爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

「島原・天草の諸道 街道をゆく17」司馬遼太郎著

あまり司馬さんの本は読まないのですが、この一冊だけ。

 

街道をゆく」というシリーズは、数十冊も書かれており、日本国内だけでなく海外版もあるようですが、その中で「島原・天草」というこの本のみ読みました。

したがって、シリーズがどのような主題をもとに書かれていたかということも何も分かりません。

この本を読んでの印象だけですが、一般的にある地域を旅して書かれた旅行記などの書物は多いのですが、それらと異なり一つの対象だけを突き詰めていくだけの旅と言うもののように見えます。

 

実際にその場に行かなくても書けるのではとの疑問も出ますが、ところどころには現地の情報も入っていますので、やはり足を運んだのかと納得はさせられますが。

 

この本の主題とは、「天草島原の乱」がほとんど、そして少々隠れキリシタンです。

 

私の現住所、熊本県八代市八代海を隔てて天草諸島の対岸、さらに島原は宇土半島越しに雲仙岳が見えるというところですので、この地域にも何度も足を運んだこともありますし、色々な話も聞いています。

この本に書かれていることも、これまでの知識とほぼ同一といったものであり、若干詳しいことも含まれていますが、基本的には新たな印象が得られるものではありませんでした。

 

しかし、文中に書かれていたことで、天草諸島東シナ海から近づいてくる南方からの船にとっては日本で最初に到着する場所であったと言うイメージは、忘れがちな視点かもしれません。

熊本県内から見ても、天草はちょっと辺鄙な田舎、全国的には僻地そのもののイメージでしょうから。

それが、かつては対外的に最先端であった時期もあったということです。

 

本書最後の方には、天草の天主堂、大江と崎津も触れています。

つい先日、世界遺産として崎津天主堂は長崎の多くの場所とともに登録の運びとなりました。

現地は観光への期待が増しているようですが。

どうも素直に喜べません。

 

街道をゆく 17 島原・天草の諸道

街道をゆく 17 島原・天草の諸道

 

 

 

日本では住宅を資産とすることはできないのか。スクラップエコノミーが良いところ。

少し前に「スクラップエコノミー」という本を読み、20年ちょっとでスクラップと化してしまうような安普請の住宅を建てることが、経済活性化?につながり日本の経済成長を支えたという話を聞き、衝撃を受けました。

sohujojo.hatenablog.com

欧米のような、数十年も持つ建物を建てて、それを資産として運用し、中古住宅の流通もしっかりとさせていけば、もっと有益な方向で経済を動かすことも可能ではないかと感じました。

 

しかし、この前の西日本全体を覆うような大水害を見ていると、そのようなしっかりとした建築物も浸水しさらに崖崩れに襲われればなんにもならないなと感じました。

 

この水害でも家が大損害を受け、建て直したら二重ローンになるという被災者の話もあり、これがもし100年も持つような強固な住宅であれば、建築費も相当高かったでしょうから、ローンの支払も相当多いだろうし、そうなれば二重ローンの厳しさもさらに激しくなるばかりです。

 

もしかしたら、日本のような地震や水害、台風の常に襲いかかる風土では、元々「強固な住宅」というのは無理なのではないかと気付きました。

 

それよりも、格安の建築費で雨がしのげるだけのものを建て、もしも壊れてもすぐ建て直すという方がよほど良いのでは。

 

戦後、数々の自然災害に襲われ建築基準法も強化され、徐々に建物も強固なものになりつつありますが(それでもまだ不十分ですが)、もしかしたら、まったく方向違いのところに来ているのでは。

 

そう感じさせられる天災連発の日本列島です。

 

「ゲノム編集技術」について、法的規制が必要かどうか政府検討始まる

最新の遺伝子編集技術とも言うべきゲノム編集について、環境省主催で検討が始まるという記事が、FOOCOM.NETで白石洋一さんにより書かれています。

www.foocom.net

「ゲノム編集」に関しては、これまでにもFOOCOM.NETで紹介されたり、書籍を読んだりしていますので、その紹介もしてきました。

sohujojo.hatenablog.comしかし、いよいよ法的規制に関わる論議が必要となるほど技術が浸透し広がってきたということでしょうか。

 

従来の「遺伝子組み換え」技術は、カルタヘナ議定書による協定にも明記されていたために、法的に規制されていますが、新しい「ゲノム編集技術」は異種の遺伝子を導入するということはなく、対象の遺伝子の数箇所を変更するという技術のために、これまでの規制基準のままでは取り締まることができないということになります。

 

すでに、家畜や栽培植物の改良だけにとどまらず、医療技術としてもその適用範囲が広がりそうな勢いです。

 

白石さんの記事の中にもあるように、市民団体や社会科学系の学者などからは「何が起こるかわからない」から反対という意見が出てきており、議論が噛み合わないままに進んでしまいかねないという、これまでも見てきたような状態が再現しそうです。

 

 「ゲノム編集はカルタヘナ法の規制対象か否か」だけが注目されがちだが、実際はゲノム編集の一部の「正確な小規模変異誘導技術」の扱いをどうするかだ。

 カルタヘナ法との関連ばかりが注目されがちですが、見落としのないように議論を進めるべきでしょう。

急がなければ、動き出してしまう研究者も多いようです。

 

 

サンゴの白化現象はプラスチックのせい?

サンゴの白化現象という、サンゴと共生関係にある褐虫藻が死んだり離れたりすることで、サンゴ礁が白くなりやがては死滅してしまうという現象があります。

moriken23.com

この原因は何か、いろいろの学説がありますが、今回、最近話題のマイクロプラスチック(微小なプラスチック片)ではないかという推論が発表されました。

 

mainichi.jp

上記記事に書いてある実験を見ても、とても厳しい論争に耐えられるような確実な報告とは言えないようですが、元々サンゴ礁白化の原因としては水質汚染も挙げられていたようですので、可能性はあるかもしれません。

 

この前まで、サンゴ礁白化原因としては温暖化による海水温上昇という話ばかり聞いていましたので、まともな解説すら読んだことがなかったのですが、この機会に調べてみるのも良いかもしれません。

懐かしい風景「軽トラックの荷台に自転車」

昨日は朝から猛暑にも関わらず散歩に出かけ、暑さにやられて早々に戻りました。

 

その途中で出会ったのが「軽トラックの荷台に自転車」という光景です。

 

今ではこれはNHKBSの人気番組「日本縦断こころの旅」で火野正平氏が登り坂がきつい時に「軽トラはいないか」と探し回るというお決まりの風景が有名ですが、私には別の思い出があります。

 

もう30年近く前になりますが、当時の勤務先であった会社の研究所から、関連する外部の財団法人の研究所に派遣され、前橋の研究所に3年ほど行っていたことがあります。

 

ちょうど子供も小さい頃で、仕事に子育てに忙しく色々な思い出がありますが、その中でよく見かけたのが「軽トラックの荷台に自転車」でした。

 

当時、その研究所があったのが富士見村(現在は合併し前橋市)の赤城山の中腹、アパートを借りていたのが麓の前橋市で、朝は急坂を登り、夜はほとんどアクセルも踏まずに降りてくるといったところでした。

メインルートは前橋から赤城山の山頂までつながる県道4号線。特に細井という町を越えると嫌になるような坂道でした。

 

赤城山でも中腹までは人家も多く、子どもたちは前橋の学校まで通うというのが普通だったようです。

一応バスも走ってはいましたが、バス代がかかるためか男子は特に自転車通学の子供が多いようでした。

朝は楽です。ブレーキを掛けなければすぐに高速で危ないくらいの坂でした。

しかし、帰りは登り坂で若い高校生といえども自転車で楽に登れるような道ではありませんでした。

そこで出番となったのが、じいちゃんや母ちゃんの軽トラです。

荷台に自転車を載せ、助手席に座って帰宅する高校生という風景がよく見られました。

 

なお、その坂道も、競輪選手にとっては良い練習場だったようで、前橋競輪の選手たちがよく登り坂をスイスイと走っていきました。大したもんです。

 

しかし、昨日見かけた自転車積んだ軽トラ、なんで運んでたんだろう。

水害の被害者は二酸化炭素大量発生者を訴えて損害賠償を求めることができるか。

今朝の記事の関連です。

環境庁や国立環境研などでは、二酸化炭素温暖化が異常気象の原因であることは間違いないようなことを言っていますが、それでは今回の水害の被害者、遺族や家を破壊された人びとは、二酸化炭素の大量排出者や、自動車を不要不急で乗っている人々に損害請求ができるでしょうか。

 

いささか不謹慎なようでもありますが、これはやってみる価値があるのでは。

 

かつてなかったような激しい雨は、二酸化炭素による温暖化のためであり、それを関連付ける多くの学説があるにも関わらず、漫然と火力発電所で石炭を燃やし続けている電力会社や発電企業、そして不要不急であるにも関わらず遊興で車を乗り回し二酸化炭素排出を続けている人々は相応の責任があり、賠償義務を負うとして訴訟を起こせるように思います。

 

まあ、環境省のヘボ役人とは違い日本の裁判官はそれを認める可能性は低いでしょうが、世界的問題であるとしてアメリカの裁判所にアメリカ企業や個人を相手に損害賠償請求したら結構通るかもしれません。

 

やはり、金の問題にしなければ誰もまともに考えようともしないはずです。

 

今度の水害は温暖化のせい? TBS”サンデーモーニング”の報道に「環境問題を考える」の近藤邦明さんが激怒

広範囲に大規模な水害を起こした西日本豪雨について、日曜日のTBS系の朝の番組「サンデーモーニング」で地球温暖化の影響という決めつけが為されたということです。

「環境問題を考える」というサイトで以前から二酸化炭素温暖化説に対してその矛盾と不備を指摘している近藤邦明さんが、怒りの記事を載せています。

http://www.env01.net/fromadmin/contents/2018/2018_03.html#n1230

 

私はその日は出かけていたのでその番組は見ていませんが、二酸化炭素温暖化説の江守正多を出演させ、何らの科学的説明も無いままに二酸化炭素温暖化が今回のような異常気象の原因であると決めつけた報道をし、他の出演者も「昔は涼しかった」というだけの発言を繰り返すというバカ番組だったということです。

 

私は二酸化炭素濃度上昇による温暖化というものは部分的には成立していると考えますが、それがこのような異常気象につながるかというとそれは主因とはならないだろうと(根拠はありませんが)感じています。

 

ただし、それ以上に問題と感じているのは、このような災害が起きた時には二酸化炭素温暖化の脅威と叫びながら、それを止めるべき政策や社会改革の議論を何もしようとせず、ただ単に「自然エネルギー」などと唱えているだけの多くの人びとの意識です。

 

本当に、このような異常気象が怖ろしいのであれば、もうすぐに化石燃料使用を止め(削減などでは間に合いません)経済成長などは完全に捨て、社会改革をしようという方向へ向かわなければならないはずです。

 

災害が起きたその時だけは「温暖化の脅威」と言いながら、実効ある対応を考えようともしない。そういった不真面目さというのが社会全体を覆っています。

 

折から、水害のあとは連日38℃も越えようかという猛暑。ますます温暖化論者が勢いづきそうですが、上記の近藤邦明さんのサイトでも、もしも温暖化が二酸化炭素上昇で起きるのならば、それは冬場の温暖化につながるはずであり、夏の猛暑とは違うと書いてあったと思います。

今年の冬も空前とも言うべき寒さでした。わずか半年前のことも忘れてしまっているのでしょうか。

なお、現在でも日本南部は猛暑ですが、北日本は寒気の影響で荒天が続いています。それも無視するのが東京中心主義者でしょうか。