爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

社会問題

オリンピックチケットの払い戻しは18%だったようで。多いような少ないような。

来年開催予定の?オリンピックチケットは11月に払い戻しの受付だったということですが、その結果約18%が払い戻しをしたそうです。 news.yahoo.co.jp組織委員会の担当者は「8割以上の人が来年の開催を楽しみにしている」と語ったそうですが。 もしも中止と…

福島で洋上風力発電が採算合わずに撤去、このニュースが流れるそばから、風力発電注力との政府発表

福島県沖の海上に作られた洋上風力発電が、まったく採算が合わないとして撤去されるそうです。 news.livedoor.com ところが、このニュースの流れるのと同時に、政府方針で風力発電に注力し2040年までに大型火力発電所30基分に拡充とか。 www3.nhk.or.jp上記…

「NATROMのブログ」より「低気圧の体調不良には五苓散が効くのか?」

ニセ医学と闘う内科医、NATROMさんの「NATROMのブログ」に新記事「低気圧の体調不良に五苓散が効くのか?」が掲載されていました。 医療の状況が厳しくなっていますが、少し緩和した時に書かれたのでしょうか。 natrom.hatenablog.com 読者からのリクエスト…

「おみやげと鉄道 名物で語る日本近代史」鈴木勇一郎著

「おみやげ」というのは日本では身近なものですが、世界的に見るとかなり変わった風習のようです。 英語に訳そうとすると「souvenir」(スーヴェニア)とするのでしょうが、実は欧米でのスーヴェニアというものは、旅の思い出として自分自身のために買うもの…

新型コロナウイルス流行第3波、対策があれこれ言われているが、「飲食店営業時短」程度で良いのか。

感染拡大が続いていると言われる、新型コロナウイルス流行第3波ですが、ああせいこうせいの自助努力ばかり強調するのはさておき、形の上で動かそうとしているのが「飲食店等の営業時短」です。 夜10時までとか、9時までとか、そしてテレビの報道では「この書…

日本語の変化は何を反映しどこに向かうのか

いつも参考にさせて頂いている、よんばばさんのブログで言葉の変化についての話題があり、それに触発されて日本語の変化ということについて考えてみます。 hikikomoriobaba.hatenadiary.com ただし、あくまでも言語学には素人ですので、素人の素朴な感想とい…

GOTOトラベルについて

新型コロナウイルス感染拡大が全国的なものとなっています。 そんな中で、政府がなぜかGOTOトラベルキャンペーンの停止には応じないため、医師会や専門委員会からその停止を強く求めるということになっており、焦点ともなる状況です。 しかし、全国的にすで…

農薬の残留濃度基準値決定の方法について

福岡市で起きた春菊の農薬汚染事件について、福岡市の発表があまりにも過剰に危険性を強調しているのはなぜかと言うことはすでに記しました。 sohujojo.hatenablog.com おそらく市の担当者やその上司も残留農薬の基準値というものが何かということを知らない…

火事にはご注意

昨夜9時過ぎ、間近で消防車のサイレンが。 2階から見てみると煙が上がりそれに赤い光が反射していました。 ニュースでも報道されましたが、すぐ近くで民家と倉庫が燃える火事があったようです。 住人の男性は一人暮らしでその時は不在だったということで、…

誤使用で高濃度農薬汚染の春菊が出荷、しかしそれについての福岡市発表は問題。

福岡県久留米市から出荷された春菊が福岡市に流通し、それから農薬イソキサチオンが高濃度で検出されたという事例が発表されました。 news.yahoo.co.jp イソキサチオンは春菊への適用はなく、どうやら農家が隣の畑のタマネギに撒いたものを春菊にも誤使用し…

イギリスでコロナウイルスワクチン接種開始、しかし国によって接種希望がかなり異なる

イギリスでファイザー製のコロナウイルスワクチンの接種が始まったそうです。 しかし、まだ一気に多くの人に接種というわけには行かないようです。 少し前の記事ですが、国によって接種希望率に大差があるという話です。 news.yahoo.co.jp 韓国発の記事らし…

「皇族 天皇家の近現代史」小田部雄次著

「皇族」というと、天皇の兄弟や従兄弟、そしてその子や孫といったイメージを持っていましたが、一方では「元皇族」という人々が現れたりして、あれはいったい何なんだと思ったり、ほとんど知識を持っていませんでした。 この本の著者の小田部さんは近現代史…

「空間除菌」が効果があるなら病院でやっているはず、あまりにも当然な内科医の指摘

「空間除菌」をうたう機器や除菌剤のCMがあふれていますが、それについて内科医の酒井さんが朝日新聞デジタルに書かれています。 www.asahi.comコロナ禍がなかなか終息しないため、「偽りの安心感」が求められているという社会的な心理があるのでしょう。 ス…

「世代間倫理」はなぜ受け入れられないどころか一瞥すらされないのか。

世代間倫理というものに触れ、これまでいろいろと社会の不合理に悩んできたのが一気に目の前が明るくなったような思いがして、何度かそれについて書いてきました。 sohujojo.hatenablog.com しかし(まあ当然でしょうが)社会の不安も募るなか、後の世代のこ…

本日見かけた交通違反「交差点の信号待ちが嫌で脇道に入る車」

数日前に出かけた777段石段昇降の筋肉痛も癒え、快晴無風のぽかぽか陽気にも誘われて散歩に出かけましたが、一歩外に出れば何度も目にするのが交通違反行為です。 今回は、正確には「交通違反」ではなく「私有地不法侵入」ですが、不法行為であるばかりでな…

「逆立ち日本論」養老孟司、内田樹著

本書は養老さん、内田さんという、様々なところで色々な意見を発表されているお二方が日本についてということで対談し、その内容をまとめたというものです。 2006年に季刊誌「考える人」という本の企画で行われたものを2007年に出版されました。 したがって…

「リユースは日本にも広がるか」よんばばさんも同じニュースを見ていました。

昨日のテレビニュースで「リユースは日本にも広がるか」という題で、アメリカでステンレス製の食品容器を回収して使うというシステムを広げようという会社が紹介されていました。 これについて、何か書いてやろうと思っていたら、よんばばさんのところで先に…

中国が輸入冷凍食品のウイルス検査を続けている

中国が輸入冷凍食品などのウイルス検査を実施しており、そこでコロナウイルスが検出されたとして輸出国の衛生管理などを求めるといったことで貿易障壁が生じていると、FOOCOM.NET専門家コラムで森田満樹さんが紹介されています。 www.foocom.net 中国がこの…

「図説 歴代アメリカ大統領百科」DK社編、大間知知子訳

今回のアメリカ大統領選挙は特に興味を集めたのですが、そういえばこれまでの歴代大統領で名前だけでも知っているのはわずかなものだなと感じます。 そういった人向け?の、歴代アメリカ大統領一人一人についての略歴やエピソード、有名なファーストレディー…

ウイルス感染防止には全く関係ないところでの「GOTO合意」

東京発着のGOTOトラベルは、65歳以上と基礎疾患のある人は「自粛」ということで幕引きです。 news.livedoor.com政府と都との意識の違いが大きいと見られていましたが、結局は中途半端な形での決着となりました。 このような猿芝居では感染防止には程遠いとい…

熊本市職員がコロナ感染で市役所など一時閉鎖し消毒、それは当然だが市長が過度に謝る必要があるのか。

熊本市の職員がコロナウイルス感染が明らかとなり、市庁舎などを一時閉鎖して消毒したそうです。 それについて、熊本市の大西市長は市民に対して陳謝し次のように述べたと報道されていました。 www3.nhk.or.jp テレビニュースのページはすぐに消えてしまいま…

「マスク美人」が非常に多いように感じます。

まあ、こんなことは書かない方が良いのかもしれないけど、気が付いちゃったので黙っていられない。 このところ、テレビで流される街頭風景や通行人のインタビューなどで出てくる人の大部分はマスクをしています。 その中で、女性を見ていると多くの人が美人…

「憲法改正とは何だろうか」高見勝利著

著者の高見さんは、憲法が専門の法学者です。 そんな高見さんが、安倍内閣が進める憲法改正について、そのあまりにも粗雑な進め方に危機感を持ち、「憲法改正とは何だろうか」という基本を世に問うたものです。 憲法とは何か、そして憲法を変えるということ…

新型コロナウイルス感染者拡大の第3波で、「医療機関の逼迫」と言われていますが、政府支援はどこへ?

新型コロナウイルス感染拡大が続き、「医療崩壊」が危惧されていると言われています。 重症者が増え続けているということですが、その数は第1波と言われていた3月、4月の最高値を越えてしまうということです。 www.tokyo-np.co.jp しかし、その時の危機に対…

「本当にあった 奇跡のサバイバル60」タイムズ ベア・グリルス著

グリルスさんは「まえがき」を書いていますが、全部を書いたわけではないようで、タイムズ社により書かれたということでしょうか。 ほとんど生還の可能性もないところから、超人的な行動をして生き残り帰ってきた人という話は時々聞きますが、この本はそうい…

SDGsという言葉がよく聞かれる。本当に分かっているのか。

SDGS(Sustainable Development Goals)という言葉がよく聞かれます。 imacocollabo.or.jpこれについては今年の初めにもおかしな現象だと思い指摘しました。 今もほとんど想いに変わりはないのですが、ニュースで「子供たちにもこの意義を伝える」なんていう…

「もうダマされないための『科学』講義」飯田泰之+SYNODOS編、菊池誠、松永和紀、伊勢田哲治、平川秀幸著

シノドスとは、社会学や現代思想、政治経済など他分野のセミナーを開催するという活動をしており、この本は特に2010年より「科学シリーズ」として開いていたものをまとめたものです。 ただし、2011年に起きた東日本大震災と福島原発事故によって科学…

コロナウイルス感染第3波?、危機的状況という雰囲気になっているがその対策は

急激な感染者の増加という状況で、対応強化ということが言われています。 しかし、その主たるところは「感染予防行動を取ってね」という、相も変らぬ人任せ。 感染拡大も油断していたお前らが悪いと言わんばかり。 そしておずおずと出されてきた対策も、「酒…

今日は本来ならユネスコ無形文化遺産登録の八代妙見祭神幸行列の日でした

11月23日は例年であれば八代の妙見祭という、ユネスコ無形文化遺産登録の祭で、神幸行列が行われるはずの日でした。 しかし、他の諸行事と同様、今年は神幸行列は中止となり、異例の淋しい状況になりました。 myouken.com旧市街西端の塩屋八幡宮から朝出…

エネルギー依存がなぜ危険か、食糧生産もエネルギーに過度に依存

歴史上世界の多くの人々と苦しめてきた飢餓は今ではほとんど心配されていないように見えます。 アフリカなどで飢饉があっても、それは内戦や政情不安のためであり、平和が戻れば大丈夫といった思い込みがあります。 http://www.toyomori.org/g/2014/08/22/%E…