読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

”賀茂川耕助のブログ”を読んで No.1177 米国第一主義

賀茂川耕助のブログを読んで 政治経済 ニュース

賀茂川さんの今回のブログ、トランプのキーワード「米国第一主義」ずばりそのものです。

 

kamogawakosuke.info

しかし、そこで主張されている中の「アメリカ」というのがこれまでの政財界の支配階級の「アメリカ」ではなく「アメリカの労働者」であろうという指摘です。

 

その意味を汲み取っているためか、ここでの賀茂川さんのトランプに対する姿勢は、非常に好意的であると感じます。

 

そして、反トランプ運動というものも、これまでアメリカを支配してきた「1%」の者たちの指導によるものという解釈です。

 

どうもここのところは、賀茂川さんの思い入れが過ぎているのではないかと感じます。

トランプが本当に労働者のための政策なんてやるはずないじゃんというのが、率直な感想ですが。

 

なお、記事中にはアメリカの軍事政策も転換し、これまでのような海外に対する過剰な戦争政策も取らないのではという、賀茂川さんの期待のこもった観測も書かれていますが、本日のニュースによれば軍事予算を「歴史的に」増加させるという発表をしています。

ここも、期待はずれになりそうです。

 

確かに賀茂川さんの主張のように、これまでのアメリカの政権が取ってきた政策というものは邪悪なものでしたが、トランプ政権というのもそれを正すという行動は取りそうもないと思いますが。