爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

ウクライナは膠着、国内が混乱

賀茂川耕助のブログ」で紹介されていた、Pepe Escobarという人の記事です。

kamogawakosuke.infoウクライナ軍の司令官が「膠着状態に入った」と明言したのですが、ゼレンスキーは賛成はしていない模様です。

しかしほぼその通りでしょう。

しかもウクライナ軍への外人兵士の参加が減っているそうです。

 

別のニュースではウクライナ人男性の海外逃亡が増えているとも報じていました。

さらにウクライナの政府支持率が急激に下落しているとか。

政府高官の汚職が次々と報道されているようです。

 

ただしロシア軍が攻勢に出ているというわけでもなさそうです。

どうやらウクライナ南東部で陣地を構えて動けなくなっているのでしょうか。

 

ゼレンスキー自身の支持は若干減ってはいるもののまだ高く保たれていますが、政府の粛清が必要なのでしょう。

今はまだロシアに対する国民の敵愾心が高く厭戦気分も広がってはいないようですが、この先どうなるか分かりません。