるような統計調査も入っています。

一概に分類はできませんが、大甘で言っても復旧復興事業に10兆8000億円(67%)、今後の防災事業に1兆6000億円(10%)、震災と直接関係しない通常事業に3兆8000億円(23%)という内訳になります。

この通常事業の中には、地下鉄海岸線建設に2350億円、神戸空港建設に2495億円、関空二期埋め立てに8326億円という巨大プロジェクトも入っています。

阪神淡路大震災で被災者のために作られた仮設住宅の費用が、撤去費まで含めても一戸あたり400万円、総額1920億円でしかないのと比べると、被災者のための復興事業などとはとても言えないものでした。

 

仮設住宅のずさんな建設、災害公営住宅の被災者の事情や気持ちを考えない作りなど、反省がなかったために東日本大震災で再び失敗を繰り返す愚行を続けています。

また、阪神淡路の場合は家屋倒壊による被害者が多かったために、死は免れても身体に障害を受けた人が多かったにも関わらず、まともに調査がされておらず「震災障害者」がわずか328人しか捉えられていないというずさんな行政が見られます。

これらの震災障害者に対しての支援策もほとんど実施されないままになっています。

 

阪神淡路大震災の復興という問題をきちんと整理し、反省するということが行われないままに起きた東日本大震災では、さらなる愚行が繰り広げられることになります。

 

東日本大震災の復興に向けて、「東日本大震災復興基本法」が制定され、さらに復興庁設置法が定められて復興大臣も置かれることになりました。

このように、形だけは政府挙げて復興に取り組むといった風に見せていますが、その内実はひどいものです。

 

復興構想会議という組織が作られ、そこで復興の理念・考え方が制定されました。

そこには、「被災地主体の復興を基本としつつ国としての全体計画を作る」といったキーワードとともに、「明日の日本への希望となる青写真を描く」という言葉も紛れ込ませています。

 

これが、実は復興予算を日本国内の全体に流用しようという悪だくみの基となりました。

復興予算として、巨額の国費が投入されることになりましたが、阪神淡路のときとは比べ物にならないほどに被災地とは全く関係ないところに復興予算が使われるという事態が起きました。

被災地外で行われる事業で大きいのが「全国防災対策」です。

全国の官庁や学校の耐震化工事がこの「東日本大震災復興事業」で行われています。

これは「津波被害」がほとんどであった東日本大震災の復興事業としてはまったく筋違いな話です。

他にも、全国各地の下水道事業、ごみ処理施設などへの流用が目立ちます。

さらに、雇用対策事業も被災地だけでなく全国の都道府県に配られています。

これも、「東日本復興事業予算」の中から支出され、その中には国民から取り上げた「復興税」が含まれています。

 

仮設住宅の必要性も格段に大きいものとなりました。

2014年、3年半を経た時点でも避難者が25万人近く居るという状態でした。

また、その特徴としては、元々被災した住宅の多くは持ち家であり、しかもかなり広い住宅に住んでいる人が多かったということです。

阪神淡路大震災の時は、被災者の多くは借家世帯であったのに対し、住宅に対する概念がかなり違っていました。

それにも関わらず、応急仮設住宅として建設されたのは変わらずにプレハブ住宅が主でした。

居住環境のあまりの差に被災者たちの暮らしにくさも大きなものでした。

 

このような「復興災害」と呼ばなければならないような劣悪な復興事業への反省がなければ次の災害への備えはできないでしょう。

 

 

小泉新環境相が前任者の発言を否定するあまりにトリチウム水の海洋投棄を完全否定

人気だけは抜群の小泉新環境大臣ですが、前任者の原田氏がトリチウム汚染水は海洋投棄もあり得るとした発言を完全否定しています。

gendai.ismedia.jp上記の高橋洋一さんの記事でも、原田前大臣の発言は個人的なものとはしながらも、トリチウムを含んでいても問題は少ないということを述べたものでしたが、小泉新大臣はその発言を、環境省官僚がおそらく作っていたはずの答弁原稿を無視し、感情的な論旨で否定してしまいました。

 

父親の手法を真似しているのかもしれませんが、こういった発言が人気を呼ぶということは無意識に会得しているのかもしれません。

 

それでも、この内閣人事を世論は支持しているとか。

なんとかにつける薬は無いということですので、もう傍観するだけです。

「サピエンス異変」ヴァイパー・クリガン=リード著

現代人は腰痛、眼精疲労坐骨神経痛などの病気に苦しんでいる人が多数です。

また、2型糖尿病は多くの患者を数え、それはすでに一つの社会問題となっています。

 

ホモ・サピエンスという、現生人類が種として確立されたのはおよそ30万年前と考えられていますが、その当時に上のような病気になっていた人はほとんどいませんでした。

もちろんほとんど獲物もえられずに栄養失調で死んだり、動物との闘いで死んだりと言った人は多かったでしょう。

しかし、現代人の多くが苦しんでいる病気とはまったく無縁でした。

 

原始の時代の人々は、進化で手に入れた二足歩行をフルに活かして歩き回り、狩りの獲物を求めてきました。

それは、二足歩行を始めたホモ属になってからの数百万年で適応してきた身体でした。

瞬間的に走る速さは多くの動物に及びませんでしたが、人類の利点はスタミナを活かして長い間歩いて獲物を追い詰めることでした。

彼らは特に臀筋が発達していました。

彼らの休息のポーズは、深くしゃがんだ姿勢で長くそのまま過ごすことでした。

現代人の多くはこの「深くしゃがむ」という姿勢が苦手です。(得意な人も居ますが)

 

そういった人類が、紀元前3万年頃から定住を始めます。

本格的な農耕は紀元前18000年頃から確認されていますが、その前段階の栽培が始まりました。

これ以降、仕事の仕方、その場合の身体の使い方、食べ物、などが劇的に変わってきます。

移動を止めたことで、身長が縮んできました。

穀物中心の食物を食べることで、歯や顎が小さくなってきました。

歯並びが悪くなり、穀物の残り滓が酸化するため虫歯ができてきます。

定住する家ができ、自然光を浴びる時間が少なくなってしまいます。

農耕化と時を同じくしてさまざまな家畜を飼うようになります。

しかし、これは動物の感染症が人間にも広がる原因になりました。

現代の多くの感染症は動物から広がってきたことが分かっています。

これも、畜産が始まらなければここまで広がるはずはありませんでした。

 

 

工業化が始まった産業革命以降の時代は、そこで働く労働者にとっては地獄のような日々でした。

長時間、危険と隣り合わせで、身体を酷使する作業を強いられました。

その厳しさは彼らの遺体にもそのまま残っています。

事故で手足が欠損したり、脊椎が歪んだままであったり、またほとんどの人は非常に短命でした。

 

ちょうどこの時代には、労働者階級も含めて子供を学校で教育するようになります。

しかし、そのやり方はと言えば、狭い教室の机と椅子にじっと座って話を聞くことを強制されていました。

これは、ゆくゆくは工場で働くようになった時に、おとなしく命令を聞けるような人間を養成しているだけの教育でした。

それに耐えられない子供をADHD,多動性障害と呼んで、神経的な疾患かのように考えています。

しかし、そのような強制的な着席には耐えられない方が当たり前かもしれません。

 

そのような奴隷的な労働は、工場の機械化などで徐々に無くなっていきました。

しかし、現代の労働者が何をしているかを見ていくと、さほど好転しているわけではありません。

ほとんどの労働者は、「ずっと座っている」わけです。

 

これは事務職ばかりではありません。

トラック運転手はもっとひどいことに、ずっと座って運転をしていって、その直後に荷降ろしという重労働を強いられてしまいます。

他の職業でも多かれ少なかれ座っている時間が長くなっています。

 

大方の人が気づいているように、これは「腰痛」の大きな原因です。

それを防ぐためには、座り続けることは仕方ないにしても、できるだけ「ウォーキング」をすることだそうです。

 

ほとんどの人が、「座り続けている」ことの影響として、多くの人が「肥満」してしまうことがあります。

すでに先進国だけでなく途上国でも肥満者の増加は激しくなっており、2025年には27億人が肥満になるという予測もあります。

肥満者の陥る病気で怖いのが糖尿病です。

この患者も今後は非常に増加していく危険性があります。

 

肥満者の増加を支えるかのように、穀物の増収は続いています。

しかし、どうも農産物はかつてより栄養分が薄くなっているようです。

これは、二酸化炭素の上昇で光合成が進み、炭水化物の含量は増加する一方、その他の栄養成分は土壌中からの吸収で変化がないためではないかと疑っています。

 

現代人の多くが苦しんでいる病気や苦痛は、現代人の生活そのものから生み出されているようです。

食べる量を減らし運動をすることで改善することはできるのですが、それが困難なのが人間なんでしょう。

 

サピエンス異変

サピエンス異変

 

 なお、農産物の栄養減少を本書では二酸化炭素上昇に結びつけていますが、これはちょっと無理でしょう。

そんなものより遥かに強いのが消費者の好みに合わせた品種改良だと思います。

オリンピックマラソン代表決定、?

ラソンのオリンピック代表選手を1回で決めてしまうという話だった?MSG(マラソングランドチャンピオンシップ)が行われ、男女2名ずつの選手が内定、もうひとりは今後の3大会の成績で決定ということです。

mainichi.jp

えっ、一回で全部決めちゃうんじゃないのと思いましたが、まあ今後の指定国内大会で日本新記録を出さなければ、今回3位が代表決定ということですので、まあ我慢。

 

男子の設楽悠太が思い切った独走、このまま行けるかと思いましたがやはり最後の坂で追いつかれて残念でした。

他の選手はとにかく勝負だけ、ギリギリまで周囲を見回し最後に出た選手がまんまと代表の座を手に入れました。

まあ、かなり温度は下がったと言っても30度近くはあったので、こういった展開も仕方ないことでしょう。

それでも女子代表になった前田選手は脱水症状、すぐに病院搬送ということですので、来年の本番がどういうことになるか、分かったもんじゃありません。

最初のオリンピック選手金栗四三さんも脱水症状で苦しんだそうですので、仕方ないことなんでしょう。

それにしても、出ている選手の皆異常なほどに痩せていること、野球のピッチャーの肘異常や相撲取りの怪我の多さも問題ですが、ここまで身体に異常をきたすようなスポーツというものの在り方はどうなんでしょう。

 

「ナゴヤ全書」中日新聞社「この国のみそ」取材班編著

2006年に中日新聞の年間企画として社会面で連載された「この国のみそ」をまとめて一冊の本としたものです。

 

その当時(今でもあまり変わっていないかも)は「ナゴヤは活気がある」と言われていました。

それがなぜなのか、そこを取材してみようというのが目的でした。

 

海外から日本人を評したものといえば、

「技術力は高いが、黙々とやる職人」

オピニオンリーダーになりたがらない」

「目立たず地味に」

「冒険は好まず地道」

こういった日本人評というものは、実は日本の多くの人が「ナゴヤ」を評した時に出てくる言葉とそっくりです。

 

つまり、いわゆる「ニッポン人」って「ナゴヤ人」のことなのでは。

 

古代から、大和朝廷はヤマトにあっても、尾張三河というのは重要な位置でした。

ヤマトタケルの奥さんは尾張の有力者の娘のミヤズヒメ、継体天皇の妃も尾張の豪族尾張氏の娘でした。

さらに、戦国を収めた織田信長豊臣秀吉徳川家康のいずれも尾張三河の出身で、江戸時代の大名家の半数以上がこの地の出身者の末裔だったそうです。

 

1980年代のバブル期に、東京や大阪では不動産投資のための融資というものが過熱しましたが、ナゴヤではマンションは住むためのもの、投資目的らしき客はほとんど居なかったそうです。

バブル崩壊後、地価の下落率は首都圏関西圏では70%以上にも達したのに対し、ナゴヤ圏ではその半分程度でした。

土地投機が穏やかった分だけ、バブルの傷も浅かったようです。

これは企業の場合も同様で、バブル期でもメーカーでは土地投資などはせずに研究開発に力を入れるところが多かったとか。

 

それがバブル崩壊後の余力となって、その後の発展が見られました。

名古屋駅前の双子の塔、セントラルタワーズも2000年の開業でそれを象徴するものでした。

ただし、そこに入居したのは高島屋、それまでのよそ者には冷たいというナゴヤの風習とは少し変わってきたのかもしれません。

 

名古屋を含む地域は日本列島の東西を結ぶ中心部であり、流通の拠点ともなってきました。

江戸時代には日本海を回る北前船が有名で、江戸と大坂を往復する菱垣廻船もありましたが、その隙間を埋めていたのが実は「尾州廻船」だったそうです。

北前船や菱垣廻船は小回りが効かずに定期的にしか動けなかったのに対し、尾州廻船はゲリラ的な動きで実質的な流通の鍵となっていました。

それは東西の物資を運ぶのと同時に、東海地区の商品を各地に運ぶ効果もあり、ミツカン酢や常滑焼渥美焼といったものが全国に届けられました。

これもこの地域の工業生産の基礎を高めることにつながりました。

 

名古屋の味噌の代表格といえば「八丁味噌」です。

岡崎が本場ですが、今では名古屋もその本拠地となっています。

徳川家康は岡崎の出身ですので、八丁味噌の本場の出なのですが、家康が天下を取っても八丁味噌が全国に広まらなかったのはなぜかというのが謎になっています。

家康は実は八丁味噌は好みではなかったのではないかという説もあるようですが、家康の元へ豆味噌が送られていた記録はあるようで、本人は豆味噌を好んだのは間違い無さそうです。

 

名古屋の中心にほど近いところに覚王山日泰寺というお寺があります。

これは、明治時代にインドから発掘された「御真骨」本当にシャカの遺骨とされるものが収められているところです。

発掘したイギリスからそれを託されたタイの国王が、世界の中でミャンマースリランカ、日本にその一部を分与することにしました。

しかし、日本の中でどの寺に納めるかで、国内の仏教各派は大騒ぎとなりました。

まとまらないかと思ったところで、現在の名古屋市内、旧田代村の村長が土地の寄進を取りまとめ、名古屋の政財界から浄財を集めて一気に話を決めてしまい、そこで無宗派で建てたのがこの日泰寺だということです。

(なお、最初の寺名はシャムからとって日暹寺だったのですが、シャムがタイと国名を変えたので「日泰寺」と改名しました)

やる時には一気にやってしまうという名古屋人の行動力でしょうか。

 

私は幼児期から小学校1年まで名古屋に住んでおり、叔母一家も在住、名古屋というところには縁の深いものを感じます。

特に、日泰寺は住んでいた家のすぐそば。

懐かしい所です。

 

ナゴヤ全書 : 中日新聞連載「この国のみそ」