読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

”賀茂川耕助のブログを読んで”No.1112安倍首相演説の矛盾

今回の賀茂川さんのブログ記事はこの前の安倍首相訪米時の例の議会演説についてのものです。http://kamogawakosuke.info/2015/05/25/no-1112%E3%80%80%E5%AE%89%E5%80%8D%E9%A6%96%E7%9B%B8%E6%BC%94%E8%AA%AC%E3%81%AE%E7%9F%9B%E7%9B%BE/#more-5346

まあ「矛盾」などというほど高尚なものではなく、「破綻」ないしは「欺瞞」といった方が正確ではないかと思いますが。

TPPで利益を得るのはアメリカの多国籍企業であるというのは端的に言い表していて、間違いはありません。ただし、日本の多国籍化を希望する企業も利益を得られるだろうと考えてTPP推進に回っていることは触れられませんでした。この一面もあるのではないかと思います。
軍事的にはアメリカと組んで「積極的平和」などというのは矛盾ではなく欺瞞としか言いようがないことであり、前にも触れたように「お前らみんな俺の言うことを聞け」というものでしかありません。それで済めば確かに戦争は抑えられるかもしれませんが、正義とは言いがたく破綻は目に見えています。

最近読んだ他の方の本にも書いてありました。「今の状態でアメリカとの集団的自衛に踏み込めば、自衛隊の若者たちは”米軍のポチ”ならまだ良いほうで、”弾よけ”にされるだけだ」と。確かにそうなるでしょう。