爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

「だまし食材天国」武井義男著

食品の世界では表示が中身と違うといったことはよくあることで、それが安い食材を高級品と偽るのがはなはだしければ問題ともなりますが、そこまで行かずとも目に余るということもしばしばです。

 

こういった、「だまし食材」というものについて書かれているこの本の著者は、食品関係の専門家ではありません。

著者の武井さんは若くしてアメリカに飛び込んでいったお医者さんで、その後各地の大学で研究を続け教授にまでなった方で、相当なやり手と考えられますが、一方では非常な食通で各地で最高の食材を食べ歩くということをされていたようです。

今では医業関係の職はすべて離れ、著述をもっぱらにしています。

著書も多くは医療関係のもののようですが、本書は著者が非常に興味を持っている食について書かれたものです。

 

とはいえ、さすがに一流の医者である方は食材についての探求心も一流と言うべきで、食材の品種や畜産物の血統など、多くの分野の最新の研究内容も調べ、専門の論文などもチェックしているようで、その知識内容はかなりのものと見えます。

 

ただし、こういった方に有り勝ちなことかもしれませんが、超上から目線とでも言うような姿勢がありありと見えてしまいます。

 

まあ、ほとんどの内容は間違いのないところでしょうし、その論旨も明晰なんですがだからこそちょっとケチを付けたくなるところもありました。

 

感心した内容も数々ありますが、それは後で触れるとしてケチの方から。

 

食材の判定や評価と言った内容は、そちらの専門家から見れば「ちょっとどうか」という点もあるのではないかと思いますが、私には分かりませんので一応専門分野の端っこをかじったことのある「生物の分類学」の点だけで指摘しておきます。

 

「生物の「学名」は”ラテン語ギリシア語”と書かれています。」とありますが

これは間違いで、「学名はすべてラテン語として扱う」のが正解です。

ギリシア語起源の言葉も数多く使われていますが、これは古代ローマ帝国時代にすでにラテン語の中にギリシア語が多く取り入れられていたからであり、学名命名の規約によればそれもラテン語として扱うことになっています。

 

「学名の読み方も学者先生によってまちまちで、私が見てもとんでもない間違いがある」と書かれている点については、

「ほとんどの学名の読み方は間違い」というのが現状です。

これは、特にアメリカなどの学者の読み方で顕著で、「学名はラテン語として扱う」のが原則であり、ラテン語としての読み方をするべきなのですが、英米人は英語読みしかしません。

たとえば大腸菌Escherichia coli は英米人は英語読みで「エシェリーチア コーライ」とでも読むのでしょうが、実はラテン語読みでは「エスケリキア コリ」と読むべきものです。

 

どうもこの先生は英語読みがすべて正しいと思っているようで、本書の各所に「英語では〇〇と読む」という注釈が出ています。

傑作なのは最初の部分で、例の「ミシュラン」についてわざわざ注釈で「英語ではミッシェリン」と書かれているところでしょう。

誰が見てもミシュランはフランスの会社でフランス語読みが当然というのは分かるはずです。

 

また、魚や海草などの和名についても「これじゃいかんと言うので、学者先生方が標準和名を付け始めたがこれがいい加減」と書かれています。

これも、標準和名というものは確かに混乱しており、まだほとんどきちんとした付け方はありません。

ただし、これにも生物分類学の専門家が命名に関与しているということはあまりないと考えられます。

確かに「学者先生」ではあるものの、例えば水産学や畜産学といった、応用分野の学者がやっているのではないかと考えられ、「命名規則」などと言うものはできていないでしょうし、まだ当分は混乱するでしょう。

なお、この本では頻繁に「学者先生」という言葉が使われていますが、これが著者が学者たちを尊重して使われているのではないことは明らかです。

 

アスタキサンチンを養殖魚に与えるという点でも、「天然ならよいが”石油から作られた合成”ではだめ」と簡単に断罪していますが、現状ではすでに工業的に作られたアスタキサンチンでも半数以上は発酵生産によるもののようです。

まあ、他にも「石油系原料から作られたアスタキサンチンではない」ことを売り物にしているところもありますので、それに影響されたのでしょうか。

 

まあ、ケチを付けるのはこの辺にして。

 

「食材のだまし」ということは頻繁に行われているのは明らかですが、特にひどい例として牛肉、うなぎ、マグロなどが挙げられています。

ただし、うなぎとマグロは「生物学的種」が違うものを同じであるかのように売られているという点は問題ですが、牛肉の場合は「生物学的種」はどれも同じです。

「品種」と言われているものは、血統や飼育方法の違いによるものですが、人間が食べる時にどう感じるかということは、非常に微妙な問題であり、ほんのわずかな違いしかないとも言えるでしょう。

それで値段が桁違いということにもなりますので、大問題なのですが、「生物学的種」を振りかざして論議するわけには行きません。

これは、「関アジ、関サバ」でも同様であり、種は一緒でも取引価格が大幅に違うということになってしまいます。

このあたりには、消費者のブランド信仰にも大きな原因があるため、生産者流通業者ばかりが悪いとも言えないのですが、中には「だまし」テクニックを使って儲けている悪徳もいるのでしょう。

 

うなぎの場合で、ニホンウナギではないシラスを養殖して売っているというのはやはり問題であるのは確かでしょう。

美味しいかどうかは人により感じ方が違いますが、原種が何かということは明らかにすべきことです。

しかし、ニホンウナギの稚魚はもうほとんど採れないという事実をどうするか、業界にとっては難しい問題です。

 

有機農産物」にも批判の目を向けていますが、「有機」という言葉に対しての反感はさすがにアメリカ在住でも同様と言うべきでしょうか。

有機農業が「organic」というところからきているのは、向こうが先ですが、医者に限らず理系科学者であれば「organic」は「有機化合物」であることは明白に分かっています。

それがなぜ「農業」と結びつくのか、素直に考えれば疑問ばかりです。

有機化合物肥料だけを使うのか、しかし肥料として植物が吸収できるのは原則として無機化合物だけです。(ちょっとだけ例外もあります)

まあ、この辺は政治的な要因が多いところですので、科学的議論には限りがあります。

 

最後に、「ペットボトルの水」はアメリカも日本同様ひどいということも触れられています。

ほとんど水道水と変わらない水をペットに詰めただけで数千倍の値段で売っている製品が数千種とか。

しかも目隠しテストをしたら水道水もペットボトル水も分からないというのも日本同様でした。

 

だまし食材天国 (日経ビジネス人文庫)

だまし食材天国 (日経ビジネス人文庫)

  • 作者:武井 義雄
  • 発売日: 2012/11/02
  • メディア: 文庫
 

 

「緊急事態宣言」が出ることになったそうですが、・・・・

何時になっても出ない「緊急事態宣言」と揶揄していましたが、明日発せられるそうです。

失礼しました。

 

ほんの一か月ほど前までは中国では大流行というニュースは流れたものの、対岸の火事のようで日本はほとんど平常通りだったのが瞬く間にまったく違う世界になっていくようです。

昔に小松左京氏の「見知らぬ明日」というSFを読み、平静な生活があっという間にとんでもない状況に変わっていくということが本当に起きたらどうだろうと思いましたが、まさに今はその瀬戸際に居るようです。

 

ということで、その「緊急事態宣言」の内容も見てみましたが、「なんじゃこりゃ、どこが”緊急事態”じゃ」でした。

 

交通機関は平常運転、スーパーなども通常営業なのでヨーロッパなどの都市封鎖とは違います、って言ったって「緊急事態」とも違うじゃない。

 

また中途半端なことをやって、何の効果もなかったらどうするの。

 

それにしては、100兆以上の巨額の国費を投入する経済対策というのは大きすぎるようで、これはあくまでも他人の金だから平気なんでしょうか。

 

またまた、「信頼できない政府」のやり方を見せられただけでした。

「緊急事態宣言」が出るのかどうか、出されたところで補償がなければじっとしてはいられない。

総理がいつ「緊急事態宣言」を出すのか、関心が集まっているようです。

しかし、「自粛要請」でもほとんど収入が途絶えて大変な人が多いということが報道されており、(私の知人友人にはあまりそういった職業の人がいないので直接話が伝わることはありません)、これが緊急事態になり強制力をもって停止させられることが多くなると困窮する人がさらに増えるのは間違いないでしょう。

 

もしも営業停止や出勤停止などということになるとその補償をどうするかということが大問題であり、安倍がなかなか言いたがらないのもそこに理由があるのではと思ってしまいます。

news.yahoo.co.jp

中国や韓国はかなり厳しい処置を取って感染が抑え込めたとされていますが、同様に外出禁止を行っているヨーロッパやアメリカで感染の勢いが止まらないのはなぜか。

タイミングが悪かったのか、はたまたウイルスの変異で強力になっているのか。

 

どうやら外国の例はあまり参考にはならないようです。

しかし、台湾ではかなり有効な措置が行われ、感染者も死者も低いレベルで抑えられているとか。

信頼するに足る政府を持つことができるのは、それなりの国民レベルが必要なのでしょう。

「にっぽん縦断こころ旅」ボツ原稿、こっちで公開しちゃいます。

NHKBSで放映されている「にっぽん縦断こころ旅」、視聴者からの手紙の場所を火野正平さんが自転車で訪れるという人気番組で、今回で10年となります。

 

私も生まれてからこれまで、全国あちこちの都県で(”道”と”府”はほとんどなし)思い出の場所と言うものが数多くありますので、何通も手紙を書いているのですがすべてボツ。

結構力を入れて書いているのですが、ダメですね。

 

今回も愛知県について書いて送ったのですが、またもボツだったようなので、この際こちらで公開してしまえということにしました。

 

 

愛知県

記憶に残る風景

正平さん、スタッフの皆さんこんにちは。

私の心に残る風景は「伊勢湾台風の翌朝の光景」です。

伊勢湾台風は1959年9月26日に東海地方を襲い、特に伊勢湾沿岸地方で高潮の被害が大きく5000人以上の方が亡くなったという大災害でした。

しかし、私はその時は4歳、そのような大きな出来事がすぐそばで起きているなどと言うことはまったく知りませんでした。

亡くなった方や遺族の方々にとっては大変な事態でしたが、幼児の私にとってもかすかな記憶が残っています。

そのころ、父の仕事の関係で千種区大久手の社宅に両親と兄、弟の5人で住んでいました。

平屋の小さな家ですが狭いながらも庭もありました。

大きな台風が近づいているということは、大人には分かっていたのでしょう。

しかし、小さかった私と弟は何が起きているのかも分からずにいつもの通り眠ってしまいました。

ぐっすりと眠り、普通通りに明るくなってから起きました。

その時にはすでに雨や風も止み静かだったように思います。

しかし、外を眺めてみて驚きました。

庭の周りにぐるりと板塀があったのですが、それが全部倒れてしまっていました。

狭い庭に板塀が囲ってあったので少し暗いイメージのところだったのですが、明るい庭になっていました。

さらに、愛用の三輪車もどこかに飛んで行ってしまったようでした。

びっくりして親に聞くと夜は大変な風雨だったということでした。

家の中でもあちこちに雨漏りがしていたのですが、奇跡的に子供二人が寝ていた部屋だけは雨漏りもなく、神様のご加護だと母は言っていました。

両親と10歳年上だった兄はその夜はほとんど眠れなかったそうです。

その起きていた3人は皆鬼籍に入ってしまいました。

その社宅のあったあたりは、昔の建物とはかなり変わってしまいどこがどこかはよくわかりません。

大久手の交差点を南側に斜めに入る道を進み、最初の信号の吉田病院のところでまた斜めに進んで二つ目の十字路のあたり、駐車場になっているところではないかと思います。

60年以上も前ですが、家族が暴風の中で震えていた場所をご覧ください。

なお、ついでながら大久手の交差点の反対側には初めて入学した千種小学校もあります。

2年生になる寸前に父の転勤で転校となり、それ以降は一度も見たことがありません。

そこも見て頂ければと思います。

それではよろしくお願いいたします。

 

名古屋にはその後も何度も行ってはいますが、ここの付近には行く機会はありません。

なんとなく見たい風景であるのは確かです。

 

夢の話「赤城山を自転車で登る」

気楽に夢など見ている状態ではないのかもしれませんが、眠れば見るのが夢。

とくに面白い夢を見てしまうと紹介したくて仕方ありません。

 

夢のなかでは、赤城山に妻と二人で自転車で登るという、まったくありえないような状況です。

しかも、その理由が「中腹にあるガソリンスタンドに給油に行く」という、さらに不条理な状況。

自転車に乗っているのになぜ給油がと起きている状態では考えてしまいますが、それに何の疑問も感じないのが夢の中です。

 

赤城山には中腹まで人家が散在し、道路も多く張り巡らされていますが、最初はなだらかですがだんだんと登りがきつくなり、ペダルをこぐのが厳しくなっていきます。

畑や松林、桑畑が増えてきて空気が薄くなってきます。(そんなわけないか)

ようやく「大鳥居」が見えた。あと少しでガソリンスタンドだというところで、いつものように目が覚めました。

(トイレで)

 

 

ここからは状況説明。

 

赤城山の中腹にある財団法人の研究所に会社から派遣されて3年ほど行っていたのは、現在もう30を過ぎた娘が産まれた直後でした。

麓の前橋市の北郊にアパートを借り、そこから毎日坂を上って研究所まで通うという日々を3年ほど続けました。

前橋から赤城山頂までつながる道の中腹に赤城神社の「大鳥居」があり、そのすぐ上が研究所でした。

 

もちろん、通勤は車かバイクでしたし、自転車で登れるような道ではありません。

山腹にある農家の子どもたちが前橋市内の学校に通うのに、朝の登校は自転車にまたがりほとんどペダルもこがずに落下していき、帰りは親に迎えに来てもらって軽トラの荷台に自転車を載せて帰るという光景を何度も目にしました。

ただし、前橋競輪の選手たちがトレーニングのために自転車で山を登るというのもしばしば見られるものでした。

彼らでも登りはきつそうにするくらいの急勾配でした。

 

もう30年も前の懐かしい光景が、いきなり夢の中によみがえりました。

 

「間違いだらけのビール選び」清水義範著

清水さんは小説家としてデビューされていますが、その後はエッセイや評論などの活躍が多いようで、実際に私が読んだ本も小説というのはありませんでした。

 

そのため、本書を手に取った時もてっきりエッセイで「ビールの選び方」について語っているものと思い込んで買ってしまいました。(図書館が休みなので珍しく)

 

開いてみてびっくり。

なんと短編小説集でした。

それほど厚くない文庫本に11編の短編が含まれており、特に統一したテーマがあるわけではないようです。

最初の数編は中高年男性の悲哀といった風情だったのでそれが共通しているのかと思ったら、そのうちに女子高生ややや年の行った女性、若いカップルまで出てきて、しかも時代も現代だけでなく少し遡った時代とあまり統一性はないようです。

 

強いて言えば平凡な日常の中の心の流れといったものかと思っていたら、急に別荘の裏山ががけ崩れしたらそこから死体が発見されたとか、その後の展開は無いようですが。

 

最後の著者あとがきでその謎が若干晴れました。

清水さんは平成7,8年の2年間、NHKのアナウンス室が作成した、ことばをテーマにした番組に出演しました。

予定通り番組作成が終了したあとの打ち上げで、親しくなったスタッフやアナウンサー、出演者などと「皆さんの”名前”を使った小説を書く」と宣言したそうです。

もちろん、個人のプロフィールや性格などはまったく関係なしに、単に名前だけを使って自由に話を書いていくということだったそうです。

それでもやはり、名前から感じるイメージでそのあらすじを組み立てていくということになり、面白い体験になったということです。

 

まあ、そういった話の作り方もあるんだなという感想です。

 

 なお、表題の「ビール選び」、私が気を引かれて買った原因でもありますが、第1話がそれです。

主人公がずっと変わらず飲んできたビールの「味が変わった」

どうやらメーカーが少し手を入れたのですが、それが気に入らず他のビールを1本ずつ試していってもなかなか気に入ったものが無いという話です。

これは今でも同じような状況ですが、特に発泡酒や第3がないかつての時代にはもっとはなはだしい状態だったと思います。

日本のビールは地ビール以外の大手のものは多少の違いはあってもほとんど変わらないと言える状態でした。

その中で売るためには嫌と言うほどテレビCMを流すしかなかったわけで、それがあの業界のビジネススタイルとも言えるものでした。

どれかが好みと言うビール好きでも目隠しテストをやればどれがどれか分からないというものだったようです。

味と言う、個人の主体性が問われる問題ですが、あまり正確な判断がされているとは言えない状況であるということが分かる事例だったと思います。

こういった内容を語っている本かと思ったんだがな。

4月4日のこと

何でもないような「4月4日」ですが、私たちの家族の一つの思い出があります。

 

もう10年以上も前に亡くなった父が、まだバリバリの現役時代に初めての海外旅行に行き、帰国する予定だったのが「昭和44年4月4日」でした。

 

「4」ばかりが並んでいかにも縁起の悪い日に帰ってくるということで、母や兄なども皆内心不安を感じていたのでしょうが、その前日になり前泊地(香港だったか)からの飛行機の便がキャンセルになり、一日延びるということで、無事に翌日の4月5日に帰ってきました。

私は学校があるので行けませんでしたが、母は空港まで迎えに行ったはずです。

 

一般人の海外旅行が自由化されたのが昭和39年(1964年)、ジャルパックが発売されたのが翌年という時代ですので、まだ海外旅行に出かけるということも大変なことだったようです。

 

とはいえ、父も気軽に観光旅行というわけではなく、当時勤めていた会社が顧客の団体旅行を計画し、その世話役として当時は東京支所の総務課勤務であった父に白羽の矢が立ち、旅立ったものでした。

 

出発前には親戚を集めて料亭で壮行会を開くという、華やかなようで気苦労のある出来事だったようです。

 

団体旅行とは途中で別行動となるようになっていたようで、コペンハーゲンでは人魚の像をタクシーで見に行くのに何度「マーメード」といっても通じなかったとか、ローマで髪が伸びたので床屋に入って手真似でなんとか切らせたといった武勇伝を話していました。

会社を定年で辞めてからは悠々自適を絵に描いたような暮らしで気軽な海外旅行にも何度か行っていたようです。

 

今の、コロナ感染を気にもせず若い人たちが気軽に海外に出かける時代とはかなり違った昔の話でした。