爽風上々のブログ

熊本の片田舎に住むリタイア読書人がその時々の心に触れたものを書き散らしています。読んだ本の感想がメインですが(読書記録)、エネルギー問題、食品問題など、また政治経済・環境問題など興味のあるものには触れていきます。

八代歴史散歩

八代地方で万葉集に歌われたのはここだけ。「水島」

万葉集に長田王の歌として載せられていますが、 「聞きし如まこと貴く奇しくも神さび居るかこれの水島」(長田王 万葉集3-245収録) 「葦北の野坂の浦ゆ船出して水島に行かむ波立つなゆめ」(長田王 万葉集3-246収録) この歌に歌われているのが、今回訪れた…

八代の西南戦争遺跡 官軍上陸の碑

全くのご無沙汰になってしまいましたが、久しぶりに車が使えることとなったので、八代市内ですがちょっと離れた日奈久温泉まで行って、「官軍上陸の碑」というのを見てきました。 西南戦争の経緯も忘れかけましたので、再掲しておきます。 明治10年2月1…

最古の八代城 古麓城 ただし、城跡は山の上なので遠景のみ

八代城は三代あると前に書きましたが、その中でも最古の古麓城を見てきました。 とはいっても、城跡は標高数百mの山の上ですので、ほとんど下からの遠景のみですが。 まずは大体の分布図から。 地形図でないので山の状態はわかりにくいですが、新幹線の線路…

八代の古墳 大塚古墳

すぐそばを大きな道が通っているので、前からあるのは知っていた八代大塚古墳を訪ねてみました。 (グーグルマップより引用) 地図の中央右側に、九州自動車道からほど近く大きな道(八代臨港線)のすぐそばにあります。 実は、この道の建設時に詳しい調査が…

八代城探訪 麦島城跡

現在残る八代城(松江城)が三代目とするなら、二代目というのがいわゆる麦島城です。 その位置関係をグーグルアースから得た図で示します。 (Google Earth より得た図を加工して掲載) これは八代市中心部を海側の八代内港上空のあたりから見たことになり…

八代城跡を訪ねる 松江城

三代の八代城の中で最新のもの、松江城を訪ねてみました。 ここは江戸時代初期に麦島にあった八代城が地震で倒壊した後に、加藤氏の家臣加藤正方によって1622年に建てられた城です。 しかし、1672年には落雷により城は焼失、その後も再建はされませんでした…

八代城跡を訪ねる その歴史

八代歴史散歩シリーズ今回は八代城です。 八代には南北朝時代から城が築かれ、数々の戦乱に巻き込まれてきました。 現在の城跡は松江にあるため別名を松江城と言いますが、その他に古い方から、古麓城(ふるふもと)、麦島城と3つの城が存在しました。 (Go…

八代の古墳 高島古墳

八代歴史散歩も西南戦争関連地は遠いところが残っているのでちょっとお休み。 近いところで、古墳を訪ねてみました。 八代高島古墳。 高島古墳群 / 観光サイトTOP / 八代市 市内高島町にある、高島という丘の上にあります。 この丘全体が古墳というわけでは…

八代の西南戦争遺跡

熊本県八代市の歴史遺産を散歩でめぐるという、自己満足シリーズその2です。 ちょうどNHKのドラマでも西郷さんが扱われていますし、この際八代の西南戦争関連のところを見て回ろうかというものです。 この際ですから、西南戦争の経緯を調べたので簡単に記し…

新シリーズ「八代歴史散歩」無理やり開始 官軍墓地

私の住む熊本県八代市は県内では熊本市についで人口第2位の町です。 その歴史も古く、古墳も数々ありまた万葉集にも歌われた水島という地もあります。 戦国時代には人吉の相良氏、薩摩の島津氏が進出し激しく争われた地でもありました。 江戸時代には、長崎…