爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

菅次期首相(もう決まりでしょう)の話しぶりが話題に。官房長官時代もひどかったが。

菅次期首相がようやく脚光を浴びるようになったせいか、これまでは官房長官として毎日の記者会見などで話してはいたものの、本人の考えが出るという事態になってその話し方が話題になっています。(あまりにもひどいと)

 

gogotamu2019.blog.fc2.com

上記の記事は、最近のテレビ出演などでの対応ぶりについてですが、何の知性も感じられずまともな対応もできないとか。

 

これまでの官房長官での記者会見も木で鼻を括るという言葉がふさわしいものでしたが、それは安倍首相の意に沿った対応だろうと思っていたので、菅本人のものではなかろうと(好意的に?)考えていました。

しかし、どうやらその話し方も話の本体も相当「ポンコツ」のようです。

 

(実は以前からツイッターで安倍や菅のことを「ポンコツ」と評す人がいて、それをずっと見ていたのでどうもあの顔を見ると「ポンコツ」という言葉が出てしまいます)

 

あの「木で鼻を括る」話し方もボロを出さないために仕方なく?やっていたのか。

 

こんなのを、単に派閥の争いをしなくて済むというだけで談合の上で首相にしてしまう自民党

まあ、なんの期待もしていないけれど、さらに混迷を深める政治になりそうです。