爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

「実践 日本人の英語」マーク・ピーターセン著

日本を訪れる外国人も増え、彼らが日本語を話す場面もよく目にするようになりましたが、驚くほど上手な人もたまには居るものの、多くは「片言の日本語」を話しています。

それと同じか、もっとひどい状況が我々が英語を使う時に起きているということで、著者のピーターセンさんは長らく日本で英語の指導をしていると、日本人特有の間違いがあることに気がついたそうです。

一応、英語で意思疎通ができる程度ではあっても、そのような片言の英語を使っていては相手の態度も違ってくるでしょう。

さらに、そのような英語は子供っぽい印象を与えてしまうことにもなりかねません。

ビジネスや学術関係で英語を使う場合はできるだけ避けたほうが良いのはもちろんです。

 

日本語で、「AのB」という表現は必ずしも所有を意味するとは限りません。

しかし、どうもこういった場合に英語にする時に、「A’s B」ないしは「B of A」としてしまいがちなのが日本人の英語だそうです。

「クラスメートの彩香ちゃん」を表す際に、ofなどは使えません。

これを言い換えれば「クラスメート である 彩香ちゃん」となるはずであり、英語で書く場合は「Ayaka, a classmate」と単にカンマで区切るのが最上です。

 

英語は「数」に関する感覚が厳密であると言えます。

単数と複数の違いというものは厳格に意識されており、冠詞もそれに応じて使い分ける必要があります。

これは嫌でも我慢してクリアしなければ片言英語からの脱却はできません。

ただし、moneyのように数えられない名詞の場合もあるために複雑で分かりにくいところです。

 

時制というのも日本人が引っかかりやすいところで、状態の動詞、動作の動詞の違いも絡むと相当難しいのは確かです。

やはり日本語ではあまり意識されない現在完了形、過去完了形の使い方というものが困難さを増しているようです。

さらに、「未来完了進行形」などというものもありますが、著者がこれまで指導してきた大学生の英作文では、未来完了進行形を使うべき場合でも間違いなく使われたと言う例が一つも無かったそうです。

 

日本語と英語の単語の間に、1対1の対応などはあるはずもないのですが、どうもそれがあるものと錯覚して使ってしまう単語も多いようです。

この代表的な例が「challenge」と「expect」で、日本人はどうしても「challenge=挑戦する」「expect=期待する」と考えがちですが、とんでもない間違いのようです。

challenge+目的語の場合は、「挑発する」「異議を唱える」と言う意味ですし、expect+目的語は「予期する」と言う意味であり「望ましい状態を期待する」という意味はありません。

著者は、この間違いがほとんどすべての日本人に行き渡っているのは何らかの理由があるのではと疑っています。

 

接続詞の使い方にも日本人特有の問題点があるようで、原因や理由を表すために使われる接続詞として、異常に「so」を使いたがると言うことがあるそうです。

著者はこれが日本語の「それで」と音の雰囲気も似ているからではないかと考えていますが、英語の場合のsoは注意を要する単語です。

日本人の使う「それで」という、因果関係を表すようでゆるやかな「成り行き」を表すような接続詞とは「so」は全く異なり、sinceやbecomeよりもさらに緊密な因果関係をもつ場合に使われるものです。

必然的なつながり、明確な因果関係を持つつながりの文章の場合のみに使うべきです。

 

日本語の悪い使い方に、「と思う」や「など」が頻発するということがあります。

少し表現をボカしたいところに使われることがあり、実際は私はそう思うというしっかりとした状況なしに、「と思う」が入ったり、例示がすべて終わっているのに最後に「など」を付けてしまう話し方をする人がよくいます。

これが英語に訳す時にそのまま出てしまい、「I think」を不自然に入れてしまったり、「and so on」を付けたりしてしまい、英語話者をイライラさせることが多いようです。

条件反射的にand so onを付けられる場合もあり、「一体いくつあるんだ」と疑惑を持たれます。

 

片言の英語でも話せないのに、その先の話を聞くとがっかりするばかりですが、これが現実なんでしょう。

 

実践 日本人の英語 (岩波新書)

実践 日本人の英語 (岩波新書)

 

 

JAF(日本自動車連盟)の会員機関紙「JAF MATE」の記事

自動車社会からの脱却こそが課題と主張してはいますが、それでも我が家にも自家用車が1台あるために、以前からJAF日本自動車連盟)には会員として加盟しています。

 

これは、出先などでの急な故障の場合にはどうしてもJAFのロードサービスが重宝なためで、これまでも1回だけですが電気系統の故障で動かなくなって助けてもらったこともあります。

 

そんなわけで、別に特にJAFに恨みがあるというほどのことはないのですが、毎月送られてくる会員機関紙の「JAFMATE」の記事が傑作だったので取り上げてみます。

 

今月の6月号のメインテーマが「地球のこと、考えてみない?」と題し、「みんなのエコ川柳」の結果発表だそうです。

 

「地球のこと、考えた」ら「自動車なんて止めましょう」に決まってるでしょうとは思いますが、一応選考作品が掲載されていました。

まあ、投稿者に恨みもありませんが、一応引用しておきますが

「再利用 出来た自分に 丸をつけ」とか「スマホより 私を見てと 泣く地球」など、予想通りの他愛ない作品が並んでいます。

 

自動車社会にどっぷりと浸かりこんだ人々に「エコ」(エコノミーではありません。)といっても「エコカー」とか「省エネ」「リサイクル」といったものしか思い浮かばないんでしょう。

 

さて、もう一点気になる記事は、相も変わらず「自動車税金の高いことに対する批判」です。

今回は、車関係の税金で「当分の間増額税率」とされているものの批判です。

 

ガソリン税は本来は1Lあたり28.7円なのですが、「当分の間増額」として53.8円とされているので、早く暫定税率は廃止すべきと言うのが主張です。

 

しかし、自動車社会全体を支えている金が、自動車使用者だけの負担であるわけもないということには目をつぶっています。

これは自動車社会を作り出した時点から変わらず続いている構造であり、自動車使用者が払っている税金以上のものが名を変え形を変えて使われています。

高速道路などの建設費は使用料金や自動車税から当てられているかもしれませんが、その他すべての道路建設、補修等まで負担しているわけではありません。

さらに、自動車交通の管理費用としての警察の維持費、交通信号などの整備費等々、一般予算から向けられている費用は多額に上ります。

 

まあ、書かれていることに八つ当たりはしましたが、何かあったらJAFさん出張修理よろしく。

「グルテン戦争」バカバカしいことをやるのは日本人だけではないようで。畝山智香子さんがScienceの記事を紹介

いつも海外の食品問題の紹介をされている、畝山智香子さんが、Scienceに掲載された記事を引用しています。

2018-05-24 - 食品安全情報blog

 

元記事は、Kelly ServickさんというScience のStaff writerが書いた記事です。

www.sciencemag.org

最近では日本でも「グルテンフリー」といった言葉を聞くことがあると思いますが、その理由をはっきりと理解している方はあまり多くはないと思います。

 

セリアック病という自己免疫疾患がありますが、その患者は小麦粉が含むタンパク質であるグルテンにアレルギーがあるというのは事実のようです。

しかし、その患者の出現頻度は小さいものであり、ほとんどの人は関係ありません。

 

ところが、いつの頃からかグルテンを摂らないと健康になるという神話ができ、ほとんどの人は必要がないのにグルテンフリー食品を求めるということになりました。

 

さすがにアメリカでも多くの医師はその不安を語る患者には「あなたはセリアック病でも小麦アレルギーでもない、さよなら」と言うだけだそうですが、ごく一部にその存在を過大に言って商売に利用してしまう医師などがあり、不安を煽っています。

 

3月に、コロンビアでセリアック病に関するシンポジウムが開かれましたが、そこでは正統派のセリアック病をきちんと研究している研究者以外にも、非セリアック病グルテン過敏症なるものを唱える人々なども出席し、不安を抱える人々をさらに不安にさせるようなことを主張しているようです。

 

といったわけで、主にアメリカではまったく必要もないのにグルテンフリー製品を購入する人々が何百万人もいるようです。

記事の終わりに付け加えられているように、「グルテンフリーウォーター」なるものまで売られているようです。

 

バカなのは日本人だけではないということが分かってしまいました。

トランプの悪あがき、世界中にトラブルを撒き散らす

北朝鮮との会談の中止が発表され、まあどうせ開いてもしょうがない程度のものですから驚きもしませんが、緊張が高まるでしょう。

 

それにしても、またも経済関係で驚きの施策です。

www.nikkei.comなんと、「安全保障を理由に」輸入自動車に25%の関税をかけることを検討とか。

 

日本の経済界は大慌てです。

 

鉄鋼の時もそうですが、関税を掛けて一番困るのはアメリカの国民でしょう。

輸入品が値が上がれば国内産業が復活すると言うのがシナリオでしょうが、復活すべき国内産業の供給力が準備されていればまだしも、供給できなければ高い輸入品を買い続けなければなりません。

 

それにしても「アメリカ第一主義」というのが「アメリカが利益独占」と言うことである以上、その影響を受けた諸国は経済活動も鈍化し、最も弱い立場の人々が苦しさを増すということになります。

そうなればテロに傾く勢力がさらに力を増すだけとなり、アメリカに跳ね返っていきます。

アメリカだけでなく、日本やヨーロッパなどのその他の先進国にもとばっちりがかかります。

このトランプの暴挙でいったい何千人の人が死ぬのでしょうか。

 

さて、口先では格好の良い姿勢だけを見せたがる我が国首相は、トランプ大統領就任時から異常なほどに彼に擦り寄り、ご機嫌を取ることに汲々としてきました。

すでに軍備の追加などで数千億の上納金を約束しているはずですが、それでこの仕打ちと言うものは何でしょう。

鉄鋼でも自動車でもまるで日本が最大の敵国でもあるかのような行動です。

これでもまだ、ひれ伏すだけの姿勢を貫くのでしょうか。

「外交得意」であるかのような評価を本人は期待して、世界各国を飛び回っていますが、恥を振りまいているだけのように見えます。

表面上は国の賓客のように扱われても、各国の内心はどうでしょう。

「アメリカに貢ぐだけ貢いでいるのに冷たく扱われても付いていくしか能のない」と思われているのは間違いないでしょう。

 

「ノーベル賞の真実 いま明かされる選考の裏面史」アーリング・ノルビー著

ノーベル賞に日本人が選出されるかどうか、毎年大騒ぎをしていますが、その選考ということについては日本ではほとんど話題になることもないようです。

 

本書著者のノルビーさんはスウェーデンカロリンスカ研究所の教授を長く務め、ノーベル賞の生理学・医学賞の選考委員も20年にわたって務めたという方で、最近はノーベル賞についての著書も連続して書かれているということです。

 

ノーベル賞の選考についての記録は、ノーベル文書館というところに収められているのですが、その公開は受賞後50年間はできないそうです。

そのため、本書では生理学・医学賞の中でも1960年代に受賞した人々についての物語を記しています。

ただし、「裏面史」というほど「裏話」が披露されているということではないようです。

まあ、だいたいの所は噂としてはあったものが確認されたと言うところでしょうか。

 

この生理学・医学の分野では、当時は4つの大きな発展がありました。

ウイルス学、免疫学、タンパク質の立体構造、そして遺伝子としての核酸の働きの解明でした。

どれをとっても世界に大きな影響を与える学問分野なのですが、ノーベル賞は1年に1組にしか与えられないこととなっているので、その受賞の順番も重要なことになります。

 

オーストラリアのウイルス学者、フランク・バーネットがノーベル賞候補として初めて登場したのは、1948年でした。

しかし、なかなか受賞することができないまま毎年のように候補として挙げられていきます。

そのまま、受賞できないと言う人も多いのですが、彼は1960年になって初めて受賞することができました。

しかし、その受賞理由は専門のウイルスではなく、後天的免疫寛容に関する研究だったそうです。

 

1960年にバーネットと共に受賞したイギリス人、ピーター・メダワーは免疫学が専門でした。

当時は戦争の影響もあり、怪我を負った人に対しての移植手術というものが頻繁に行われたのですが、拒絶反応が起きて失敗するということが起きました。

これが、免疫反応によるということ、そしてそれを避ける方法の発展が続くわけです。

これなしでは、現在のように臓器移植の実施が日常的に行われるようにはなり得ませんでした。

この分野からは2011年までに7回ノーベル賞が選定され贈られています。

 

ただし、この分野での大きな発見でもノーベル賞が贈られなかった例もあり、例えばB細胞、T細胞の発見といった研究に対してもノーベル賞受賞に値すると評されながらも受賞には至っていません。他分野のより大きな受賞と重なったためで、不運としか言えないものでした。

 

この分野での当時のノーベル賞受賞の研究の中でも、もっとも有名なのは「DNAの二重らせん構造の解明」でしょう。

1962年に、ワトソン、クリック、ウィルキンズに贈られましたが、一般的には「ワトソン・クリック」の名で知られているのに、ウィルキンズと言う研究者も共同受賞しているのは意外かもしれません。

その研究の中での役割では、ロザリンド・フランクリンと言う女性研究者の方が大きなものだったようです。

しかし、フランクリンは1958年に亡くなってしまっていたために、死亡者には贈られないというノーベル賞規約によってその機会を失いました。

 

「もしもフランクリンが生きていたら」おそらくそのノーベル賞受賞者に連なっていたということです。

 

著者はこの本を若い研究者に読んでもらいたいそうです。

ノーベル賞受賞者という、雲の上のように感じられる存在でも研究途上では様々な悩みを感じ、それに立ち向かっていったということを知ってほしいということです。

 

ノーベル賞の真実: いま明かされる選考の裏面史

ノーベル賞の真実: いま明かされる選考の裏面史

 

 

「反道徳社会日本」に向けて

誰の目にも明らかなことを、知らぬ存ぜぬ、会っていない、聞いていないと言い続けることで平穏化を待つという、道徳のまったく逆の位置にいるものが社会の最高位に居るという日本になってしばらく経ちました。

(”社会の最高位”が首相であると言う立場です。天皇かどうかなどとは考慮もしていません)

 

このような首相をいただく政府が執り行う政治も反道徳と言わざるを得ないものが数多く横行しています。

 

その一方では、マスコミなどでは表面上の道徳に反する者への糾弾が毎日のように続き、ヒステリー状態が延々と流されています。

 

いっそのこと、日本は「反道徳社会」であると宣言して、首相も安心して政務に励んではいかがでしょうか。

(もちろん反語です)

 

「大親友の頼みを叶えるのに首相特権を使って何が悪い」

「まずくなった資料は全部廃棄させたのが何が悪い」

「調べもしないで日報は無いと言って国会議員を黙らせて何が悪い」

「株価を釣り上げるのに年金資金を大投入し危機に晒して何が悪い」

「アメフトなんて格闘技だから相手に怪我をさせて何が悪い」

 

そして、「文句があったら衆院解散してやるから選挙で勝ってみろ」

 

一つ気がかりなのが、学校教育で道徳まで評価科目にしたことですね。

政府のエライ人のやることを真似すると道徳でも優秀点を取れるのでしょうか。

まあ、「反道徳社会」だったら子供もそれに適応しなければならないので、それで良いのでしょう。

 

最大の問題は、このような「反道徳政府」が選挙で勝ち続けていることです。

「野党が頼りない」などというのは口実にはなりません。

皆が、なんとかしなければと思うことが大切です。

「残念和食にもワケがある 写真で見るニッポンの食卓の今」岩村暢子著

家庭での食事の様子を写真に撮ってもらうという手法で、「食DRIVE」という活動を長く続けている、岩村さんの昨年末に出版された近著です。

 

少し前に同様の趣旨の本を読みましたが、その中でも最近の家庭の食事の様子に少なからぬショックを受けました。

sohujojo.hatenablog.com

和食がユネスコ無形文化遺産となり、世界的にも和食に注目が集まっていると言われていますが、この本で様子を見れば、そういった「和食」は家庭での食事から完全に姿を消そうとしていることが分かります。

 

それは単に魚の料理が難しくてできなくなったとか、漬物が好まれなくなったといった事象だけでなく、和食というものを支えてきた日本人の価値観、家族関係、はたらき方や暮らし方まで、すべてのものが変化してしまったからのようです。

 

「ご飯」を食べる量が激減しているとは言われていますが、それ以上に変わっているのが、「白いご飯」つまり炊いた白米を食べるという習慣が急激に失われつつあることです。

子供だけでなく、その親の世代(30-40代)でも白いご飯をそのまま食べるのが苦手と言う人達が増えています。

味が無いから食べたくないといって、フリカケや卵、キムチ等味の強いものを掛けなければ食べられないようです。

これは味覚の変化もありますが、それ以上に「食べ物をしっかり噛まなくなった」ためではないかと分析しています。

白いご飯は良く噛むことで甘みが出てきます。それをせずに丸呑みしていたら味がしないということになります。

 

煮物や魚料理などは学校の給食で初めて出会うと言う子どもたちも増えています。

家庭ではまったく作られなくなってしまったのは、主に調理をする主婦たちがその知識も食習慣も無くしてしまったからのようです。

給食ではじめての煮物に手がつけられず、「完食シール」を貰えなくて悔しがる子供に、なんとか食べろと言うのではなく「家庭では食べないようなものを出す学校給食を非難する」という母親も居るとか。

 

旬のものを時期を合わせて食べるというのも、和食の心と言われていますが、季節がむちゃくちゃになっているのも現代の家庭料理のようです。

鍋料理を夏に、そうめんや冷やしうどんを冬に食べるのも普通だとか。

その「鍋料理」も素材を選び季節を考えということはなく、市販の「鍋つゆの素」を使い好みの具を入れるだけで季節感の無いものとなってしまっています。

 

最近の家庭料理には子供や親、皆が好きなものしか出ないという傾向が強まっています。

「子供の嫌いな食べ物」を尋ねても、最近では煮物や切り干し大根などがあがることはなくなりました。

そもそも、そういったものは家庭で出されたこともないので、はじめから候補にもあがらないということです。

代わりに「嫌いな食べ物」であがってくるのが、最近では「果物」となっています。

味がはっきりしないと言って、メロンやスイカも嫌い、酸っぱいからといって、グレープフルーツやキウイも嫌い、さらにリンゴやナシ、柿などは「固いから嫌い」と言うそうです。

この「固いものは嫌い」と言う傾向は広く根強いもののようで、柔らかいものばかり食べたがるところから来ています。

 

「食DRIVE」の調査では、家庭の構成から答えてもらい、実際の料理の写真を添えてもらうのですが、1週間ほどの調査のなかで、1枚だけに「義母の食事」というものがあり、びっくりしたそうです。

他の食事の際には同居の義母とはまったく交差することなく別々に食事を作り、食べ、一回だけ一緒だったとか。

同居で台所や食卓も共通なのですが、時間差をつけて一緒にはならないようにしていたそうです。

それでいて、それほど仲が悪いということもないのですが、食事にはまったく共通するものもないのでそうなってしまったとか。

 

岩村さんのこのシリーズは、見る度に現在の日本の家庭の問題点に暗然とするばかりです。

社会が家庭から壊れていくというのがよく分かります。