爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

「磯野家の相続 波平の遺産はどうなる?」長谷川裕雅著

取り付きやすいようにサザエさんの磯野一家を舞台にしていますが、内容は非常に真面目な遺産相続対策です。

著者も弁護士の長谷川さん。

 

まあ、家族構成とかは想像しやすいのですが、波平に隠し子がとか、カツオが非行を繰り返すとして相続廃除されるとかいった事態はまあありそうもないことで、少し無理があったかもしれません。

 

しかし、こういった本で著者の弁護士さんや司法書士さんなどが強調されるのは、「どんな家でも相続争いが起きる可能性がある」ということです。

たとえ、家族の仲が良かろうと、家にほとんど財産が無かろうと、相続問題は必ず「もめる」と思わなければならないと言われます。

それでも、きちんとした遺言を準備するといった対策をしておけば悲劇を防げるということですから、やはり誰でも考えておくべきことなのでしょう。

 

人が亡くなった場合、必ず相続という問題が発生します。

自明のことのようですが、きちんと確定しなければならないのは「誰が相続人か」ということです。

意外にこれが認識されていないようです。

民法で相続人の範囲を規定しており、これを法定相続人と言いますが、これには「配偶者相続人」と「血族相続人」があります。

 

配偶者相続人とは被相続人(亡くなった人)の妻または夫で、相続開始時(亡くなった時)に配偶者であればその権利があります。その後再婚したとしてもそれは無くなりませんが、亡くなった時に離婚していれば権利はありません。

また、法律上の婚姻関係にない内縁関係、愛人もなれません。

 

血族相続人とは、被相続人直系卑属(子、孫等、実子か養子かは問わない)、直系尊属(父母、祖父母)、および兄弟姉妹を指します。

ただし、これらの人たち全てに同時に相続権があるわけではなく、直系卑属が居ればその他の血族には相続権がありません。

 

こういった相続人は普通は明白と思いがちですが、人の世は結構いろいろあるもののようで、若い頃に一時入籍し子供まで生まれたが別れてしまったということはよくあるようです。

その後のことしか知らない家族には初めて聞く兄弟というのも時々あるようです。

また、その後の話でも愛人に隠し子がということもあり得ることです。ただし、この場合は認知していなければ相続人となることはできません。

 

相続が始まる場合、相続すべき財産の範囲を確定させなければならないのですが、これが結構大変な作業のようです。

もちろん、不動産や預貯金などはわかりやすいのですが、借金やローンなどのマイナスの財産となると結構隠れていることもあるようです。

相続放棄と言う手続きもできるので、マイナスの方が多い場合は放棄するという人も多いのですが、その期限は3ヶ月。それまでに家庭裁判所相続放棄の申告をしなければなりません。

実はヤミ金などの悪徳業者は借金の催促を3ヶ月が過ぎてから行うこともあるとか。相続人が逃げ出さない(相続放棄しない)ことが確定してから請求することもあるということです。

 

様々なトラブルを防ぐためにも、誰もが遺言書を作成しておくことが勧められるそうです。

もちろんその中では相続人が誰かということも確定させているでしょうし、財産目録もきちんと整理されているでしょうから、いきなり相続が始まることを思えばトラブルが少なくなるかもしれません。

ただし、遺言書の作成にも色々な問題があり、自筆遺言の場合は全部自筆(ワープロなどはダメ、財産目録も自筆)ということがあり、これで結構ダメになるケースがあるようです。

 

油断せずに早く遺言を作っておいたほうが良いのかも。

 

磯野家の相続

磯野家の相続

 

 

「小さな大世界史」ジェフリー・ブレイニー著

人類が誕生した200万年前から現在までの人類通史というものを書いてやろうという無謀?な試みでできた本です。

 

著者はオーストラリアの歴史家ですが、政治的な発言も多いという、元メルボルン大学教授のブレイニー氏です。

そのためか、監訳の南塚信吾千葉大学名誉教授によれば、「欧米の歴史家の書く世界史ほどヨーロッパ中心主義的ではない」ということです。

しかし、読んだ感想は、やはり相当ヨーロッパ偏重というものでした。

アジアが出てくるのも、ヨーロッパからの眼を通してと言うものですし、まだ中国は若干の記述があるのですが、インドに関しては非常に少ないようです。

 

 なお、翻訳は南塚先生ほか数名の方があたっていますが、なぜか歴史学者は南塚さんだけで他は政治学や国際文化が専攻ということです。その訳は分かりませんが、さほど内容に問題があるようなことは無いかもしれません。

 

また、訳者が強調しているように、本書は科学や技術の影響というものを大きく捉え、さらに気候の影響も強く意識されているということです。

通常の歴史学者の捉え方ではこの点が弱いことが多いようですので、その点では面白い視点があるのかもしれません。

 

ごく最近の話とも言えるのですが、氷河期の海面の下降とその後の上昇(日本で言えば縄文海進)は人類の移動や居住という基本的な面で大きな影響を与えているのは当然なのですが、これまでの歴史書ではまとまった図も見られなかったと思います。

しかしこの本では紀元前16000年のもっとも海が低くなった時の陸地の輪郭とその時の氷河の広がりを、世界規模で描写しており新鮮な思いで見ることができます。

日本列島も完全に大陸とつながっており、これなら無理やり筏で渡る必要もなかったはずです。

さらに、その時点でもしも文明が起こっていても今では完全に海中にあるとすれば、今の考古学は間違ったところを発掘しているのかもしれません。

 

もう一つ、まったく盲点に入っていて気が付かなかったところを一つ。

地中海には潮の満ち干はほとんど無いそうです。

そのため、港の建設も楽で停泊、荷降ろしもそういったことを考慮せずにできたというのが、文明開始当初から有利に働いたそうです。

また、ヴェネツィアという町もそれだからこそ運河に頼った街づくりが可能となったわけで、もしも潮の干満差が大きければ不可能だったとか。

気が付かなかった。

 

まあ、ちょっと変わった歴史書と言えるかもしれませんが、ところどころ参考にはなりました。買ってまで読む本じゃないかも。 

小さな大世界史:アフリカから出発した人類の長い旅

小さな大世界史:アフリカから出発した人類の長い旅

 

 

「微笑みのたくらみ」マリアン・ラフランス著

笑顔を見せることで社会の緊張をほぐすことにつながります。

それを意識的に見せることも、無意識で見せることもあります。

赤ちゃんも笑いますが、それも無意識ではないかもしれません。

笑顔というものについて、様々な方向から科学的に解析しているのは、心理学およびジェンダーについて研究しているイェール大学教授の著者です。

 

19世紀のフランスの生理学者、デュシェンヌ・ドゥ・ブーローニュは、笑顔の種類を研究し、口角が上がり頬が持ち上がることが組み合わされたものと、口角を引くことだけで作られるものとがあることを見出しました。

前者は心の底からの笑顔であり、後者は意志に従うものと考えました。前者が「デュシェンヌ・スマイル」後者は「非デュシェンヌ・スマイル」と呼ばれています。

しかし、実際の笑顔と言うものはもっと複雑なものであり、怒りの笑顔、悲しみの笑顔、抑えた笑顔、懸念の笑顔等々、少しずつ顔の動かし方が違い、そしてそれを見る側もその判別ができるようです。

つまり、いろいろな笑顔を見分けるような文化と言うものが存在するということです。

 

赤ちゃんも母親が笑顔を見せるとお返しに笑うということがあります。

生後3ヶ月ほどまでには、明らかにそれを意識して行っているようです。

しかも、赤ちゃんの笑顔にも種類があり、使い分けをしているということが分かります。

それを見ている大人はその笑顔に引っかかっているのかもしれません。

 

大人の社会でも自然に見える笑顔を作ることができるかどうかという能力は、その人の希望の達成にもつながります。

華麗なるギャツビーという映画のモデルとなった、ジェームズ・ギャッツと言う青年はその笑顔で微笑みかけるとすべての人を虜にしてしまいました。

そこまで行かなくても、普通の人でも笑顔の魅力のある人は幸せな人生を送ると言えそうです。

社会心理学者のケルトナーの研究では、女子大学の卒業アルバムの写真で女性の表情を分析し、笑顔の強度を測定しました。

すると、その後の人生の各時点での満足度は笑顔が強い(より魅力的な笑顔を見せる)人ほど高かったと言うことです。

 

社会の中では、笑顔を作ることが必須とされているような職業もあります。

ご機嫌取りの笑顔と呼ばれる、作為的な笑顔です。

かつての寝台列車のポーターは必ず笑顔を作ることが強制されていました。

その職業の系譜は、今でも続いており、ウェイトレス、バーテンダー、看護師、その他のサービス業が含まれます。

もちろん、作為的でありながら自然に見えることが条件で、それをうまくこなせる人はその職業での成績がアップします。

 

アメリカ社会では、男性はあまり笑わない、女性は笑顔を絶やさないと言うのが固定観念としてあるために、上記の職業でも女性が多いものはその傾向が強いようです。

 

アメリカ大統領もかつては決して笑顔など見せるものではなかった時代もありました。

しかし、フランクリン・デラーノ・ルーズベルト以降、大統領が魅力的に笑顔を見せられるかどうかがその選挙の際の決め手となるようになってしまいました。

特に、テレビ時代となってからはそこに映る笑顔が大きな要素として選挙結果を左右しました。

ケネディニクソンの討論会で、「テレビを見た人はケネディ、ラジオで聞いた人はニクソン」と言われたのはこのためだったようです。

 

笑顔は一種の文化であるということができますが、これは世界中のどこでも一緒とは限りません。

ヨーロッパ人に比べてアメリカ人は笑顔を頻繁に見せるようです。

そして、日本人の笑顔はアメリカ人から見ると不自然に見えると言うことが言われますが、これも文化の差から来るもののようです。

北ヨーロッパやロシアなどでは、知らない人にはほとんど笑顔は見せません。

アメリカ人は知らない人にも微笑みかけるようです。

 

このような表情の差というものは多数の写真の中からも選び出せるようで、これを研究した結果からは、自分の出身の地域から来た人をかなりの確度で選び出せるということが分かっています。

表情を見るポイントとして、日本人は目、アメリカ人は口元を重要視するそうです。

喜びの目と中立の口を持った表情を、日本人は喜びと判断したが、アメリカ人は感情をもたないと見たそうです。

逆に、目は冷静で口だけ微笑んでいると、アメリカ人は喜びと判断し、日本人は冷静と判断したそうです。

 

ロボットに笑顔を教え込むと言う技術もあるそうです。これにも笑顔の研究の成果が盛り込まれています。

今後も社会の潤滑油としての笑顔は続いていくのでしょう。

 

微笑みのたくらみ 笑顔の裏に隠された「信頼」「嘘」「政治」「ビジネス」「性」を読む

微笑みのたくらみ 笑顔の裏に隠された「信頼」「嘘」「政治」「ビジネス」「性」を読む

 

 

「図解でわかる スケール(音階)の知識」小林一夫著

スケール(音階)というと、ドレミファソラシドということと思われますが、実はそれ以外にも何種類も存在するものです。

 

ピアノの白鍵と黒鍵の配置をみれば分かるように、ドとレ、レとミの間は全音であり、ミとファの間は半音、ファソラシまでは全音ですが、シとドの間は半音となっています。

このような配置を取るのが教会旋法の中のアイオニアンスケールと言うもので、現代の西洋音楽はこれを基本としています。

しかし、教会旋法にもドリアン、フリジアンなど他のスケールもありますし、各地の民族音楽にはまた別の旋法が存在します。

 

この本はそのような多種多様のスケールを例示したものです。

ただし、ごく一部には例として曲の楽譜も添付されていますが、ほとんどはスケールだけのものとなっています。

 

興味深いのは民族音楽で用いられているスケールで、ヨーロッパ系でもスパニッシュスケールというのは別物で8音構成、哀愁ムードが漂うスペインのフラメンコなどの民族音楽はこのようにできているのかと納得させられます。

 

明治以降の近代邦楽と言われる音楽では俗に「ヨナ抜き」と言われる、スケールの4番と7番を抜いた音階が使われますが、これを5音使うということで「ペンタトニックスケール」と呼び、ヨナ抜きもこの一種です。

沖縄の琉球音楽もペンタトニックなのですが、抜かれる音階は第2音と第6音で、このスケールを弾いただけで沖縄風と感じられます。

 

近代以前の日本のスケールは、中国から伝わって使われた呂旋法、律旋法があり、雅楽のほとんどは律旋法によるそうです。

 

古代インドのスケールには、半音より細かい微分音(微分音程)というものを用いていたということで、非常に複雑になります。

5世紀頃の理論では1オクターブを22音に分割していたとか。

どのような音楽であったのか、興味があります。

 

巻末にはさらにピアノとギターの音階練習まで付いています。楽器を演奏する人には参考になるでしょう。

 

MS160 弾いて 覚えて 調べて 図解でわかる スケール(音階)の知識 (MUSIC NAVI)

MS160 弾いて 覚えて 調べて 図解でわかる スケール(音階)の知識 (MUSIC NAVI)

 

 

「南海トラフ地震」山岡耕春著

この次の大規模地震南海トラフだとよく言われます。しかしその予測される全体像は東日本大震災などから連想されるものとは少し違うようです。

その差が被害の拡大につながる危険性もあります。

 

駿河湾から四国沖まで延びる南海トラフでは、これまで100年から200年の間隔で巨大地震が発生し、広い範囲に大きな被害をもたらしてきました。

前回の昭和南海地震は1946年に発生しましたので、次の大地震発生は確実に近づいています。

ただし、その間隔は必ずしも一定ではなく、100年立たずに発生したこともあれば200年近く発生しなかったこともあり、最大100年のズレが有り、すぐ近くに迫っているか100年後かでは社会的な影響には大差があります。

そこをどう考えて対策をしていかなければならないのか。難しい問題です。

 

2011年の東日本大震災東北地方太平洋沖地震)はマグニチュード9.0という大規模なものとなり、地震研究者たちも大きな衝撃を受けました。

この地域の地震としてはM8程度のものが予測されていたのですが、震源域が拡大し断層の大きさが東西200km,南北500km,ずれの大きさが50mというものになったためにM9にまで拡大しました。

南海トラフ地震もどこまで同時に断層破壊が起きるかによってMの値も大きく変わります。

 

南海トラフは、フィリピン海プレートが沈み込んでいる場所ですが、東北地方太平洋側のように深い海底の溝(日本海溝)とはならず、緩やかな地形となっているためにトラフ(桶)と呼ばれます。

同じくフィリピン海プレートが沈み込んでいても、九州から沖縄にかけての地域は深いために南西諸島海溝琉球海溝と呼ばれています。

こういった沈み方の差は大地震発生の際の揺れ方などの差にもつながり、東日本大震災の被害の出方とは異なるということが予測されます。

 

東北地方太平洋側の日本海溝沿いのプレート境界では、M7程度の地震はしばしば起きており、それが歪みの解放にはつながらず結局はM9の大地震になったということがありますが、南海トラフでは普段の地震活動は低調であり、M7を超えるものも殆どないという特徴があります。

そして、いきなりM8クラスの大地震が来るので、警戒感が無いということです。

これは、普段はプレート境界面の上盤の地殻がフィリピン海プレートとがっちり固着しており、それがずれる時には一気に巨大地震になるためと考えられます。

 

また、震源域との距離が東日本に比べてかなり近いということもあり、地震の震度が強いところが多くなります。

東日本では揺れによる被害は少なく多くは津波によるものでしたが、南海トラフ地震では揺れによる被害が起きる危険性もあります。

さらに、津波の到達時間が短いということもあります。

東日本では津波の第1波が最も早く到達したのは釜石ですが、それでも約30分後でした。

南海トラフでは、最悪のケースで地震から3分で津波が来る場合もあります。

 

さらに、地震で被害を受ける地域の人口が東日本に比べてはるかに多いという条件があります。

東日本大震災で被災した青森から茨城までの県の人口を合計すると、980万人。日本全体から見ると13分の1です。

しかし、南海トラフ地震で被害を受ける危険性がある、静岡から鹿児島までの府県の人口合計は3500万人、全国からみて5分の2です。

これは、地震が起きて被災した場合に救護に当たることができる無事な人口が少ないということを表しています。

つまり、東日本大震災の場合は被災者側980万人に対して、残りの1億1700万人が救護支援に回ることができたのに対し、南海トラフ地震の場合は3500万人の被災者を残りの9200万人が助けることになります。

相当条件が悪いということが分かります。

しかも、被災地の多くが太平洋ベルト地帯という産業、交通の要所となります。

産業への影響も大きく、さらに新幹線、高速道路の真ん中が寸断されると言う大変な事態になります。

 

著者がまた危惧しているのは、「海抜ゼロメートル地帯への津波被害」です。

これはいまだ日本列島が経験していない災害の形です。

これまでの大地震では、関東大震災の火災、神戸淡路地震での建物倒壊、東日本大震災津波と、大きな被害を出す場面がそれぞれ違ってきました。

そのため、その後の防災もそれを意識して行われ、防火、建物強度増強、津波対策と考えられ実施されてきました。

しかし、「これまでに起きていない災害」には警戒が不足しています。

この次の南海トラフ地震では、広がってしまった「海抜ゼロメートル地帯」への浸水の被害が大きくなるのではとしています。

特に、この地域では濃尾平野に広がっている海抜ゼロメートル地帯です。

もしも堤防が揺れによって破壊されると、津波自体はさほど高くなくても速やかに浸水が広がり被害を受けることがありえます。

 

南海トラフ地震ではこれまでの歴史でも富士山の噴火と連動するということが起きていました。

この連動の理論的な解析はまだ不明ですが、危険性はあります。

これまでの噴火では、宝永型の火山灰を多く吐き出すものばかりでなく、それ以前のような溶岩流が大量に流れ出る場合もありました。近辺の被害としてはこれの方が厳しく、もしも南側に流れ出た場合は新幹線や高速などの交通が壊滅的に破壊されるかもしれません。

さらに、これまでは起きていませんが「山体崩壊」と言う現象が起きるかもしれません。

 

 

内陸型の断層地震は、どこでも起きる可能性があるとはいえその頻度は低いものです。

しかし、プレート境界型の地震は必ず定期的に発生します。

南海トラフ地震が来るまで、短ければ10年ですが、長ければ100年かもしれません。

100年先なら自分には関係ないやというのが普通の人の考えでしょうが、それで済まさずに対策を考えておくべきでしょう。

 

 

南海トラフ地震 (岩波新書)

南海トラフ地震 (岩波新書)

 

 

「武士はなぜ腹を切るのか 日本人は江戸から日本人になった」山本博文著

日本人の国民性と言われるもの、義理堅いとか、我慢強いとか、規律を守るとか挙げられますが、これらは江戸時代に形作られたものと言えそうです。

それ以前の時代とは大きく違うものが、出来上がって行きました。

 

ただし、それは現代にも受け継がれているとは言え、徐々に変わってきており、特に最近になって大きく変化していると言えそうです。

 

もう一度そこのところを認識してもらうためにも、江戸時代の人々の考え方、行動様式、規範などを見てほしいと、著者の東大資料編纂所教授で江戸時代の歴史が専門の、山本さんがまとめられたものが本書です。

 

義理というものを守るのは今でも当然の道徳という感覚が残っていますが、江戸時代のそれは現代とは比べ物にならないほど守られていたものでした。

江戸の町は何度も大火事に襲われましたが、その際に牢屋敷に囚われていた囚人たちを緊急に釈放したという例があります。

その際に、役人の長が必ず戻ってくるようにと諭して解き放つと、ほとんどの者が指定の場所に集まったそうです。

自分たちが逃げてしまえば、役人が責任を取って腹を切らねばならないのは明らかなので戻る。社会の下層の犯罪集団の一員であった者たちでもそういった義理を重んじていました。

今だったら、犯罪者でなくてもほとんどの人々がそんな義理は無視でしょう。

 

江戸時代は士農工商といった身分制度が厳しかったと言われていますが、どうも他国の身分制度とはかなり異なるものであったようです。

他国では上層は公徳心も厚いものの、下層身分の人々は、道徳観も薄く悪いことでも何でもするというところが多かったようですが、日本では農民は道徳も守らないかというと全くそういうことはなく、武士と差はなかったとしています。

これは、日本では身分の違いというのではなく役割の違いと考えられていたのではないかということです。

 

封建制度は親子の縁を重要視してきたと思われていますが、実は血縁というものはさほど意識されていなかったようです。

家というものをつなげていくということが最大の関心事であり、そのためには娘に婿を取らせて婿養子とするばかりでなく、まったく血縁の無いものを養子とする例も多かったのです。

現代から祖先をたどってみると、特に江戸時代には武家ばかりでなく商家や農家でも何何家より養子に入るという記述が入り、血縁をたどる目的で見ているとがっかりさせられることも多いようですが、それが当時の普通の感覚であったようです。

 

表題にもなっているように、武士は切腹という形で責任を取るということが頻発していました。

死者を鞭打つことはしないというのが社会のルールとなっており、切腹してしまえばそれで終了ということも強かったようです。

本人が死ねばそれ以上の追求はなく、家は存続させるということも多かったので家を守るという意味もありました。

ただし、そのような習慣のため武家社会では「失敗を後に活かす」ということができませんでした。

これは社会としても大きな欠点であったようです。

現代でも、切腹をする習慣までは残っていないにしても(自殺はまったく無くなったとは言えませんが)失敗を追求して後に活かすということがどうも日本人は苦手なようですが、ここに原因がありそうです。

 

時代劇では頻出する「悪代官」ですが、江戸時代初期は居たかもしれませんが、その後は旗本が交代で就任する行政職にすぎず、商人と結託して甘い汁を吸うなんて言うことはほとんどできなかったようです。

それよりも、各地に名代官が続出するというのが実際だったとか。

 

少し前の出来事かもしれませんが、多くの事を忘れてしまっているようです。

 

 

「不道徳な見えざる手」ジョージ・アカロフ、ロバート・シラー著

「見えざる手」といえば、自由市場というものを信奉し、それに任せることが自由主義経済を最もうまく動かすのだという信念のようなものだと思っていました。

まあ、かなり怪しいのではないかと疑ってもいましたが。

 

これは、市場に関係するすべての人が最良の選択をし、行動するということが前提となります。

しかし、どうもそうじゃないのではないかという事例が頻発しています。

「釣り(Phishing)」と「カモ(Phool)」ばかりの騙し合いが市場なんじゃないのだろうか。

この本では、そういった釣りとカモの例を嫌というほど取り上げています。

 

なお、そのような本ですがこの本の著者の二人はどちらもノーベル経済学賞受賞者です。

そのような経済学界の重鎮でも見逃すことができないほど、釣りと言うものが大きな存在なのでしょうか。

 

なお、「phish」という言葉はもちろん「fish」の綴を変えて作られたもので、魚釣りのように獲物を釣るということで、phishing(フィッシング)詐欺という言葉が使われていますが、「phool」の方はこの本で著者が作り出した造語のようです。

まだ、広く使われているというわけではないようですが、釣られるカモを意味します。

もちろん、元の単語はfoolでしょう。

 

カモは、自分ではそうではないと思っている人も多いかと思いますが、誰でもその要素を持っているもののようです。

住宅や自動車といった高額な買い物でもカモにされる人が居ますが、そこまで行かなくても日用品や食品などではついつい買ってしまうということは誰でもありそうです。

そういった、「なぜ利益にならない判断をしてしまうのか」というのが本書の主張でもあります。

 

こういった「カモ釣り」がよく見られる分野というものもあるようです。

それは、「個人の財務的な安全性に関する分野」「マクロ経済の安定性をめぐる分野」「人々の健康をめぐる分野」「政治統治の質をめぐる分野」の4つだそうです。

ちょっと抽象的な表現ですが、クリスマスプレゼントの大盤振る舞い、金融市場での投資対象、製薬業界、金をつぎ込む選挙戦といった内容です。

 

そういった例が嫌というほど続きますが、それが最上の経済システムと言われている自由市場の裏面です。

それで良いのか、それを正す必要があるのか、そういった点については深くは記述されていませんが、本書の新しさは「釣り均衡」という観点を打ち出したことです。

ただし、その中身については細かい記述はありません。

著者二人はすでに高齢ということで、釣り均衡と通常言われている普通の顕示選好との関係を解き明かすということはできないようです。

これは若い経済学者に任されているということですが、どういう具合に発展するのでしょうか。

 

不道徳な見えざる手

不道徳な見えざる手