爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

「『協力』の生命全史」二コラ・ライハニ著

人類という生物は「協力」をするものであり、その度合いは近い種である類人猿と比べてもはるかに多いものです。

それが他の種をはるかに超えた人類の繁栄につながったとも言えます。

ただし、他の生物種を見てみるとさらに協力するものも見られます。

そういった、生物における「協力」について、多くの生物とそして人類においての歴史など多方面からたどっていきます。

 

協力するもなにも、「自己」と「他者」とがどういう関わり合いをしているかということを見ていかなければ何も分からないということで、最初はその点から始まります。

単細胞生物の場合は自己も他者もありません。

皆同じ遺伝子のものがあるだけです。

しかし多細胞生物となり、さらに有性生殖が始まると遺伝子の構成にも無限の多様性ができ、自己と他者とは全く違うものという観念ができます。

ただし、その自己の中にも裏切者が存在し、また新たに現れるということで、ミトコンドリアの取り込みについてや、がん細胞の発生まで話が進みます。

 

人間にとって、「自己」のようでそうではないものが「家族」です。

家族の形というものも人間の「協力」というものの本質と深く関わっているようです。

子育てを共同で行うというのが人間の特異なところであり、類人猿でも母親だけが子育てを行う種が多いのに対して、父母だけでなく祖父母やその他の親族まで関わって子育てをすることが普通です。

それほどでなければできなかったのが、脳の発達が極端に多くなった人間の宿命なのかもしれません。

人間の女性が閉経をするというのも、孫の世話のためという仮説もあります。

 

ただし、社会的な協力というものはさまざまなジレンマを抱えているようで、社会的な集団によってその在り方もかなり違います。

人間は狩猟採取社会の頃にはかなり平等であり、協力をすることが正義であること、そして協力せずに独善に走る者を排除するような社会習慣が普通でした。

しかしその後わずかな時代に独裁者が圧倒的な権力を握る社会に移行します。

数の上では圧倒的な被支配者たちがなぜ反乱を起こさなかったのか、不思議なほどなのですが、それも人類の宿命的な性格のようです。

 

協力する生物というものを考えるうえで目を引くのが社会性が高いと言われる昆虫、アリやハチ、シロアリといったものですが、これらの昆虫のコロニーと言われるものはその全体が多細胞生物の体と同じような特徴を示します。

これはそれらの昆虫の生殖形態によるもので、生殖可能な個体は女王と幾分かのオスでありそれ以外は生殖不可能な娘ばかりです。

これは多細胞生物での生殖細胞とそれ以外の体細胞との関係に類似しておりだからこその社会性となっています。

 

社会に対する協力の形態として、慈善事業などの善行を行うというものがあります。

それをする人は名声を得られ社会的な評価が上がるはずなのですが、現代社会ではそれをあからさまに行うことに対しては逆の評価が下されることもあります。

オスカーワイルドが言った言葉で「世界で最も気持ちの良い感覚は、匿名でよいことをして誰かのそれを見つけてもらうことである」というのがあるそうです。

隠れて善行をしたいとはいっても、やはり誰にも知られないのではつまらない。

それが本心なのでしょう。

ただし、こういった意識というものもやはり人間に特有のものであり、ごく近い類縁種のチンパンジーであっても自分の評判を戦略的に管理するなどということは全くなく、他者の好意的な行動の裏にある動機を推測するということはありません。

これらの意識が高度に発達したのが人間心理なのでしょう。

 

「協力し合う」のが人間の特質なのでしょうが、どうやらそれがかなり衰退しているようにも見えます。

その未来は暗いのかも。

 

 

「鬼平犯科帳(三)」池波正太郎著

鬼平犯科帳第三巻では、平蔵が火付け盗賊改め方を一時的に解任され休みが与えられたためにその機会に父の墓がある京都を訪れることとなります。

その先で平蔵に最大の危機が訪れ、あやうく命を落とす寸前まで行ってしまいます。

 

「麻布ねずみ坂」前作で登場した中村宗仙の物語です。大阪の闇の帝王の女と不倫となった宗仙はその代償として金を払いますが。

「盗法秘伝」京都旅行に向かう平蔵はその途中で老盗と出会い、非常に気に入られてその「秘伝」を伝授されることとなります。

「艶婦の毒」旅行に同行したのは木村忠吾ただ一人。忠吾は京都を満喫しようとしますが、そこで出会ったのが年増女、その女のとりこになってしまいます。

しかしその女お豊はなんと平蔵が二十数年前に入れあげたその人であり、しかも盗賊でした。

それを手繰り寄せて盗賊一味を一網打尽という、またも忠吾の女好きが手柄になります。

「兇剣」前作で捕らえた盗賊の兄弟が平蔵に復讐を企てます。奈良を訪問するために少人数で向かった平蔵一行に十数人の手練れの浪人たちが襲い掛かり、平蔵ももはやこれまでとあきらめかけたところに岸井左馬之助が間に合い、なんとか助かることができました。

「駿州・宇津谷峠」怪我も癒えた平蔵は江戸からの帰還命令を受け東海道を東へ向かいます。一人となった左馬之助は幼馴染と出会いますが、彼は盗人の一味となりしかも仲間内で殺し合いをしていました。

「むかしの男」ちょうど平蔵が留守であった時を狙うかのように妻久栄に「むかしの男」からの連絡が入ります。この近藤勘四郎と言う男は今は盗賊霧(なご)の七郎の一味となっており、七郎はその前に平蔵に捕らえられ処刑された小川や梅吉の実弟で平蔵への復讐をする目的でした。

久栄と幼女のお順を殺すつもりでしたが、久栄の機転と長谷川屋敷の門番鶴造の働き、そして留守居の佐嶋忠介たちにより無事救い出されます。

 

次から次と強敵が出てくるのはハラハラドキドキというものです。

 

 

「疫病と日本文学」日比嘉高編

新型コロナウイルス流行というものは、これまでも繰り返し起こっていた疫病流行を振り返らせるものでした。

それをこれまでの日本文学はどのように扱ってきたのか。

日比さんをはじめ文学者たちがそれぞれの専門の時代の文学に見ていきます。

 

現代小説にもパンデミック小説といわれるようなものがいくつもあります。

日比さんが冒頭に書いている「パンデミック小説のマッピング」というのは面白い分類でした。

挙げられているのは、小林エリカ「脱皮」、村上龍「ヒュウガ・ウイルス」、金原ひとみ「アンソーシャル・ディスタンス」、石原慎太郎「日本の突然の死」といったところから、志賀直哉「流行感冒」、菊池寛「マスク」まで含みますが、それをいかに「非現実指向であるか」、またいかに「シミュレータ指向であるか」という観点から二次元にマッピングしています。

非現実指向が一番高いのが小林エリカ、両方ともに全く低いのが志賀直哉菊池寛といったところです。

 

相模女子大学教授の高木信さんが書いている文学界の情勢では面白い指摘がありました。

文学研究者、思想研究者たちの新型コロナウイルス流行に関しての反応が非常に早いことが特徴的だということです。

これは、東日本大震災後の福島原発事故についての状況とは明らかに大差があります。

震災と原発事故ではあまりにも圧倒的な状況に皆失語症になってしまったかのようだということです。

それに対し、コロナウイルスでは人々の周囲にウイルスの影がびっしりと取り巻いているにも関わらず、その死者たちの姿は全く見えず(亡くなった方々も骨になるまで会えませんでした)、それが文学の働きを強めたのかもしれません。

 

平安時代にも繰り返し疫病流行が起きました。

それは身分の上下を問わず、最高位の貴族たちにも容赦なく襲い掛かりました。

清少納言枕草子には、「病は」という項目があるのですが、その中には「もののけ、胸、脚気」といった記述はあるものの「疱瘡、飲水病(糖尿病)」は全く触れられていません。

それらの病で清少納言の仕える中関白家の重要人物が亡くなり、結局はその家の没落につながったということがその記述に影響を与えたのではないかと推測しています。

 

現代歌壇でも短歌では多くの歌が疫病を扱っているようです。

しかし俳句ではそれがほとんど見られません。

やはり季節を扱う俳句では病気は詠みにくいか。

それでもいくつかはあるようで、

マスクせぬ春あけぼのの早出なる

咳すれば彼方此方の目をあつむ

といったものが見られたそうです。

 

 

「テオティワカンを掘る」杉山三郎著

テオティワカンとはメキシコシティの北東60㎞に位置する、紀元前後から600年頃まで栄えた古代都市ですが、ほとんど解明されていないということです。

その遺跡を若い頃から掘り続けたというのが著者の杉山さんです。

大きな「太陽のピラミッド」などが立ち並んでいますが、計画的に作られたことは分かるものの、何のためにという肝心のところが不明です。

 

アメリカ大陸に人類が渡ったのは氷河期でベーリング海峡が地続きだったころと考えられていますが、その頃はそこだけ越えてもアラスカに巨大な氷河が横たわり、そこを越すことができたかどうかは分かりません。

舟を用い海沿いに南下したということも考えられています。

その時期は13000年前と言われていますが、それ以前の遺跡もある可能性がありその点もまだ確定ではありません。

しかし1万年ほど前に始まる農業・畜産化の動きは旧大陸と同様に新大陸でも起きました。

ただし、ドメスティケーション(農耕化、家畜化の双方を指す)の方法はアメリカでは他の地域と少し違いました。

旧大陸では栽培化、家畜化される動植物の種類が野生のものとは全く異なるようになったのですが、アメリカではその差が小さいものでした。

野生と栽培との中間くらいの程度のものと言えるようです。

 

メソアメリカとはメキシコや中米を指しますが、その地域にも固有の文明ができました。

紀元前2000年頃には文明化したものと見られます。

最初はメキシコ湾岸のオルメカ、そしてマヤ都市国家群の興亡が続きます。

そのマヤ文明の繁栄期に突然テオティワカンが現れます。

マヤからは1000㎞以上も離れたメキシコ中央高原ですが、何らかの影響は受けたものと見られます。

 

テオティワカン発掘の風景は長い間それに携わってきた著者だけに、具体的で詳しいものです。

「地表面から掘り始めると、メキシコ革命期の銃弾が出てくる20世紀初頭の層や植民地時代の残骸に出くわす。それらを掘り下げて14-16世紀のアステカ時代の遺構の層に到達する。アステカ構造物は簡単なつくりが多い。その層の下にはアステカ時代からテオティワカン期までの1000年ほどの人々の生活痕を含む文化層が眠っている。それらをさらに掘り下げるとようやくテオティワカン時代の立派な建造物、正確に同じ方向軸を持つ壁や床面にであう。しかしこれは都市が放棄された400年史の最後の残跡であり、さらにその下にテオティワカンの起源を語るデータが潜んでいる」

まるで目の前に見ることができるように感じられる描写です。

 

テオティワカンは大ピラミッドを組み込んだ都市計画を特徴としていますが、それぞれの建築群が何の機能を持っていたのか、何を表そうとしていたのかが分かっていません。

これだけの大都市を創設した集団がどのような人々だったのかも分かっていません。

大都市が突然出現したかのように見えます。

最近の調査でようやくおぼろげな姿が見えるようになったものもあり、まだまだ調査研究の課題が多いところのようです。

 

この遺跡でも生贄として人を殺した形跡が明白です。

その遺伝子調査を行ったところ、バラバラの人々だったようで、ここでも戦争捕虜を生贄としたことが分かります。

他に猛獣などを生贄にした形跡もあり、何らかの宗教的な意味があったものと考えられています。

 

遺跡としてはっきりと目に見えるものが在りながら、その意味が全く分からないというのはもどかしいようなものでしょう。

しかし実際に生涯をかけてその調査を行ってきたという著者の言葉だけに貴重な意味があるようです。

 

 

「鬼平犯科帳(二)」池波正太郎著

鬼平犯科帳のシリーズ第2巻です。

7編の小説がありますが、その長さはそれぞれのようです。

 

「蛇の眼」前編で平蔵を暗殺しようと付け狙った蛇の平十郎を一網打尽にします。

「谷中・いろは茶屋」うさぎこと木村忠吾の初登場です。茶屋の女に入れあげた忠吾が長屋を抜け出したところがちょうど盗賊の押し込みに出会い手柄を上げます。

「女掏摸お富」足を洗っていた女掏摸が昔の仲間に見つけられ、脅されてまた掏摸をしてしまいます。しかし忘れていた快感がよみがえってしまいます。

「妖盗葵小僧」美人で有名な妻女、娘のいる家を狙い、金を盗むよりもそれを犯すことを目的としたかのような葵小僧ですが、これみよがしに葵の御紋を付けた着物を着ていたために幕府上層部も困り果て、なかなか捕まえられない平蔵を火付け盗賊改め方から解任しようかという危機に陥りますが、なんとか捕縛。

密偵」盗賊の一味だった弥市は密偵となったのですが、昔の顔なじみに見つけられ盗みの手伝いを強要されます。付け狙う昔の仲間により刺殺されます。

「お雪の乳房」木村忠吾は今度は素人娘と付き合いますが、それがなんと大盗・鈴鹿の又兵衛の娘だったという話の顛末。今回も忠吾の無意識の手柄となります。

埋蔵金千両」盗賊の小金井の万五郎は盗んだ金千両を地中に埋めて隠していたのですが、死期が近いと悟り使っていた下女にそれを話して昔の仲間に連絡に行かせます。しかしその後名医中村宗仙の治療を受けて回復したらそんな話を下女にしたことを悔い、慌てて掘り出しに向かうが、といった話。

 

この巻もそれぞれの物語で雰囲気から何から大きく変化させるという技術を見せつけられます。

コミカルな忠吾出演でも一味深みをきかせるといったところがまた読み手の心をくすぐるのでしょう。

 

 

「男性の育休」小室淑恵、天野妙著

男性も育児休業を取るという社会の動きがあります。

共働きの夫婦が大多数を占めていますが、子どもが産まれた後に育児のために休業する育児休業制度を利用する女性は多いものの、まだ父親である男性が育児休業を取るということは少ないままです。

その理由としてはまだまだ社会の雰囲気としてそれを許さないものがあるのでしょう。

また制度としては存在していてもその中身がほとんど知られていないために誤解されていることも多いようです。

 

もっと知識を持てば男性の育休取得も進むかもと言うことで、その方面で活躍している著者のお二人が男性育休に関して様々な方向から説明しています。

なお、著者の一人天野さんはご自身も3回出産したものの、夫は育休を取ることなど全く不可能で、乳児の子育ては一人で悪戦苦闘したという経験をお持ちで、それもこの活動に入った理由になっています。

 

日本の少子化は加速するばかりですが、その理由の一つが母親が一人で子育てに追い込まれてしまっている状況にあるからです。

かつてのように祖母の助けがある家庭というのはほとんどなくなりました。

しかし重要な子育ての担い手であるはずの父親、夫の助けがほとんど得られないということが出産をためらわせる理由となっています。

そして実際には現在の若い夫たちはかなりの割合で育児をしたいと考えています。

しかしまだ男性の育休取得には高いハードルがあるため実行できないであきらめる場合が多いようです。

 

男性育休に関しては多くの誤解があります。

育休の間は無給となるために暮らしていけない、男が休んでも何もできない、共働きの家庭でないと男性育休は取れない、中小企業にはそういった制度がない、休むと仕事が回らず、会社に迷惑がかかる等々。

その多くは誤解に過ぎないのですが、その誤解を解こうともせずにいるのも社会の一面です。

 

自分が休むと職場の仕事が回らなくなるという思いは多くの人が持つのですが、実際にはそのように「誰かがいないと回らない職場」というのは非常に問題が大きいものです。

育休でなくてもその人が急に仕事ができなくなる事態はいくらでもあり得ます。

そのたびにストップするような職場は危険極まりないものです。

そのような属人主義を退治するためにも男性育休というものを上手に使って職場改革を進めるべきです。

 

先進的な企業では法律で決められた以上の対策を取り男性育休を後押しするところもありますが、そういった企業の方が社員採用もやりやすく、また育休を取った人も周りの人も仕事に対する気構えが違ってきて、さらに会社に対する感謝の念もあるのか仕事の取り組み方が違ってくるということです。

 

なおそうはいってもまだ育休を取るとボーナスに響くとか、昇進しづらくなるといった企業が多いのは事実です。

ただしそれは制度上の問題であり改正していくべきものです。

それを取り組むべきものだという観念を皆に広げることも重要です。

 

さらに進めるためにはまだまだ色々な法律で義務化していく必要があります。

それで会社の競争力が落ちると考える人もいますが、逆にそれで社員の働きやすさが得られるということがあります。

それが進むように社会全体で後押しする必要があるということです。

 

私は男性育休などと言うことは夢にも考えなかった世代ですが、やはりこれを進める必要はあるのでしょう。

私の子どもたちも今乳幼児を育てている最中ですが、やはり父親の育児参加は難しいようです。

こういったことが当たり前となるにはまだまだ長い時間がかかりそうです。

 

「疑似科学入門」池内了著

著者の池内さんは天文学者ですが、科学とは何かということについても何冊も本を書いています。

この本では科学とは言えない、「疑似科学」について詳しく説明しています。

 

疑似科学というものにはいくつかの種類があります。

それを三種に分けて論じています。

第一種疑似科学としては、占い系、超能力・超科学系といったもので疑似宗教系といったものも含まれます。

主として精神世界に関するものですが、それが商売となると感じて物質世界にも手を伸ばしています。

第二種疑似科学というのが科学を援用・乱用・誤用・悪用したもので、通常疑似科学と言った場合にはこれを指すことが多いようです。

これを次のように分類しています。

a)科学的に確立した法則に反しているにもかかわらず正しい科学だと主張するもの。

 永久機関ゲーム脳、「水の記憶」といったもの。

b)科学的根拠がいまだ不明であるのにあたかも根拠あるかのように主張してビジネスの種にしているもの。

 マイナスイオン、健康食品、さらに言葉だけは科学用語を使用している、アドレナリン、クラスター水、活性酸素、フリーエネルギー、波動を利用したもの。

c)確率や統計を巧みに利用してある意見が正しいと思わせる言説。

 月齢と交通事故発生の相関をあたかも因果関係があるように思わせる。

 

そして第三種疑似科学というのが著者が独自に展開しているものです。

それが、「複雑系」である対象であるにも関わらず白か黒かを無理やりあてはめるもの。

これは真正科学と疑似科学の境目が分かりにくいために判定が難しい。

温暖化や電磁波公害、狂牛病遺伝子組み換え作物地震予知等々。

 

第一種、第二種とされているものは、他書でもかなり多く論じられているものですが第三種はなかなか取り上げにくいもののようです。

 

これまでの科学的手法は「要素還元主義」と言われるものが主流であり、複雑な事象を単純な要素に分解して物理的・化学的等々の分かりやすいものによって説明するものでした。

しかし世界の多くの出来事は簡単には分解できないものがほとんどであり、それを取り扱うというのはこれまでの科学は不得意としていたものです。

この典型的例として二酸化炭素温暖化問題を取り上げています。

これはいくらスーパーコンピュータが発達してもなかなか解決できない問題です。

しかしだからといって何もできないでは進みませんのでそこで著者が挙げているのが「予防措置原則」です。

完全に理論的解明ができない問題であっても取り組まなければ手遅れになるというものが多数あります。

それを回避するには予防原則が必要ということです。

 

ただし、著者もその無制限な応用には危険性を感じており、あとがきにはそれを避けることの重要性も書かれています。

 

私も予防措置原則には疑問を強く感じています。

これは結局「嫌いなものは嫌」としか言えないものでしかないと思います。

たとえば「二酸化炭素温暖化による気候変動」は確かな証明に至っていないけれど「予防措置原則」に従って脱炭素化を進めなければならないというのが世間の大勢となっています。

しかしその手段として行われている「風力発電」や「太陽光発電」も非常に大きな負の影響を社会に与えるのではないかという疑いが強く、それを予防するために実施を見送るべきだという予防措置は考えられることもなく、ただただ世間が一丸となって突き進んでしまっています。

本来ならそれらの悪影響を考慮して導入は見送るのも立派な予防措置でしょう。

 

著者の言う第三種疑似科学にはまだまだ大きな議論の余地がありそうです。