爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

「日本人が知らない 世界と日本の見方」中西輝政著

国際政治学者で京都大学教授の中西さん、その意見には反発も感じますがやはりなんとなくひきつけられるものを感じて本を手にとってしまう、そういった悪魔のような魅力があるとは言えるようです。

sohujojo.hatenablog.com

前のブログでは「図書館でも手に取ろうとは思わない」などと書いたのですが、なんとなく手にとって読んでしまいました。

 

この本は、京都大学での2008年の講義をまとめたものだということです。

講義とはいえ、学外の社会人なども聴講希望者が多く、その講義録を求める声も大きかったとか。

そこで、PHP研究所がその出版を行ったという、現代社会を引っ張る構造がそのまま見えるような出版エピソードがまえがきに記されていました。

 

まあ、前置きはそれくらいとして、一応中身に触れておきます。

 

第1講「戦争の仕組み」では、日本人が戦争といえば太平洋戦争ばかりに意識が向き勝ちだが、世界的にはそうでもないということを認識させられます。

イギリスやヨーロッパではそれ以上に第1次世界大戦が強烈な印象を残すものだったとか。

事実上、それが国家総力戦と言うものの始まりであり、兵士の戦死もそれまでとは比べ物にならないほど多い上に市民の犠牲者も多かった。

そのために、反戦平和主義と言うものはヨーロッパでは第1次世界大戦後に広がったそうです。

日本ではこれは第2次大戦後に限られていますが、日本だけの現象ではなくヨーロッパでも普遍的なものでした。

 

「もし国際連合に拒否権がなかったら」と言う問いかけも面白いものでした。

第1次世界大戦後にできた「国際連盟」には拒否権というものはありませんでした。

日本はその国際連盟では常任理事国でした。

アメリカは加入しておらず、形の上では英仏伊といった諸国と同等の地位でした。

しかし、満州事変などの大陸進出を日本が進めた時に、国際連盟は日本を非難する決議を賛成大多数で採決しました。

そのために日本は国際連盟を脱退して第2次大戦に突き進むのですが、もしも国際連盟が現在の国際連合と同様に常任理事国の拒否権を認めていたら、日本の連盟脱退ということは無く、その結果第2次大戦にも進まなかったかもしれません。

「拒否権」というものは、大国のわがままを認めるだけということのように見えますが、かつての痛い経験から大国同士の戦争だけは避けると言う意味で作られたもののようです。

 

アングロサクソンとはなにか」と言うもの面白い問題ですが、ここでは詳述はしません。

 

グローバリゼーションの進展で、世界はまた一つの文明圏となるという見方が現代では支配的ではないかと思いますが、中西さんはそうはならず「アンチ・グローバリゼーション」に向かうと見ています。

「国家」というものが再び重要なものとなり、グローバル企業をも支配するということでしょう。

それが実際どうなるか、この後の展開次第かと思いますが、どっちが勝っても庶民には良いことは無いのかもしれません。

 

だいぶ毒気に当てられました。これでまたしばらくは中西さんの本は読まなくていいかな。

 

 

万博開催地の投票迫る。内田樹さんも一言。

2025年の万博開催地の決定投票が迫り、立候補している大阪ではごく一部で盛り上がっている?そうです。

 

www.daily.co.jp

これについては「内田樹の研究室」でも取り上げられています。

もちろん、内田さんのことですから大反対ですが。

blog.tatsuru.com

対抗馬はアゼルバイジャンのバクー、ロシアのエカテリンブルグだそうです。

しかし、日本国内では大阪万博を招致しようという機運はほとんどありません。

招致委員会の公式サイトとやらにも、気の抜けた文章があるだけだそうです。

書いてあることはほどんど「経済効果」だけ。

大阪万博の招致の最大にしてほぼ唯一の目的は地域への経済波及効果である。国の試算で1兆9000億円、大阪府の試算は2兆3000億円。万博に合わせたイベント開催や観光客の増大などの間接的な誘発効果は大阪府の試算で4兆1000億円。まとめて6兆4000億円の経済効果がもたらされると言われている。

「儲かりまっか」の大阪だと言っても、これだけでは恥ずかしいだけでしょう。

 

2014年に言い出したのが、当時大阪市特別顧問であった堺屋太一氏だとか。

堺屋と言えば1970年大阪万博企画の成功が最大の業績として鼻高々の人ですから夢よもう一度なのかもしれませんが、内田さんの書いている通り「堺屋・松井・橋下という面々は経済効果がざくざくという話がお好きである」ということです。

 

 

これは内田さんはここでは書いていないことですが、私はこの「経済効果」と言う数字には非常に疑いを持っています。

確かに金は回るということが一部では起きるのでしょうが、それは他方では人々に非常に痛みを与える場合もあります。

たとえば、この前の「サマータイム騒動」でも経済効果を持ち出す人がいました。

しかし、それには否応なしに出費を迫られるような人、この場合はコンピュータ・プログラムの手直しが必要となる人々が出さざるを得ない費用なども計算されています。

そのような、他に回すことができた資金を削り取られることまで含めて「経済効果」などと言われても喜ぶわけには行きません。

 

まあ、このところの万博開催地は、内田さんも上海以外は知らないと言っているように、「これから」の都市が多いようですので、バクーやエカテリンブルグの方にはるかに分があるでしょうから、大阪はめでたく落選するでしょう。

今思えば、オリンピックも落選しておくべきだった。

 

 

 

 

日産自動車カルロス・ゴーンが逮捕との報道

日産自動車の現会長カルロス・ゴーンが逮捕されたという報道が流れています。

news.yahoo.co.jpテレビの報道版組でも速報で扱われていますが、どうも自らの金融取引の疑惑での逮捕のようです。

 

ゴーンは日産自動車の経営を立て直したと言われていますが、その一方では欧米流の非常に高額な経営者報酬を得たと言われています。

その高額収入が疑惑の対象であったのでしょうか。

 

しかし、どうやらこの疑惑と告発も社内からの情報であったということも言われています。

社内の反発がこの公表につながっていたのかもしれません。

ため息ばかりがこみ上げるような事件とも言えます。

「超能力ははたしてあるか」大槻義彦著

1970年代から80年代にかけて、超能力と言うものがブームとなり、外国人の由利某とやらが大きく取り上げられ、日本人でも清田某とかの少年(その後青年から中年、高年となった)が何度もテレビ出演をするなどしていました。

最近ではあまりそういった番組もないようですが、皆目覚めたからとも言えません。

 

当時から、「反超能力」としてテレビにも数多く出演していたのが、本書著者の当時早稲田大学の物理学教授であった大槻義彦さんでした。

他の多くの科学者たちは超能力ブームにおそらく眉をひそめつつも何も発言しようとはしなかったのですが、大槻さんは敢然と言い続けました。

そこには、本書の中にも表れているように、「科学、特に物理学を誤用して(あるいは故意に曲解して)超能力にお墨付きを与えるかのような人々」に対しての反発が基にあったのでしょう。

 

超能力ブームの中では、一応どこかの大学教授とかが、「科学的に見れば」とか「これが本当なら物理学を塗り替える」といった提灯持ち発言をすることも多々ありました。

大槻さんはこういった一応学者たちの存在にも批判を加えています。

 

取り上げられている「超能力」は、スプーン曲げから始まり、念写や水晶パワー、チャネリングダウジング、テレポーテーションなど、かつての思い出が蘇るような気にさせられるものばかりです。

テレポーテーションに生半可な量子力学的解釈をするなど、見た覚えがあります。

 

結局、ほとんどのものはできの悪いマジックであるということでした。

しかし、あのブームなるものも、振り返って後味の悪い思いが残るものでした。

 

超能力ははたしてあるか―科学vs.超能力 (ブルーバックス)
 

 

麻生の暴言癖も困ったもんだ

副総理兼財務大臣麻生太郎が、現北九州市長を「東大に行ってるから人の税金で学校に行った」と批判したそうです。

www.tokyo-np.co.jpこれまでにも幾多の暴言を連発している麻生氏ですが、保育所から高等教育まで教育無償化を目指しているという政権の姿勢とは同じではないのでしょうか。

 

ちなみに、本人は学習院大卒ということで、私立だから自分の金だったということでしょう。

 

しかし、閣僚でも多くの人たちが国立大卒のはずですが、そちらは良いのでしょうか。

 

麻生氏は安倍内閣の最初から重要なポストで政権を支えていますが、実のところその寄与度合いはどうなのでしょうか。

財務官僚の活躍を妨げない程度に適度に椅子に座っているだけなのでしょう。

 

 

「贋作・盗作 音楽夜話」玉木宏樹著

著者の玉木さんは芸大卒のバイオリン演奏家ですが、その後作曲も手がけ、映画やテレビの挿入曲、CM音楽などの作曲もされており、著作権にからむトラブルにも何度も巻き込まれているそうです。

そんなわけで、音楽界の盗作などについての話、また大作曲家の真実の姿といった話をいろいろと紹介されています。

 

贋作、盗作と言っても、バッハの頃には音楽著作権などという意識はほとんど無く、バッハ自身も人の曲を取り入れたり、自分の曲でも何度も使いまわしたりといったことはよくあったようです。

また、「バッハの曲」と言われている曲でも他の人の作曲であったと言うこともよくありますが、当時はバッハはそれほど有名な作曲家ではなく、「バッハの曲」として贋作されたということは無かったのですが、後の時代になって増えてきました。

モーツアルトも同様で、生前にはほとんど認められることも無かったので、贋作が出だすのは再評価されて以降のことになります。

 

日本人は音楽著作権に対しての意識が低い、などと言われますが、欧米でもその権利が確立したというのはさほど古い話ではなく、20世紀になってからリヒャルト・シュトラウスが精力的に活動してようやく形になってきたものだそうです。

欧米でも著作権料の支払いと言うものが形になったのは、ようやく第2次大戦後だったとか。

 

ラバーズ・コンチェルトという曲の元歌にもなった、バッハの「メヌエットト長調」はバッハの作曲ではなく、クリスティアン・ペツォルトの贋作だと言われます。

しかし、決して「ペツォルトの贋作」ではありません。

当時は、バッハよりもはるかにペツォルトの方が有名だったようで、そんなペツォルトがバッハの名前をかたって曲を書くはずもなかったのです。

事実はまったく逆で、バッハの方がペツォルトに無断で曲を拝借してしまったのだとか。

 

バッハを「音楽の父」と呼びますが、実際のバッハは厳格な音楽教師という評判はあったものの、決して音楽の父と呼ばれるような存在ではなかったようです。

バッハの音楽が再認識されたのは、メンデルスゾーンによって「マタイ受難曲」が発掘されて以来のことでした。

したがって、「音楽の父」と呼ぶべきなのはメンデルスゾーンなのかもしれません。

 

ポップス系の音楽でも盗作と言うことは大きな話題となります。

現在でもネットには「パクリ情報」と言うものが溢れているようです。

しかし、シャンソン、ラテン、タンゴといった音楽ジャンルでは、すべての曲にすぐにそれを分かるような味付け(テイスト)が含まれており、特有のクリシェ(慣用句)と呼ばれるメロディがありました。

このクリシェは誰が使っても良いような風習となっており、いまさら盗作などと騒ぐ人はいませんでした。

典型例として挙げられているのが、ボサノバのカルロス・ジョビンです。

彼の曲はどれを聞いても同じようなもので、すべてが「ジョビン節」です。

日本の演歌も似たようなもので、その旋律がどこか似たようなものがあり、さらに演歌の場合は詩もどれも同様といったものです。

こういったところでは、あまり「盗作騒動」は起きません。

 

しかし、世界的なヒットが生まれれば一気に数億円以上の利益が上げられるとなれば、やはり盗作は問題とされます。

山田耕筰の「赤とんぼ」も、日本語のイントネーションとして全く不自然だということは誰でも気がつくのですが、実はシューマンの協奏曲にそっくりのメロディがあるそうです。

早稲田の校歌「都の西北」もエール大学の学生歌にそっくりだとか。

 

玉木さんは、「純正律音楽研究会」の代表も務めるということで、純正律には詳しい方ですが、そこから「絶対音感」を見ると滑稽なものに見えるようです。

絶対音感というものを祭り上げるような風潮もありますが、平均律の音階などをいくら覚えたとしても純正律には応用できません。

バイオリン演奏家は音というものは連続的に変化させられることをよく知っているために、たまたま現在の440Hzの音がAとなるということを基本とした絶対音感などにはあまり価値を感じないようです。

したがって、バッハもモーツアルトもベートーベンも、絶対に「絶対音感」の持ち主では無かったとしています。

 

音楽のあれこれ、なかなか面白い噂話でした。

 

贋作盗作音楽夜話

贋作盗作音楽夜話

 

 

韓国徴用工判決に北朝鮮も便乗 こちらの方はかなり大変

韓国の裁判所で徴用工とされる人の賠償金支払いを命ずる判決が出ましたが、それに北朝鮮も便乗して来るようです。

news.livedoor.com

韓国の方は日本側も日韓条約締結時の取り決め(日韓請求権協定)で「完全かつ最終的に解決」したとしていますので、これを盾に拒否しています。

しかし、北朝鮮はこれまでも全く解決はされていませんので、厄介な問題でしょう。

 

これをどう収めるか、「外交上手」と自認しているらしい安倍首相のお手並み拝見といったところです。